FC2ブログ

鈴木淳子✫製作日記 | 漫画家◆鈴木淳子の徒然ブログ。お仕事、趣味、日々の由無し事から憂国の思いまで

マイコレクション展(新潟県立歴史博物館)

最近足を運ぶ機会の多い 新潟県立歴史博物館です。

64463399_2258000540988146_869246344999469056_n.jpg

ただいま開催の第16回マイコレクションワールド展に

火焔土器と王冠形土器を展示していただいてます♪

64516480_2258000560988144_5510395727408267264_n.jpg

長岡土器作り同好会のコーナー~♪

64638000_2258000740988126_8242945665919877120_n.jpg
65148968_2258000780988122_892648586708254720_n.jpg
入会半年のわたくし、先輩会員さんの作品を目の当たりにし
感動を新たにするの巻

すごいですよ…
65375187_2273428242778709_2451425787614593024_n.jpg65374417_2273428459445354_5884269220321034240_n.jpg65275632_2273428436112023_2934898599584071680_n.jpg64862795_2258000680988132_966198145010630656_n.jpg65148968_2258000780988122_892648586708254720_n.jpg

65057638_2258000630988137_6764352111405694976_n.jpg
わたくしのは70パーセント縮尺
こうしてみると小さいですw

実物大製作も今後取り組む予定♪

*********

さて、マイコレクション展ですが

土器作り同好会以外にも
いろんな方のコレクションが展示されてます。

64576781_2258000917654775_3191175265162100736_n.jpg65420292_2273428322778701_2633109127643004928_n.jpg

でん六豆の付録の鬼の面、毎年違うって初めて知った。。。


64637533_2258000887654778_2671472359646429184_n.jpg
65786695_2273428389445361_5143019244409061376_n.jpg

知らない世界がたくさんあるなあと感心したり

65318306_2273428142778719_6015622003271139328_n.jpg

発見したり

65374432_2273428186112048_1956456787007766528_n.jpg

驚いたり

64703037_2258000977654769_3362730088759033856_n.jpg

持ち主の皆様の 

64639969_2258000827654784_43003664993878016_n.jpg
65866053_2273428559445344_7573418770517983232_n.jpg
65375961_2273428602778673_1032765447994343424_n.jpg

ものに対する愛情が感じられます♪



7月15日まで開催中

62256775_1019827828213582_3422001917344088064_n.jpg

観覧無料です

お近くの方、ぜひ足をお運びくださいませー♬

今日も感謝とともに♪

Category : 縄文土器
Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 0 comments  0 trackback

土器作り『野焼き』令和元年六月

昨日、馬高縄文館で『野焼き』があり

わたくしも 王冠形土器と火焔土器(二度焼き)を焼いていただきました。

なんとか乾いた王冠形土器を持参して、土器づくりの先輩に見せたところ…

「え?日向で乾かしちゃったの!? だめだよーーーそんなことしたら!」

えええええ
がーーーーーーん


他の先輩には
「………大丈夫かあ?」と……

ひえええええ

確かに
「急いで作ってもしょうがないから」
「ゆっくり作りなさい」
何度も言われました…はあ…

いろいろアドバイスはいただいているのに、
なんかいろいろしでかしてしまいます……(´Д`;)

てなわけで王冠形はすごすごと持ち帰る気になったのですが

「まあ大丈夫だろう、勉強になるし、焼いてみれば?」と言われ…

『え?!…でも割れない?
自分のものはあきらめつくけど、割れるどころか爆発したりして、ほかの人に迷惑かからないのか…それだけは心配!!!』
と心の中はざわつきましたが

ベテラン会員さんの言葉になすすべもなく乗っかりまして、焼いていただくことにしたわけです。


***

さて、野焼き自体は相当大変なイベントです!!

少しは手伝う気で参加したけれど、まあ、薪を運ぶくらいしか手伝えませんね。。。

(写真を並べるダイジェストでお送りいたします)(動画たくさん写したけれど貼り方わからん…)

62199391_2240802729374594_5336220930811101184_n.jpg

62149275_2240802852707915_4013957691880767488_n.jpg

62319903_2240802969374570_5738698381929218048_o.jpg

62049814_2239358266185707_1401694437117001728_o.jpg

62464824_2240839376037596_9046288417821818880_n.jpg

62223384_2240839999370867_8255395487620792320_n.jpg

62261020_2240875486033985_6336104581633671168_n.jpg

64392561_2240875812700619_4104854249429532672_n.jpg

あああああ わ…わたしの王冠…

無事焼けてる!!!

よかったーーーーーー

62377188_2240875912700609_6196663490501935104_n.jpg

おお、中にひびがあるけれど、崩壊せずに済んでます。

なんとか、大丈夫。

二度焼きの火焔もいい感じに仕上がりました。

完全に冷めてから水洗いして、完成でございます♪


**********

一日で写真たくさん写しましたが、途中夢中になって火に近付いて
「外部が高温のため、カメラの機能を終了します」との文字が出てスマホが強制終了。。。

ひえええええ

以前はメガネをダメにした方もいたそうで、やけどに注意はもちろんですが
いろいろ危険&注意を怠れない野焼きイベントでした。

かかわってくださった皆様ありがとうございました&ご苦労様でございました(*´Д`)

********

さて、焼き上がった土器二点

今週末から開催の
新潟県立歴史博物館 第16回マイコレクションワールド展 に
土器作り同好会の一員として出品いたします。


62256775_1019827828213582_3422001917344088064_n.jpg
観覧無料
お近くの皆様 よろしければぜひ足をお運びくださいませ。

*******

今日も感謝とともに♪



Category : 縄文土器
Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 0 comments  0 trackback

土器づくり(王冠形)その三

ヒマってわけではないんですけれど


ハマったというわけでもないんですけれど

手を止めることができずに作業がすすみます(笑)

王冠型あと少し
ゴエモンも、「部屋で粘土作業」がすっかり日常になったようで
普通にお昼寝していますにゃ。

しかしここから仕上げで「よし、出来上がり!」と思えるまでは
若干時間がかかりました。

修正も、やろうと思えばいつまでもできちゃう……。

とはいえ、きりがないことも確かなので
このあたりで形成完了とします~(*´Д`)


で、、、このところのカラッとしたお天気で、放置するとアッというまに乾いてきます…。

『むむむ、もしかしたら次の野焼きで焼いてもらえたりしちゃうかしら?』

次の週末、馬高縄文館で「野焼き」があるのですが、そこでは先日焼き上がった火焔土器を二度焼きしてもらうつもりです。

『。。。。よし、乾かしてみよう。
間に合うかどうかわからないけれど。間に合ったら焼いてもらおう!』

てなわけで、良いお天気の日向に出してみると……
61910337_2229304403857760_510893090072952832_n.jpg

あっという間に水分が飛ぶ様子が目でわかるという……

『おおお、これなら間に合うかも♪ お日様がんばれ―――』

と、この行為は、実はダメダメ!!!
大失敗だったことをのちに知ることとなるのでした………

続く。。。。(笑)

Category : 縄文土器
Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 0 comments  0 trackback

土器づくり(王冠形)その二

同好会の定例会での作業の他


自宅仕事場で粘土を開いて作業を始めると

ついつい
「あとちょっとだけ…」
「きりがいいところまで…」
「ここまでやっちゃいたい…」
と、つくり続けてしまいます。。。。

紐貼り作業はかなり楽しくて
延々やってしまいます。。。。

気がつけばヘトヘト……(笑)

まあ、それは土器づくりに限ったことだけでなく
色ぬったり線引いたりトーン削ったり(最近やってない…)も同じなんですけれどね。

さて、このところのお天気のよさに、粘土の乾きがハンパないです!!
霧吹き&保湿をちゃんとしないと、土器の表面がどんどん乾いてしまいます!!

乾燥対策しつつ、作業進めてます。

王冠型

あー、楽しいww

今日も感謝とともに♪

Category : 縄文土器
Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 0 comments  0 trackback

土器づくり(王冠形)その一

先日完成した火焔土器。

次は同じもののを70パーセントでなく原寸大を作ろうと思っていたのですが…

うーん、やっぱりこれ先に作ろう。
王冠型見本
王冠形土器 縄文中期 長岡市馬高遺跡 馬高縄文館

王冠形土器です。

火焔もいいけど王冠もいいよねー♡

紐貼り作業がかなり楽しかったので、これはまたしても心躍りますにゃ。

今度はこれをつくろうと思います!



Category : 縄文土器
Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 0 comments  0 trackback

『どすこい!Maji恋☆どんと来い!!』電子配信

『どすこい!Maji恋☆どんと来い!!』


第9話
本日『マンガ図書館Z』にUPいたしました。
どすこい9話とびら

********
先日より
インターネットで読めるようになりました!!!

ダンス

配信は「マンガ図書館Z」と「Google Play (books)」です。

会員登録が必要ですが、全て無料で読むことができます。
どすこい~のぺージはこちら

ご購入いただく形ですが、
若干画像がきれいで、もちろん広告もないので読みやすいです。

***

アナログ原稿のデジタル化作業は今やっと半分を超えたところ。。。。
完結までは少しお待ちいただきますが、前半7回分を前編として公開いたしました。
たかのわかさん?

寛太が憧れたかっこいいお相撲さん…モデルはもちろんあの力士


『マンガ図書館Z』は後半は一話ずつUPします。
おんぶ
アマゾンKindleやほかのサイトはおいおい…考えていきますが、当面の予定はありません。
上記のいずれかに、ぜひアクセスしてくださいませ。
また今度ね!

よろしくお願いいたします!!




Category : 漫画の話
Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 0 comments  0 trackback

火焔土器づくり~経過報告その4~焼けました!

ただいま~

KIMG027302.jpg


無事に焼けました~(*´ェ`*)


KIMG027202.jpg


土器…緑に映えますねえ♬


***


昨日…某所の電気釜に入れていただき

KIMG025802.jpg

他の方の作品と一緒に~ 上下二段。これは上の段。

6時間かけて焼成。。。

この日はすぐに窯を開けることはできないので一日放置。

さて次の日です

ドキドキ

土器土器

ドキドキ……

じゃーーーん

KIMG026402.jpg


おお!一つも壊れることなく 焼きあがっています!

やったーーーーーーーー♪

KIMG026702.jpg

火焔土器を作る前に紐づくりなどの練習に作った「謎の植木鉢」も
一緒に焼いていただき
これもちゃんと焼けました―――♬


実はここの窯で土器を焼くのは初めてということで、
土器づくりの先輩もちょっとドキドキだったようです。

指ではじくと金属音がして、
「しっかり焼けてるね」
「色も悪くないね」

ばんざーーーーーーい!!

KIMG026802.jpg
緑に映える土器の素焼きの色。。。

というわけで、一応これは完成です。

一応…というのは、後日行われる「野焼き」でさらに焼くことも可能なので。

縄文土器っぽくあえて焼き色のムラを出したり、すすけさせたり…という選択もありなのです。

うーーーんどうしよっか。

しばらく火焔ちゃん一号(今命名)と相談ながら考えようと思います。
60338278_2196172253837642_8993648551317733376_n.jpg
別角度はニヤッとしているのです

いやーーーそれにしても…、火焔土器づくり…達成感ハンパないっす!!!



Category : 縄文土器
Tag : 火焔土器
Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 0 comments  0 trackback

火焔土器づくり~経過報告その3~

長らく部屋の片隅でじっとしていた火焔土器ちゃん

乾燥

パリッパリに乾燥いたしました!!

実は……この状態が一番もろいそうです。
水分があれば、ある程度変形してもまた直せますし
焼いてしまえば結構な強度が出ます。

乾燥して焼く前は、注意して丁寧に扱いましょう……
59946555_2194648257323375_5786820385219543040_n.jpg

「これから焼かれに行ってきます!

 無事に生きて(壊れずに)帰ってこれますように!!!」

59991392_2194648217323379_4863770035715309568_n.jpg
………ゴエモンとツーショット映したいのに、
外の鳥さんの声に気を取られてこっちを向いてくれませんでした。

ま、いいや
とにもかくにも 行ってきまーす!!

Category : 縄文土器
Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 0 comments  0 trackback

火焔土器づくり~経過報告その2~

着々と進む火焔土器製作。。。。


0318.jpg

前回の崩落から学びを経て、水分量は慎重に。

53383993_2095181120603423_7220712087620681728_n.jpg
キチンと乾燥を進めていけば逆さにして作業もできます

そして歴博での「鶏頭冠づくり講座」の直後ということもあり、
以前教わった板状の鶏頭冠をつくって乗せるやり方でなく、
粘土紐を積み上げるやり方で鶏頭冠をつくりました。

0318鶏頭冠紐

土器づくりの先輩方のスーパー神の手から直接教われるのも本当にありがたい……。

54210433_2095181013936767_2462682969911853056_n.jpg
54268031_2097985373656331_5863317824390299648_n.jpg
先輩の完成品をまんまお手本に……これは強力!!

「仕事がヒマ」をいいことに、仕事場を土器づくりアトリエにしてしまった春でした。

もう一息0318

てなわけで、へとへとになるまで粘土と向き合い……

ごえチェック0319

ゴエモンチェックなども受けながらw

成形完了!

出来たー

じゃーーーーーん

まだまだ甘いところだらけですが、いつまでもやっていると「いじり壊す」可能性があるので
今回はここらで手を止めて、乾燥させます。

焼きあがるまでは完成とは言えないのですが、、、ここまででもかなりな達成感!!!

焼くのはゴールデンウイーク明けてからなので、ちょっと先です。

今日も感謝とともに♪

Category : 縄文土器
Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 0 comments  0 trackback

歴博講座「火焔土器の鶏頭冠をつくる」

先日、新潟県立歴史博物館の体験講座

「火焔土器の鶏頭冠をつくる」を受講してきました~♪

53439649_2097843727003829_6549216314785792000_n.jpg 

歴史博物館の研究員の方の指導の下

火焔型土器の上部につく特徴的なあの飾り
「鶏頭冠」
紙粘土で作ってみよう!

というものです。
53527655_2100554876732714_2024783630718468096_n.jpg

その構造や制作過程は実際に出土した土器をCTスキャンやレントゲン撮影などで分析するなど
いろいろな方法で研究されているそうです。
この日は「現在【こう作ったであろう】手順」を教わり
実際に作ってみるという体験講座です。
(細かい装飾は別。あくまでも構造と手順のみ)
 
53533207_2100507716737430_314165119556780032_n.jpg 
怪獣っぽい鶏頭冠。裏から見ると確かにニワトリっぽいです。

ちなみに「鶏頭冠」というのは
あくまでも現代人が考古学の研究をするうえ便宜上つけた、この土器の突起の「あだ名、呼び名」です。
「縄文時代の人達はこのように呼んでいません。縄文時代にニワトリはいなかったので!
という説明を聞いて、納得しつつちょっとずっこけてしまいました(笑)
また、「火焔」というのも同じです。
この土器が「燃える炎のよう」と今の私たちはその名称から印象を持つわけですが
果たしてこれを作った人が火焔をイメージして作ったかはわかりません。

うん、謎ですよね。
ミステリー♪


さらに言えば縄文人たちは自分たちがその時に
「縄文時代を生きている」という自覚はなかったわけで。
わたしたちは平成から次の元号への時代の境目を生きている!なんて大騒ぎしていますけれど…。

**

さて、
火焔土器についてあれこれ簡単に解説をしてもらったあと
いよいよ紙粘土の封を切ります。53459162_2100554836732718_6647957587151028224_n.jpg

その後、ざっくりとした説明と スライド写真を参考に

その通りに手を動かしていくわけですが…

53595362_2100554806732721_4020424022842933248_n.jpg
まずは土台とテキトーに粘土紐を10本ほど ここからスタートです。

約10パーツ+最後のギザギザ6-8個
をくっつけていきます。

53669227_2100554776732724_3254305675186012160_n.jpg53731952_2100554736732728_4276170028031672320_n.jpg53491986_2100554683399400_5173260315298627584_n.jpg

研究員のセンセ―は
「皆さんがイメージするよりも、案外単純で、火焔土器は簡単に作れるんですよ!」
「簡単なんです!」
を連呼しつつ教えてくれます。

(え―――――……そんなに簡単じゃないっす、少なくとも私には……笑)
53814282_2100554650066070_5940207278111064064_n.jpg53570553_2100554593399409_6568896610850308096_n.jpg
どんどん進みます。
54433523_2100554540066081_5929310301836017664_n.jpg 54114849_2097984876989714_2005965983130320896_n.jpg
で、
完成。
うん、一応言われたとおりに…
53298679_2100554460066089_2323650364529704960_n.jpg

えーーー…完成?(汗)


ちなみに、センセ―のお見本がこちら。
53466102_2100554430066092_8879594268843311104_n.jpg

………
………

うん…、きっと構造と手順はこうなんでしょう。それは間違いなく!!

でもこれ…
わたしの知っている(今作っている途中の)鶏頭冠…になるのかな?
54268031_2097985373656331_5863317824390299648_n.jpg 
これなんですけど…

と、ここでわたくし的にはいろいろ謎を残し
講座の一時間半はあっさり終了!!(笑)

(なんだかとんでもなく謎を残したままだ…ヤバイ…www ←心の叫び)

てなわけであとは、帰宅後…
53888994_2100554190066116_435303714362753024_n.jpg 
またにゃにを持って帰ってきたにゃ?

手順を忘れないうちに残った紙粘土をこねこねして

もう一度…

 

ああ、なるほど!こうなってるわけか!!「

そしてもう一度…

そっか、ここが違ってたのか!!


(残り少ない紙粘土なので、どんどん小さくなりました)

53783991_2098259716962230_1173472609585594368_n.jpg
なるほど、うん
多分こういうことだな!

構造はわかった!!
(うまく作れるかどうかはまた別だけど!!!)

**

そんなわけで
この日一日で、怪獣っぽい物体が三つもできてしまいました(笑)

53792554_2100506980070837_2514189239927701504_n.jpg 

いやあ、とっても勉強になりました!
そして楽しい…!!(またしてもこのワードwww)

**

後日、乾燥させたのち
手順がわかりやすいように粘土紐に色をつけてみました。

 54257531_2108992955888906_3685021853375528960_n.jpg
アクリル絵の具でぬりぬり…

この写真をFBにUPしたら、
「アートだ!!」
「想像力を掻き立てられます」
と、いろんな反応がありました。
、、、面白いですねえ♬


54390909_2108988855889316_7816489133215318016_n.jpg
紙粘土なので色落ちしてしまうので、
スプレーニスをシューっとして、仕上げ。

仕事机に飾っていたらなんだか妙に愛着がわいてしまいました。。。
お気に入りのオブジェ、完成です♪

**

同好会で作りやすい方法として教わっていた鶏頭冠の作り方と
今回教わったのは違う手順ですが

どっちもできるようになっておきたいところです…うむ。

土器づくりにさっそく生かしたいと思いますー♡

Category : 縄文土器
Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 0 comments  0 trackback