鈴木淳子✫製作日記 | 漫画家◆鈴木淳子の徒然ブログ。お仕事、趣味、日々の由無し事から憂国の思いまで

『潮目が変わった?!』と思ったお話。

モンブラン2
いきなり記事とは全く関係ない、銀座みゆき館の和栗のモンブラン。
ランチのパスタセットと一緒に頂いたので、最後の三口程は戦いに。。。。



先月26日…でしたよね? 自民党総裁選があった日。

実はわたくし、あの『カツカレーの日』以来、

なんとなーーーーく空気感が変わった気がしております。


何その、空気感て…?

う~~~ん、何でしょう。はっきりとうまく説明する自信がないのですけれど…。
でも、とても大切な節目のような気がするので頑張って文字にしてみますね(笑)。

**

9月26日、安倍さんが自民党の総裁に選ばれました。
しかし、正直言ってしまえばそれだけでしかない。

はい。自民党が野党のままだということに変わりはなく、現時点で、政権与党の民主党の体たらくは相変わらずで…というより、さらに輪をかけてひどい状態で、党首選が終わってから半月以上たっても国会さえも開かれず、挙げ句の果てにそれを野党のせいだと報道するマスコミも相変わらずで。。。。

加えて、安倍さんが総裁になったという事実が、実際問題としてわたしの生活に何が影響があるンだ?ってな話でして………強いて言えばカツカレー報道を祭りと捉えた私自身の、ある日の晩御飯のメニューが、めったに食べないカツカレーになったということぐらいでしょうか。

が、この、祭りとして捉えてメニューを変えた…が大きなポイントのような気がしております。

なんだかね、明るくなったんですよ。

日々日常を過ごす私自身の気分のベースの色が。


ごきげんごろごろ
ゴエモンの気分の色は果たして。。。?


前日(25日)までは、淡々と過ごす日々の中に、嬉しい、悲しい、腹立たしい、楽しい、、、いろいろな「人生という波」が当たり前にあって、時にはとってもいいことがあって喜びにあふれた明るい気持ちの一日を過ごしていても、でも、そのベースの色は例えていうならかなり深い緑色で、希望は捨てていないけれどあまり光が当たらない。。。そんな感じだったんですよ。今思えばですけどね。

こんな風に自分の気分のベースの色が暗くなったのは、前回の冬のオリンピック直後だったんですけれど、それから毎日少しずつ、暗さは深くなっていっていたんですね。

それが、26日を境に、、、あれ? なんか明るいぞ?
いや、それは言いすぎだな。 『暗さが、和らいでいる???』そんな感じ。

もちろん、相変わらず日々は嬉しいこともイヤなこともいろいろあり、それは何ら変わらないんですけれど。
でも、全体が明るく白み始めているような。。。

ああ、まさに夜明けなのかな。

脚と格闘中
とりあえず目の前にある飼い主の足と戦う気分であるらしい。。。痛いっつーの!


**

これは、わたしがネットの中に読みに行くブログや、ツイッターのフォロワーさんの言葉、フェイスブックでの記事…それらがちょっと偏っているからかもしれません。

事実、何故か安倍さんの支持者多いですから。その部分で友だちになったわけじゃないのに。


でも、この日を境に皆が明るいことを記事にしたりつぶやいているわけでもない。
わたしがネットで触れるのは、日々の様々な、たくさんの思い。

でも…

なーんでだろー。。。

とっても明るい空気を感じるのです。

わたしが勝手に感じている、、、、だけといえばそうなんですけどね。

**


何度も繰り返しになりますが、そう思うと、本当にあのカツカレー祭りは、大きな祭だったなーと思ったりします。
事実、ネット上で皆のカツカレー情報を目にするたびに、私はとっても楽しい気分になりましたし。
実は今日も、ちょっとした自分チャレンジがあるので、お昼はカツカレーにしようかと企んでいるんですよねー(笑)

モンブラン1
カツカレーの写真がないので、近所のケーキ屋さんのモンブラン。
過剰包装がちょっと気になる。



**

そんなこんなで26日を境に勝手に『明るくなったー』と思っていた矢先、それまでピタリと止まっていた、私の周りのありとあらゆる事柄が、急激に動き出したんです。

具体的にはほんの数個の現実が動いただけなんですけれど、数人から連絡があり、ほんの数人と会って話をして、ほんの数個、きっかけになりそうな情報を掴み、、、と、それだけのことなんですけれど。。。

それでも、明らかにそれまで(特にこの3年)とは、全く流れが違う…気がするのです。

近所の子1
珍しくゴエモン以外の猫さん写真。
気分が変わったせいでもないと思うけど、それまで近寄って来なかったのらさんたちがこの日はゴロゴロ行って近づいてきたのでびっくり。


**

『あ~~~~~、潮目が変わったかも~~ーーー』

そんな気分を先日の奉納相撲でご一緒していただいたお二人に話したら…

「あ、そうかも」
「確かに、そういう感じあるかも」


……

あ?!ほんと?!そうだよね?!そう感じているの私だけじゃないよね!!

ということは、そう感じている人は結構いるのではないか?!

と言うことは、そういう人が多ければ、世の中の流れだって変わったに違いないと思うわけで、、、、!!!


長いね。
世の中の流れを読むゴエモンの後ろ姿(嘘)
**

このやりとりを発端に、マスオ画伯が早速ブログでこのことを語ってくださいました。

リンク先を読んでいただけるとよくわかるのですが、
私のように自分の気分のお話だけではなく、画伯曰く

これは国の姿をも変える歴史の大きな流れの節目ではないかと。。。

そう、良きにつけ悪しきにつけ、何かが大きく変わる節目。。。


これはまったくもってその通りで、気分だけ高揚していても現実が悪化すればその潮目の変化はなにもありがたくないわけで、これは心しておかなければならないんだろうと思います。
そして、同時に、自覚を持って好ましい変化にしていこうとするしかないのかな、、、と。


国をも動かす大きな流れ。

歴史の一ページ。。。

なんだか御大層な話しのような気もしますが、でもそれはいつだって、私たち一人一人の意識や行動が集まった結果なんですものね。



なんか言った?
「そういうことじゃよ」

**


私個人のことに話を戻しますと、「流れが変わった感じ」は、それまで風通しが悪かった「閉塞感」みたいなものから抜け出たような気分も味わっております。

今のところ、一つ一つの事柄はまだなーーーんにも報告できるようなことにはなっておらず、
「なゃんじゃそりゃ」な話で申し訳ないのですが。。。(笑)

何か目に見えるカタチになりましたらまた記事にいたしますので、、、、またおつきあいくださいませ!

爆睡ゴエモン
爆睡ゴエモン。お手てにぎにぎしても寝てまする。
ま、マイペースで行こうや。



はい。とりあえずは本日の自分チャレンジに全力投球いたします!

Category : 日々の発見
Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 4 comments  0 trackback

『どすこい!Maji恋☆どんと来い!!』2006年作品

突然ですが、過去作品の紹介をいたします。



『どすこい!Maji恋☆どんと来い!!』


2006年秋にケータイサイトで週刊配信された作品です。

全14話 普通のコミックスにページ換算すると、215頁。分厚い単行本一冊分です。


どすこいトビラ

留美 & 寛太



**

この作品のことを最近知り合った相撲仲間に話をしたら、それはぜひ広報を。。。と。
(タイトルを聞いた皆、超バカウケしてました)

一応このブログの右バナーにも紹介コーナーがあるのですが、ブログも描き溜まってこれだけのボリュームになると、初めて訪れて下さった方はなかなか隅々まで見れませんものね。

そんな訳で、今後、過去作品も少しずつこちらの記事でとりあげていこうと思います。


**


主人公 留美 は都内の高校に通うイマドキ女子高生。

ひょんなことから知り合った市村寛太は渦潮部屋所属の三段目の取的君。

お相撲なんて興味のない留美ですが、一見デブ(?)の寛太の魅力に気がついて。。。。


留美のマジ恋は 突っ張り?!張り手?!電車道?!?




脇を固めるキャラも紹介。

○浅野けい子
けい子

留美の同級生 けい子は伊勢の里の大ファン。


○伊勢の里
伊勢
渦潮部屋の部屋頭。大関を目指して精進中。


寛太と伊勢

(市村寛太は伊勢関の付き人です)



ストーリーには出て来ませんが四股名だけで
『流天王』『薔薇都』『颯馬将』『琴大周』なんてお相撲さんが出てきます。

当時相撲に興味を持ちだしたばかりの作者が国技館に通いつめ取材したこだわりシーンも満載(笑)
(ケータイ画面では見えにくいのが残念なんですが。。!)
国技館入りシーン



**

実は昨日、この記事を描くために作品を通しで読みなおしたんです。

いやーーーーーーー、面白い!!!←と自画自賛(笑)!


編集サイドから依頼された「普通のラブストーリー」としてもちゃんと描いたんですけれど、相撲好きの方々にはさらに喜んで頂ける作品になってます。
相撲


そりゃあ、描く時、描く人間があれだけ楽しんで描いた作品ですもん、面白くないわけがないよなーなんてことも思いつつ。。


少女漫画にはありえない、相撲の取り組みシーンもぜひご覧ください!!
勝負


**

実は生原稿は全部新潟の実家の物置に格納されているのですが、コピーが手元にありまして。。。

本日は特別に、そこから何ページかスキャンして載せました。セリフはありませんけど、かえって面白いですね。


**

配信開始の2006年といえばもう6年前。早い。。。。


当時、新設ラッシュだった漫画ケータイサイト会社の一つから依頼されて、描き下ろしたこの作品。

ケータイサイトとはいっても、普通に漫画サイズの原稿用紙に、雑誌掲載の時と同じ形式で書きました。

私自身ケータイで漫画を読んだことなかったので、出来上がりは全く想像つかずに。


その製作過程での裏話なんかもご披露すると面白いかもしれませんが、今日はとにかく、

『で、これはどこで読めるの?』

というリクエストにお答えしての記事ですので、そちらの紹介を致します。


**


一般の紙媒体は書店から引き上げられるとめったに目にすることができなくなりますし、通販でいつでも手に入るといっても、出版社に在庫がなくなり、廃盤になればもう終わり。

でもデジタルの媒体は、一度配信されれば、かなり継続してそのサイトに置かれることが期待されます。

はい、配信から6年経ったこの作品も、ずっと配信され続けているのです。

当時この作品を制作した配信会社から、ケータイ配信サイト各社に二次配信もされており、
実はほとんどのケータイ配信会社に存在しているのです。

なので、ケータイサイトにアクセスしてダウンロードすれば読めるんですよ!!

検索して出てくる大手のケータイマンガサイトなら、ほとんどあると思います。

**

一例で、一番大手と言われている『コミックシーモア』さんのリンクを張っておきます!

↓ケータイ、スマホなどでこのブログを御覧の皆様はこちらからどうぞ。↓
http://www.cmoa.jp/ 

↓PCで御覧の皆様には、カメラ機能でこのバーコードを読みとっていただければTOP画面に行きます。↓
バーコード


そして、検索機能で『鈴木淳子』で検索してください。

何本か配信されている中に『どすこい~』があります。




この他でも、各社、配信しているところは多いので、ご自分が利用されている配信会社があれば、検索してみてくださいませ。

(ケータイサイトでのダウンロードは、パケット料金にご注意ください)


**

このあたりの、『作品を探していただく手間暇』が、ケータイサイトのみの作品の大きな壁なんですけれどね。。。

ぜひともよろしくお願い致します。

**

今は各社、配信開始当時にはなかった、アンドロイドやiphoneでも配信されているようです。

私はどちらも使わないので未確認なので申し訳ないのですが、そちらもご利用ください。

pcでは、私がざっくりいろいろ見に行ったところではまだ配信されていないようです。


コマ単位でなく、ページ単位で読めると、いいんですけどね。。。


***********

と、ここまで書いてふと思いついて、配信元の制作配信会社のサイトを久しぶりに訪ねてみました。

そこ(Mobi-Book)では何やら、パソコンでも見れるようなことに。。。。
( どすこい の4文字で検索してみてください)


実は確認しようと本日昼前から会員登録して、ビューワーをダウンロードして、いよいよマンガをダウンロードするんですけど、いろんなところでつまずいちゃって、なかなかできなくて。。。。

やっとダウンロード完了したらしく、my本棚に格納されたんだけれど、どうしても開くことができないのですよ。。。。

うーーーーーーーーーーーーーーーん。。。。。

しかたないから「問い合わせ」中でございます。

まったく、このあたりのことに全く疎くて、ほんとうに困ったもんです。

もし無事に読めたよ!というかたがいらっしゃったら、ぜひご報告を。お待ちしております。

わたくしも、確認が取れ次第またこちらでUPいたしたいと思います。

____________________




では最後に、少女漫画らしい3コマを紹介して本日はこれにて!


留美と寛太


ヒロインの相手役が二重あご!!ここ大きなポイント!


*************************
2016年3月現在
各サイトからのダウンロードは出来なくなってしまっています。
申し訳ございません!

出版、配信元、大募集中です!
**************************


◆作品記事一覧◆

Category : 漫画の話
Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 0 comments  0 trackback

トルコ料理とベリーダンス満喫

昨日は、赤坂にあるトルコ料理のお店『アセナ』に行ってきました。


夏に入った頃『そのうちいきましょう』と言ってゆる~く約束していたメンバーとこのお店。
8月には『近いうちに是非』とまで言ったものの、なかなか日程が合わず、ズルズル。。。


今、「近いうち」という約束をズルズルするのは、ワタクシ的にいや~~~な感じ。

野田総理に『早く解散しろ!近いうちって言ったじゃないか!!』と大声で文句を言う手前、

【私自身、誰かと「近いうちに」でした約束は、前倒してでも実行しようキャンペーン】期間中なのです。


ってなわけで、参加メンバー皆が都合のついた昨日にお店を予約していただき、集合となったのですが。。。

そんなキャンペーンのせいもあり、なんだか最近よくお会いしてますね、、、っていうタイミング(笑)

実は九月場所千秋楽に同行したメンバー。。。。はい、まだ二週間たってません。
一人をのぞいたら月曜にもお会いしたばかり。


そんな状態にもかかわらず、話は弾んで楽しいひと時を過ごさせていただきましたーーーー。

いやほんと!


**


お料理、美味しかった!
アセナ1


もう15年以上経つけれど、結構長い間トルコを旅行していたこともあり、なんだかとっても懐かしい味に感じます。
アセナ3
アセナ4


数ヶ月の滞在で、海外旅行にありがちな『日本のお米が恋しい!』ということにならないぐらい、トルコの食べ物は美味しくて、自分の好みにもあっていたんだけれど、日本で味わえるところはなかなか無いですから。。。

もしかしたら15年ぶりに味わうトルコ料理のお味!だったかもしれません。



で、先日の枡席再びじゃないけれど、皆さんお酒が進みます。
アセナ2

ちょっとペースが早いです。
そしてそれに余裕でついていく自分。。。。(笑)

昨日気づいたことだけれど、私は無意識に空気を読んで飲食ができるらしく、同席した人達がお酒を飲まなければ飲まなくても全然平気だし、食べる量が少ない人とだと、何となくそれに合わせて食べてる感じ。それでも十分満足して、楽しめちゃう。


『おいしいものは何を食べるかじゃなくて、どう食べるかで決まる!』

っていう誰だったかの名言じゃないけれど、楽しんで飲食する才能があるんだな、私。


てなわけで、昨日はなんとなくペースばっちりあわせて、飲む飲む飲む。。。

料理もおまかせコースでどんどん出てきますから、食べなくっちゃーーーもぐもぐもぐ(笑)


いやあ、満喫しました。

ほんと美味しかったし、楽しかった。

**

で、アセナでは金曜日はベリーダンスナイトだそうで!

ソロのダンサーさんが登場!

アセナベリー


このお店の常連である、画伯もあ@花さんも、お頭さんも、ダンサーに促されてお店のセンターへ!
それだけじゃなくて、よそのテーブルのお客さんを踊りに誘うサービス精神!
おかげで店中大盛り上がり!
素晴らしいーーー!


え?もちろん私も踊りましたよーーーー!

しかし、かなり満腹だったので、お腹は動かせないし、脇腹痛いーーー状態になりました。
まるで5時間目の体育みたい(笑)

そして、踊ったら間違いなく、酔いが回ります。。。。!!

こんな満腹と酔っ払い状態で踊ったことなかったから、ちょっと油断してました。

予定より2割増しの酔い。。。

**


朝起きたら画伯もあ@花さんも、元気に「二日酔いなしでーす」ってツイートしてる。。。

私はちょっと、『あー飲んだなーっ』て思うぐらいの残り方。。。

まあ、二日酔いはしてなかったですけど。


でも、心ゆくまでグビグビ飲める『飲み友』が最近居なかったので、かなり嬉しかったりします。

ご一緒した皆様、ありがとうございました~。
ぜひともまた誘ってくださいませ!酒盛りに!

**

そして本日は、昨日久しぶりに生のベリーダンスを見て、ちょっと火がついてしまい

お昼過ぎからずっと、ベリーダンスの曲なんかかけまくってます。

レッスンに行かなくなってもう2年半以上経っちゃったけど、また踊りたいなーーー。。。


Category : ベリーな日々
Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 4 comments  0 trackback

『完成!!』って言わないと本当に終わらない(笑)

『完成!!!』


完成!

夏からずっと描いていた油絵。。。。

ネチネチネチネチ、描き続けていたこの絵。。。。

例の、水可溶性油絵の具です。

油絵の具は上からどんどん重ね塗りすることができるので、
ちょっとでも気に入らないとまた、重ね塗りしてやり直したりできちゃう。

元々ネチネチ描くのが好きなもんで、

「油絵って、完成がいつかわかんない。。。」

などと呟きながら、夏の間中、この絵に取り組んでおりました。

(他の絵と同時進行で)

途中経過2(描き始め)
これは描き始め、初日ですね。

一番大きなこれが最後まで残っていて、いい加減に完成にしようよーと自分ツッコミ。

途中経過1
もう塗る所ないんじゃない?
えーでもあとちょっと。。。
またやり過ぎると失敗するよー。
えーでもあとちょぴっとだけー。。。。



で、本日、右下にサインを入れて『完成!』。

いえね、本当はもう何日も前に描き上がっていたんですけれど、そのサインを忘れていたんですわ。


***


で!

今日の午前中、サインを入れるためだけに、パレットに新しい絵の具を出して

サインをしていたんですけれど、、、、

途中で宅配の兄ちゃんがピンポーーーーンとやってきて、、、

作業している手を止めて、机を離れたんですね。


そしたら、、、、、


ぎゃーーーーーーーゴエモン!!!!


ゴエモンがパレットの上にダイブしちゃって!!!!

お腹のフサフサの毛に、絵の具があああああああ!!!




幸いサインするためだけだったので、パレットにひねり出された絵の具は少量。。。。

でもでもでも、あああああ。。。。


風呂に入れるほどでは無さそうだったので、ゴエモンを何度もガシッと捕まえて仰向けにさせて

絵の具を拭き取り、絵の具用の洗剤で掴み洗いをし、お湯で絞ったタオルで嫌というほど拭き取り、、、

はじめはじっとしていたゴエモンも、いい加減機嫌が悪くなって

わたくしの腕をガジガジガジ!!!

痛いっつーーーの!
あんたが悪いんでしょうがーーーーーー!!!!

フニャーーーーーーーーーーーーーー!!!!


猫って、攻撃的になってる時って、甘噛の時と違ってヨダレがちょっと臭いんですよね。

牙の跡もかなり腫れるし。。。。本気に機嫌悪い感じがありありと。

しかしては抜けない飼い主魂。

だって猫は自分でこれ、舐めて落とそうとするわけですから!!


じっとしろーーーーーーーーーーー!!

うにゃあああーーーーーー!!



**

とはいえ、絵の具の量が少なかったのと、気がついてすぐに対処したので、まあ、大事には至らず。。。


その後、一部分だけ湿っている自分の毛皮を、一生懸命グルーミングするゴエモンでした。
必死でグルーミング
ゾーーーリ ゾーーーリ ゾーーーリ。。。


しかし、この絵の具は毒性が普通の油絵の具よりかなり低いみたいで、そういった意味でも今のわたしにはありがたい画材です。

ちなみに毒性の強い絵の具だったら、迷わずバリカンですね。


**


さて、そんなこんなでやっと完成したこの絵。

お披露目するところを探し中です。

なのでここで全貌を(正面写真で)お披露目するのは、しばしお待ちくださいませー。


いや、そんなに勿体つけるようなもんでもないんですけどね。。。ふふ。。



黄昏後ろ姿
はあ、やっと落ち着いたにゃ。。。。

Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 4 comments  0 trackback

全日本力士選士権大会

行ってきました。

秋場所が終わって一週間の国技館へ。

裸の櫓

櫓も裸ん坊でなんだか寂しいですけれど、台風一過の本日は日本晴れ!真夏のような暑さでした


本日行われた大会の正式名称は

明治天皇御生誕百六十年祭
明治神宮秋の大祭奉祝

奉納 全日本力士選士権大会


と申します。


タイトル
クリックしたら拡大されます


お昼からのトーナメント戦に先立ち、午前中に明治神宮で横綱手数入(でずいり)が奉納されました。
白鵬、そして新横綱の日馬富士ですね。
台風が近づいていたときはどうなるかと思いましたが、青空のもとでの手数入となってよかったですね。



さて、その横綱の手数入を見るのは今回はパスして開場時間に合わせて国技館に直行したわたくし。。。

明治神宮崇敬会に入って一年足らずのわたくしは、この日の様子が前もってあまりわからずちょっと緊張したんですけれど、そこはほれ、国技館には慣れているということで、、、(笑)
開場と同時に枡席の、まあまあのところをゲット。
けっして出足が良かったわけではありませんが、全く問題なし。

声をかけた相撲ファン仲間も合流し、開始までの時間もお相撲談義をして、お弁当を食べていたらあっという間です。
(今日はお酒なしね)笑

ちなみに隣の枡にいたご夫婦は、今回はじめて国技館に来られたとか。(崇敬会の会員の方ですね)

「テレビでしか見たことないお相撲を、この目で見てみたくてねえ」と。

たのしんでいただけたならうれしいなあ。。。


**

午後、大会が始まると、本場所に慣れた我々はむしろ「ほほう」と物珍しさで身を乗り出したりなんかして。


選士入場 明治神宮遥拝

開会に先立ち選士が入場して整列。
明治神宮に遥拝して、国歌斉唱。もちろん会場中皆大きな声で歌います。
理事長あいさつ、宮司さんのあいさつ。
優勝旗返還は昨年の優勝琴欧洲。
白鵬による宣誓。

以上が、開会式。

プログラム

その後幕内土俵入。

……えーと、贔屓目じゃなく、間違い無く稀勢の里への声援が一番大きかったですね。

そして横綱土俵入り。

新横綱の日馬富士にも、そして白鵬にも大きな声援。

日馬富士土俵入

西側にすわったので、日馬富士の土俵入の様子はお尻のショットです。


***

さて、いよいよトーナメントです。


トーナメントって番数も多いし、勝ち残ると次々と違う対戦相手と戦うので、贔屓の力士が勝ち残ったらこんなに楽しいお相撲はないですね。

某民放テレビ局が主催するトーナメントは音楽や解説がうるさかったりしますし、女子アナやタレントが土俵周りをウロウロするので大嫌いなんですけれど、今日のトーナメントはひと味違います。


なんたって幕内で優勝すると手にできる優勝旗は、、、

錦の御旗?

まるで錦の御旗。

(写真見難くてごめんなさ~い)


優勝杯はこれ。

菊のご紋の杯

中には大きく菊の御紋が。。。。



あーーー素晴らしい!!!


これ、キッセーが受け取る姿、今日は見たいとも!



しかし、この大会、検索してもなかなか結果がわからないし、
私も毎年、月刊相撲で随分遅れて結果を知ったりしてたんですよね。

今年はどうでしょうかね。

せっかくなので、今日の結果をあげておきます。
決まり手までは書いてませんけれど。


まずは二部(十両のトーナメント)

第二部(十両
クリックしたら文字が分かる程度に拡大されると思います。

十両で一番声援が送られていたのは、やっぱり高見盛ですね。
いつでもどこでも人気者のロボでした。

優勝したのは真っ赤っ赤の回しで土俵に上がった大喜鵬でした。

優勝戦の相撲は、ちょっと、えーでしたけど。



***

そして、相撲甚句と初っ切りを楽しみ、

いよいよ幕内トーナメント。

****



仕切り時間が短いので、いやあ、どんどん進みます。

それにしてもわたくしは、
キッセーの相撲の時は、トーナメントの一回戦であろうと、本場所であろうと、やっぱりドキドキするんだな。

で、今日の結果はこちら↓

第一部(幕内

キッセーは準優勝でした。

優勝する気まんまんだったわたくしは、マジで悔しかったっす。

まあ、私以上に悔しい人も、この世に確実にいるわけですけれど。。。。


錦の御旗的優勝旗を、キッセーが手にするの、見たかったな。。。


ちなみに、日馬富士との優勝戦。
新横綱より声援を浴びていたのは稀勢の里でした。間違いなく。
わかってはいたけれど、日本中の期待……が、本場所の国技館以上に、渦巻いていたように思います。

わかってはいたけど。。。

わかってはいるけど。。。。

いや、本当に。。。。。


その優勝戦の決まり手。
はっきり確認していませんが、たぶん「二枚蹴り」じゃないかな。
相撲の勝負が決まる所はありありと頭に残っていますが、一方向からだけなので、、、確信は持てず。

立ち合い後、四つに組みました。キッセーは左が上手だったかな。右の下手が、ハルマの回しを掴む手が、なんか滑ってるみたいにも見えました。ハルマの方の手はわからない。

四つに組んだときはいけるかなと思ったんだけど、次の瞬間ハルマが左に動いて右足飛ばしてましたね。
きせはこらえきれずにゴロンっつ。

ああああーーーーーーー。


でもまあ、「優勝戦まで無難に勝ち残った」という事実を褒めるのを忘れないようにしないと!
当然ですけど「下位での取りこぼし」があったら優勝戦まで残れないんですからね。

今日は国技館で、五番もキッセーの相撲が見れて、ほんとに幸せでございました。

来年は是非優勝してください。
横綱手数入も見に行きます。

みんな、本当に待ってます。

***

****
追記 ご一緒した画伯の本日付けブログに土俵上の写真が満載です。
ぜひご覧ください!
(ちなみに本文ネタの潮目が変わったって話は、拙ブログでも近々取り上げるつもり。
私の場合はもっと個人的なはなしなんですけどねw)
****

ちなみに、優勝した日馬富士。
二回戦で高安にちょいと喉輪かましてました。

準優勝戦では、ベスト4に残ったアランも、ハルマを苦しめるいい相撲とってました。


一方の白鵬は二回戦で栃ノ心に「あれっつ?」ってな相撲であえなく敗退。
ハルマがいてよかったねってな展開ですよね、これ。

前年優勝の琴欧洲は足かばっての相撲で初戦に気迫充分の舛ノ山に負けてしまいましたが、
顔を見せてくれただけでもよしといたしましょう。
カロヤンだけでなく、とにかくケガケガ力士は、早くケガを直してほしいですね。


**

そんな訳で、今日は本場所ではないけれど、花相撲というには結構真剣勝負のトーナメントの大会で、
見応え十分でした。

「これ、テレビ放送しないのもったいないよね。
優勝しても全然報道もされないし。」

とは画伯談。

ほんとよねー。


でも今日はほら、ご祭神であらせられる明治天皇様の御霊をお迎えしての奉納相撲。。。。

しっかりご覧になってくださっていることでしょう。
テレビ放送もネット中継も、なし。それで良いのかもしれませんねえ。

(いや、相撲ファンに的には見せてくれーーーーーもったいないーーーーなんですけどね!)


**


明治奉納相撲
国技館正面にあったパネル。読めますかねえ。

昭和33年。新社殿の御用材を運ぶお木曳きには、当時の幕内力士が勢揃いしたんだそうです。

知らなかったーーーーー!!!!

Category : 相撲の話
Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 8 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。