鈴木淳子✫製作日記 | 漫画家◆鈴木淳子の徒然ブログ。お仕事、趣味、日々の由無し事から憂国の思いまで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 

お装束の無限の可能性。。。♪

11822339_836700796451468_5044254882084503447_n.jpg

昨日は 早稲田待賢殿に某女性誌の取材が入り

私もそのお手伝いで女房装束の着付をさせていただきました♪

11800514_836700839784797_2291201399769189952_n.jpg

流行の最先端の女性誌の編集さんは

日本古来の装束をどんな感覚で体験されたのでしょうか?

記事掲載が楽しみですね~♪

(発売になったらもちろん紹介させていただきます)

11214218_836700813118133_536872733436083107_n.jpg

昨日は待賢殿に新しいお装束が届いたばかりで

そのお披露目もありました♪

単(ひとえ)×2 と

憧れの細長(ほそなが)です

11265100_836700756451472_5136670572454027128_n.jpg

新しい色味が一つ加わるだけで 今までと全く違った印象の女房装束が誕生~♪!!

昨日はお装束の無限の可能性を垣間見た心地がいたしました。。。~(*´-‘)


そしてそして、、、憧れの細長!

11824927_474112222751459_2644532578016217069_n.jpg

じゃーーーーーん!!!

衣服を後ろに引きずるのって、世界共通の豪華ファッションですよね~♪

日本の花嫁衣装の定番になっていけばいいのにー~(*´-‘)


昨日は早速御方役で細長に袖を通させていただき、夢心地倍増でした♪

ああ、しあわせ~♪

11836771_836427993145415_1621271012531735979_n.jpg
これは6月のデッサン会の看板のために描いたイラストですが 
そういえば細長でしたね♪
色味もおんなじ。。。


**

11822489_836700703118144_235557877491693706_n.jpg

待賢殿あたりは早稲田の杜の緑が豊かなエリア。

夏休みで学生さんの姿はいつもより少ないですが

大隈講堂の鐘の音はいつもと変わらず

そして、セミの声は大音響です。

**

お昼は待賢殿近く、おなじみ金城庵のフェアで うな重をいただきました♪

ごちそうさまでした(^人^)

11825735_836700733118141_2480674143812584404_n.jpg

ああ、しあわせ~♪♪

スポンサーサイト
Category : 待賢殿
Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 0 comments  0 trackback

夏のお装束☆取材協力

10986475_831782553609959_8070330899477889053_n.jpg
「二藍(ふたあい)の夏直衣(なつのうし)」文様は三重襷(みえだすき)
山吹色の単(ひとえ)
指貫(さしぬき)袴の文様は鳥襷(とりだすき)




少し前の事になりますが

早稲田待賢殿で 夏のお装束の取材、撮影が行われ
わたくしも直衣(のうし)と狩衣(かりぎぬ)の着付をさせていただきました。

11781768_831782530276628_1524842841757101620_n.jpg

待賢殿が撮影スタッフの皆さんの手によってあっという間にスタジオに早変わりし

10985376_831782633609951_7536809386785377207_n02.jpg



お装束が撮影され、その画像がモニターに映し出されると

織で表現された紋様の繊細さや単(ひとえ)が透ける様子の美しさに
「おおおお」と声が上がりました。

10986475_831782553609959_8070330899477889053_n.jpg
いえ、これは私がスマホで写したものです。
プロ撮影の写真は書籍でどうぞ!
でも、プロの手によるスタジオセッティングのおかげで
これでもお装束の美しさは充分出ていますねえ♪


お装束も美しいし、スタッフの皆さんのプロの技も素晴らしい!


この時取材された記事掲載の書籍が先日発売になりました。

11745810_831779573610257_2480709499879806925_n.jpg

『夏着物の文様とその見方』
: 大正・昭和の涼をよぶ着物の素材、織り組織、文様の意味がわかる
似内 惠子 (著)


こちら、夏着物の様々な文様だけでなく
織や素材、和装小物や和菓子まで、、、
美しい写真とともに紹介されているのですが

著者である京都古布保存会の似内惠子先生の 
着物や布地に対する愛情が頁からびしびしと伝わってくる
とても見ごたえのある一冊でございます!



ぼんやり眺めているだけでも うっとり嬉しくなる
そんな御本です~。

11173383_781367051984843_5713473964981927000_n.jpg

↑取材が行われたのはちょうど新緑のこのぐらいの時期でした。
今はセミがにぎやかです。

Category : 待賢殿
Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 0 comments  0 trackback

束帯着付三昧~!!

11737905_827240400730841_4885909990934128443_n.jpg


昨日は 早稲田『待賢殿』で 御装束の着付け。

早稲田大学の「日本語日本文化特論3」という授業の一環で
学生150名が御装束を着装するということで、、、(なんて素敵な授業!)

待賢殿も臨時教室となり、文武の束帯10名の着装を担当させていただきました。

11703220_467586890070659_7462500258589417454_n02.jpg
文官束帯

10660152_827924373995777_2756996405446335777_n02.jpg
武官束帯
 
まさか大学の授業のお手伝いをさせていただけるなんて。。。

装束着付けを学び始めた一年前にはまったく想像もできませんでした。

11760075_467586776737337_4185040078669520359_n02.jpg
武官束帯 6名 文官束帯 4名
着付けスタッフ6名で交代で着付けさせていただきました。


11754238_827924527329095_4439868518433606756_n.jpg
11760143_827924463995768_2780418619703073103_n.jpg

早稲田大学の皆さま
ありがとうございました!

**


装束着付けを学び始めたのが去年の7月。
一年がたちました。

11745555_467586773404004_7162290053207996080_n02.jpg
武官束帯の後衣紋を担当中。。。


その間もずっと、普段ではなかなかできない貴重な体験をいっぱいさせていただきました。

本当に有り難いことです。

10435642_953908884672135_244979058814029832_n.jpg

これからも精進していきたいと思います。

**

11755849_827132777408270_1160118733065895130_n.jpg

本調子じゃない目も、なぜか昨日は何ともなく。
が、今日になってまた痛みが出てきてしまいました。
しばらくはおとなしくしてなさいってことだな…。

Category : 待賢殿
Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 0 comments  0 trackback

装束着付体験 デッサン会 @待賢殿



早稲田『待賢殿』 【装束着装体験・デッサン会】 
6月13・14日
週末二日間にわたって行われた会に、私は待賢殿スタッフとして参加。

もちろん漫画家の端くれとしてデッサン会にも加わるのですが、
気持ちとしては、運営・着付スタッフとしてほとんどのパワーを使って初日を迎えました。

(デッサン用の鉛筆を準備し忘れたのがわかりやすい現実。。。)(笑)

0001_xlarge.jpg


まず午前の部は装束を体験する時間。

参加者が希望の装束を実際に「見る、着る、着付ける」

装束を体験していただけるこの時間は

我が待賢殿が行うデッサン会の最大の特徴です。


私は着付スタッフとして、モデルさんや参加者の皆さんに着付けをさせていただきました。

11401330_810030765785138_398607407674125259_n.jpg
二日目、男性装束
わたくし、前衣紋者として文官束帯を着付けております


参加者の皆さんそれぞれ装束を体験~

牛若丸のイメージでポーズを試してみる日本画家さん
11215095_452399921589356_3096783196890966393_n.jpg
「こういうポーズはどう?」

午後、モデルさんにとってもらうポーズを探りながら

11391481_452166248279390_8868399916918584443_n.jpg
白拍子の舞って。。。こんな感じ?


自ら着心地や重みを体験

11535929_452399938256021_7515060138745957765_n.jpg
狩衣~♪


十二単の後に、「大腰姿」も体験

KIMG2066.jpg


宮中の女官の姿です

「ひな人形の三人官女がこのスタイルの物がありますね」
11406905_452165758279439_262891738200348046_n.jpg
で、登場する長柄の銚子。。。

他にも十二単、袿袴道中着、文官束帯、武官束帯。。。
二日間でたくさんの装束を体験していただけました。

**

そして、両日とも午後のデッサン会


自分の予定ではモデルさんに着付を終えたらちょっと一息…
余力があったら後半にでもデッサンに加わろうかな…

ぐらいに思っておりました。


とーこーろーがーーーー!



モデルさんの美しさにうっとりし

11428034_452838261545522_1546743864335176225_n.jpg


装束がお似合いなご様子にくらっとし

KIMG2238.jpg


そしてポーズをとってもらった瞬間。。。!!!

11391239_452165701612778_5859128938921340616_n.jpg

「きれい!」 「かっこいい!」 「これは!」

「描かなければ!」スイッチが入りまくり!!!


加えて同じ場にいる画家さん、イラストレーターさん、彫刻家さんたちの真剣なまなざしと空気感に

「休んでらんない。私も描きたい。描かねばああああ」


という気持ちになってしまいまして。。。。


11406614_810031509118397_753779217841690184_n.jpg

思い返せば、私が八條先生の着付術勉強会に参加したきっかけの一つに、
『十二単の絵をかいてみたいけど、つくりがよくわからなくて描けない~』
『本物の十二単見てみたい~さわってみたい~』

…という動機がありました。

そうだよ、もともとそうだったじゃん?わたしは!

忘れるなっていう話なんですけどね。。。。いえね、着付けることそのものが楽しくなってて、、、っというか、
それでいっぱいいっぱ…(ry。。。



わたしは漫画を描いていても、実物を見て描くということは滅多にないし、デッサンすることもほとんどありません。
久しぶりに、写真や資料などの二次元の物でなく、「実物を見て描く」という基本的なことを体験しました。
いや、大事だなあ。

装束の皺一本一本を、この目で見て描く。。。

モデルさんの表情を見て、顔を描く。。。

想像ではない、あるものを見て描く。。。

本当に得難い体験でした。

デッサン会が成功か否かは、参加してくださった皆様の満足度ですから私が一概に判断できることではないのですが…
私個人的に、本当に貴重な二日間を過ごさせていただきました。

参加してくださった皆様にまずは何よりもの感謝申し上げます。今後の創作活動の一助となれば何よりでございます!

とてつもない重労働になる装束を着てのモデルを引き受けてくださったモデルさんにも、心からの感謝を、、、
美しさに癒され、創作心を刺激されました。
ありがとうございました。

八條先生のご指導、監修がなければ始まらないこの企画、いつも本当にありがとうございます。

そしてコーディネーターの新槇さんはじめ、運営スタッフの皆さま、ありがとうございました。
より良い会にして進めて行けるように頑張りましょう!

**

今回の男性装束のモデルさんはなんと雅楽のプロ!
笛に見立てた鉄管で、会場に流れる雅楽のCDに合わせてポーズをとってもらうというスペシャルな時間も…

KIMG2186.jpg
博雅~~~~♡

**

11059549_810031539118394_4183004025780382900_n.jpg
デッサン用の鉛筆を忘れ、HBの鉛筆でデッサン。。。


さて、今日もまた、全身筋肉痛の朝。

しかも四年前に作った眼鏡があっていないことにに気づいて悲しくなっている朝なのでした。。。

Category : 待賢殿
Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 0 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。