鈴木淳子✫製作日記 | 漫画家◆鈴木淳子の徒然ブログ。お仕事、趣味、日々の由無し事から憂国の思いまで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 

原稿に入ります

本日より原稿に入ります。

今回はページが長いので……

いや、以前はもっと長いのもやってたんだよね。大丈夫大丈夫…と自分に言いきかせる


とにかく体力勝負です。

頑張ります。

スポンサーサイト
Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 0 comments  0 trackback

ペンダコ

今日、デジタルでイラストに着色をしていたら

ペンタブレットを持つ右手の中指が ずきずきする……。

ペンダコです。


このところの漫画製作活動ほぼ休止状態 で、 ペンダコが消滅しているかと思いきや

日々鉛筆ぎゅっと握って書きものしていたりするもんで

まあ、消えることはないですね。

一時よりずいぶん小さくなったけれど。


久しぶりに痛いです。

ペンタブレットのペンが、持ちにくいというか……

滑りやすくて……
ペンタブレット
↑10年以上使ってるペンタブ。もしや新しいものはもっと使い勝手がいいのか?
買い替える気はないが呟いてみた。



デジタルの色付けは、簡単だけれどちょっと苦手。目もやられるし。

というか、やはり『絵を描く』はアナログで作業したいな。。。。。


と言いながら、今回のお仕事はデジタル着色をこちらが提案したのであった。

あとちょっとです。

今日中に仕上げたい。


頑張ります。 

Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 0 comments  0 trackback

ゴーヤー(今年は早くも終了か?)



土が少なかったか、肥料が足りなかったか、
はたまたベランダのコンクリートが熱くなりすぎたからか、

今年は葉っぱもいまいち茂茂にならず、目隠しにも日除けにもちょっと物足りない。

ゴーヤーも二つだけ…ぐすん


二つめ、本日頂きました。

お味は上々。

ほろ苦い夏の味。

堪能いたしました。

Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 0 comments  0 trackback

物々交換?


いとこ一家にキャンプのテントを貸し出したら

返却時におみやげが添えられていた


取れたて野菜は特にいいね!

Category : 休暇っぽく♪
Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 0 comments  0 trackback

期せずして断捨離





期せずして自宅(実家だな)の断捨離をした。


7年前に仕事場を東京に移して、その後中越地震がきて、部屋中にぶちまけられたらしい私が置いていった荷物達は、持ち主が帰らぬうちに、すてられず部屋の片隅に完璧に収納されていた。

盆暮れ正月少しずつ片付けていたのだけれど…


てなわけで昨日、今日と『実家断捨離』実行!


本はほぼ処分

もう私のモノがあるエリアはほんの一部なんだけど、それでもはじめると大仕事。

細かいものがいっぱい出てきた。


資料写真

プライベート写真

没ネーム

カラーイラスト練習したスケッチブック

ファンレター
お手紙
ラブレター

ライブチケットの半券は枚数数えるの怖い~

紛れてダライ・ラマに会いに行ったチケットの半券もあったよ(笑)


ぜーんぶ断捨離



今回の帰宅でほぼすべての断捨離完了かな。

まだあるかなぁ


とにかく、かなりすっきりいたしました!

Category : 断捨離
Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 0 comments  0 trackback

アイスクリーム?



早い時間にお墓参りしてきました。

山本五十六さまのお墓も参ってきました。(同じお寺です)


で、帰りに川西屋アイスクリーム♪


Category : 休暇っぽく♪
Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 0 comments  0 trackback

真夏の薔薇


花はミニだけど

酷暑のなかに華やかな存在感


Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 0 comments  0 trackback

ゴジラのさなぎ?



ゴーヤーです

今年のゴーヤーも葉っぱがあまり大きくならず、日除けにならない。

一昨年の茂り具合は品種の違いか、はたまた油粕が良かったのか…(すごいにおいだからやめたんだよね~)

あまり大きくなってないけど、収穫して家への土産にしようかな。

Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 0 comments  0 trackback

知ってる?『やまと新聞』

みなさんは【やまと新聞】を御存じですか?

やまと新聞 HP

私は全く知りませんでした。。。。

春に某所で、あの「サザエさん」を連載していた、歴史ある新聞だということを知りました。

そこで私、かなりびっくり。。。。。。。。

「戦後、GHQにより書物の焚書?!」
「国会内のみの新聞社が存在していた?!」
「国会の外に向かっての活動を許されたのが。。。何と、去年?!」


ちょっとちょっと、これ、現在の日本での話ですよね・・・・?

なんだか、タイムワープして戦前、いや、おとぎ話の世界のような話ではありませんか。。。。?


本当に、世の中知らないことが多すぎる。。。。。。

そして、ちょっと知ると、興味あふれることも多すぎる。。。。。



以下、『やまと新聞』 HPより 

*********************************

やまと新聞って?  明治19年創刊?

やまと新聞社といってもあまり聞いたことがないと思います。
それも当然です。この機会にぜひ"やまと新聞社"を知っていただけると嬉しく思います。
やまと新聞社は保守系新聞社として明治19年創刊、一時は発行部数第一位となり皆さんご存知のサザエさんを連載していました。
しかし敗戦時にGHQは日本の歴史と精神を抹殺するために多くの書物に焚書を命じました(焚書とは書物を焼き払うなどして人々の目に触れないようにすることです)
当時日刊で「帝都日日新聞」という名称だった"やまと新聞"は皇室を敬い、美しい日本の伝統と歴史を伝えていくことを使命として報道していましたので、その焚書により活動を停止せざるを得ませんでした。
しかし保守報道の火を絶やすわけにはいかないと、数名の社員が活動範囲を国会内のみとして会社の経営は度外視で(無理ですね)細々と活動をしていました。
皆さんが知らないのも当然のことなのです。
その間マスコミはGHQの思うままに誘導されどんどん左傾化してしまいました。
そんな状況の中、やまと新聞もようやく昨年(平成21年)、活動を国会外に向かっても行うことが許され、このHPの開設や外部への取材、新聞の配布などを始めました。
スタッフも一新され若いスタッフで運営しています。
少ない人数ですが正しい歴史、すばらしい日本を報道し伝えていくことを目的に国会内にある唯一の保守系新聞として誇りを持ってやっていこうとう者ばかりが集まっています。
皆様よろしくお願いいたします。
(やまと新聞へ記事を投稿してみたい方どんどんご連絡ください。ちなみに年間購読は5500円です!よろしくお願いいたします)

***************************

私は以前 口蹄疫問題を大々的に取り上げた号外を 某所でいただき、読みました。

テレビや大手新聞社では取り上げていないことも多く、ネットで情報を集めていたとはいえ、
いろいろな事実に衝撃を受けたものです。

今、やまと新聞は少人数で運営されているようです。

毎日届く大手新聞社の朝刊のようなものではありませんが、
全く違った視点から切り込んだ記事も多いHPの記事も一見の価値ありです。


↓興味のある方、会員申し込みはこちら♪



Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 0 comments  0 trackback



涼しい通り越して

むしろ寒いです…

Category : 休暇っぽく♪
Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 0 comments  0 trackback

『教育勅語』の小冊子☆明治神宮

先日、明治神宮に行ったときに 

『教育勅語』 (平成二十二年 渙発百二十年)

という蛇腹式の小冊子を頂いてきました。


ちょうど、ちゃんと読んでみたいなあ、本を探そうかなあと思っていたところ、
明治神宮の お守りなどがあるところに「ご自由にお持ちください」とあったので 頂戴してきました♪

なるほど、きちんと読んだことなかったけれど、これは大変なものだ。。。。と思いました。

私の感覚では なんとなく、書いてあることは 「小学校の時の道徳の教科書のようなこと」。

そういえば 道徳の授業って、今 ないんですって?

それは大問題ですね。。。。


小学校の道徳の授業も 教科書読みながら 
『こんな当たり前のこと、わざわざ学校で教わらへんかって、わかってるわ』 
と生意気少女じゅんじゅんは大阪弁でモノローグしてました。

でも、今思うとそうでもない。

確かに私個人は、道徳観って 親や親せきに当たり前に教育されていたことでしたが
「きちんと学校で 正しいこととして教わる」のは 全ての子供の権利だったんですね。 
そしてそれはとても大切なこと。


この教育勅語。。。。

戦前は 子供の時から 当たり前にこれを、学校で教わっていたと、、、
知ったときに少々ショックを受けました。

そう、戦後教育は、これを教わるチャンスを失っていたんだなと。。。。。


これ、子供のころから知っていたら、私の半生、もう少し違ったかも。

もうちょっと楽だったかも。。。。なんて思ったりします。

なぜそう思うかは、また、おいおい。。。笑笑


今日は その教育勅語を まるっと、掲載します。

そんなに長くないんですね。 
声に出して読んだら、なかなか心地よい文章だと思います。


『教育勅語』

ちんおもふに    わが   こうそこうそう    くにを はじむること

朕惟ふに 我が皇祖皇宗 国を肇むること 
こうえんに   とく を たつること     しんこうなり
宏遠に 徳を樹つること深厚なり
わがしんみん    よくちゅうに  よくこうに     おくちょうこころをいつにして
我が臣民 克く忠に克く孝に 億兆心を一にして
よ よ そのびを     なせるは      これ   わが  こくたいの  せいかにして
世世厥の美を済せるは 此れ我が国体の精華にして
きょういくのえんげん また じつに ここに そんす
教育の淵源また実に此に存す
なんじしんみんふぼに   こうに  けいていに ゆうに
爾臣民 父母に孝に兄弟に友に
ふうふ あいわし    ほうゆう あいしんじ  きょうけんおのれをじし
夫婦相和し 朋友相信じ 恭倹己れを持し
はくあいしゅうにおよぼし   がくをおさめ  ぎょうをならひ
博愛衆に及ぼし学を修め業を習ひ
もって ちのうを   けいはつし とっきを  じょうじゅし
以て知能を啓発し徳器を成就し
すすんで  こうえきをひろめ  せいむをひらき
進んで公益を広め世務を開き
つねにこくけんをおもんじ  こくほうにしたがひ
常に国憲を重じ国法に遵ひ
いったんかんきゅうあれば  ぎゆう こうに ほうじ
一旦緩急あれば義勇公に奉じ
もっててんじょうむきゅうの  こううんを ふよくすべし
以て天壌無窮の皇運を扶翼すべし
かくの ごときは    ひとり ちんが ちゅうりょうの しんみんたるのみならず
是の如きは 独り朕が忠良の臣民たるのみならず
またもって なんじそせんの いふうを  けんしょうするに  たらん
叉以て爾祖先の遺風を顕彰するに足らん
このみちは     じつに わが   こうそこうそうの    いくんにして
斯の道は 実に我が皇祖皇宗の遺訓にして
ししそんみんの    ともにじゅんしゅすべきところ
子孫臣民の倶に遵守すべき所
これを ここんに  つうじて  あやまらず  これを ちゅうがいに ほどこして もとらず
之を古今に通じて謬らず 之を中外に施して悖らず
ちんなんじしんみんとともに  けんけんふくようして
朕爾臣民と倶に 拳拳服膺して
みなそのとくを   いつにせんことを     こいねがふ
咸其徳を 一にせんことを庶幾ふ

明治二十三年十月三十日
  御名 御璽





入力するのはちょっと大変でした。漢字がうまく変換されない~~~~という字が結構ある。

力士の四股名や歌舞伎役者、歌舞伎の演目の変換もそうなんだけれど

変換ソフトは 日本人には使いにくいものじゃ。。。。


戴いた小冊子には 意訳(口語文)も載っています。

これはちょっと長くなるから、また今度(笑)

でも、このままでも、なんとなーーーく、何が書いてあるかは伝わってきますよね。


********************************************


教育勅語が出された時代の話を聞くにつけ、今も、とっても必要なのでは。。。。?

Category : 明治神宮
Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。