鈴木淳子✫製作日記 | 漫画家◆鈴木淳子の徒然ブログ。お仕事、趣味、日々の由無し事から憂国の思いまで

「断捨離アンな日々」今年最後の更新です

鈴木淳子の断捨離アンな日々
【理想】を捨てたらイライラが減った ~今年の猫との生活を振り返って~
 

更新いたしました♪

ぜひお越しくださいませー♪

陽だまり
陽だまりが冬のお気に入り。
「おかあにゃん、そんなにイライラしてたのか。オイラ気が付かなかったにゃ」


Category : 断捨離
Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 0 comments  0 trackback

大掃除、今日は一休み。

絵画館外観
今日はここに行ってきました!
***

はあああああ。選挙。終わりましたね!

自民党が予想以上の大勝。

3年4か月の民主党政権が終了し、自民党政権に再び戻ることが決定しました。


よかったです。。。*:゚*。⋆ฺ(*´◡`)ノ。。


「昔に戻るのか?」みたいなネガティブな伝え方をしている一部報道もありますが、私はそうは思いません。

安倍新総理は【新しい安倍政権】を作って前へ進んでくれると思いますし、特に、まずもって景気回復の政策を打ち出し、とにもかくにも被災地の復興を進めてくださることを期待しております。
(もちろん、国防も、外交も、教育改革も。。。。なんですが、【特に】ということで)

カツカレー
選挙前夜、一人カツカレー祭り開催(笑)
まさか今年、こんなにカツカレーを食べる年になるとは思いもよりませんでした。


**

さて、その選挙戦も佳境に入った先週後半ごろから、私の仕事部屋の大掃除も始まりました。

この大掃除、、、一気にやってしまいたい気持ちもありますが、体力が続かないことが分かっているので、今年は【少しずつ丁寧に大掃除】作戦で行ってます。

そうそう、12月13日、ツイッターで「今日は事始め」というつぶやきが流れてきました。

何でもこの日は新年を迎えるためのあれこれを始める日なんだそうで、昔は松飾に使う松や、お雑煮を作るときに使う薪を山に刈りに行く日だったそうです。
そう、「大掃除」を始めるにもふさわしい日だとか。

「へええええ。知らなかった。」

そしてうちの中で一番初めに大掃除をするのは「神棚」。

これは去年の暮れに参加した竹田研究会で聞いてた話しでもありまして「あ、そうそう、そうなんだよね!」


そんなわけで
今月に入ってから少しずつ年末断捨離を始めてはいたものの、なかなか本腰が入らなかったワタクシですが、このツイートをきっかけに神棚を掃除し、神棚を掃除するとあら不思議。。。。!!!!

その隣をきれいにしたい衝動に駆られ、引き続き大掃除に張り切ってしまうという。。。!!!

選挙当日も、押し入れを隅々までぞうきん掛けし、もうないと思っていた「捨」のものもザクザク出して
昨日も朝から選挙の結果をチェックしつつ、大掃除&断捨離。

今年の大掃除はちょっと模様替えなんかもはさみつつ、着々と進めているわけです。

選挙も終わったし、政権交代するし、私の部屋の大掃除もばっちり終わらせて、すっきり気分で新しい年を迎えられそうだわ!!!!!

ふふふふふ~~~♪

**

でも今日はちょっぴり一休み。


お友達と『年内、一回会おうよ』という事で、ゆっくりランチとおしゃべりを楽しみました。


お昼前に 信濃町駅で待ち合わせ、私が以前から行きたかった聖徳記念絵画館に付き合ってもらいました。

聖徳記念絵画館。。。。それどこ?と思われる方も多いかもしれませんが。。。

神宮外苑の銀杏並木、ここは有名なので御存知の方も多いと思いますが、その奥にある建物。
イチョウ並木
イチョウが見ごろのころの写真、ネットでの拾い物です。今日はもうずいぶん落葉してました。


そう、この真ん中に見えてるレトロな建造物。聖徳記念絵画館でございます。


------------------------------------------------------------

聖徳記念絵画館は、明治天皇・昭憲皇太后の御聖徳を永く後世に伝えるために造営された、神宮外苑のシンボルともいえる存在です。

青山通りの外苑入り口から銀杏並木越しに見る景観は、東京を代表する風景のひとつとして広く親しまれております。現在では、東京都の景観条例により、その周辺を含めた風格ある景観として守られることとなりました。

館内には、明治天皇・昭憲皇太后の御在世中の御事蹟を伝える大壁画(縦3m横2.5~2.7m)が、画題の年代順に展示されており、当時の出来事を時代を追って見ることができます。

知識を世界に求め、旧弊を退け、近代化への大きな飛躍を成し遂げた明治の時代。

その只中に居るような錯覚さえ懐くことのできるところです。

---------------------------- 聖徳記念絵画館HPより転載 --------


いやあ、大迫力の絵画がずらーり!

歴史の事実 そして 文化としての絵画
その両方のすごさに圧倒されます!!!

一枚一枚、違う画家さんが丹精込めて描いた歴史の絵画。

真剣に見れば見るほど、伝わってくるエネルギーも膨大。


そんなわけで、今日は前半、日本画の部分のみの鑑賞で終了いたしました。

まあ、無理はせずに。。。。(笑)

**

その後、もう落葉してしまった銀杏並木をちょっとお散歩して、その途中にあるカフェでランチ。


テラスのランチ
左にある黒い謎の塊は「竹炭のフォッカッチャ」です。

いやあ、この寒い季節に、まさか外でランチするとは!

でも気持ちよかったです。
ストーブがすぐそばにあって、ぽかぽか♪

食べ放題の焼き立てパンもとっても美味しくて、延々、コーヒーもおかわりしながら、、、、

おしゃべりターーーーーーイム!!♪


今年のしゃべり納めかな?
いやいやそれはないか(笑)


**

年末の何かとせわしないこの季節。
やらなきゃいけないことも山ほどある、、、様な気がするこの季節。

でも、あえておしゃべりタイム♪

心の底からリラックスして、
良い気分転換になった一日でした~~~~~


さあ! 明日からまた大掃除&断捨離の続きです!!!!!
**

絵画館も行ってみると結構行きやすい場所ということが分かり、残り半分の油絵も待ってますので、また、近々、行こうと思います。

Mちゃん、また付き合ってねー!


Category : 休暇っぽく♪
Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 2 comments  0 trackback

『鈴木淳子の断捨離アンな日々』☆Yahoo!ニュース個人

************ お知らせ ************

本日より【Yahoo!ニュース 個人】に


『鈴木淳子の断捨離アンな日々』 

というページがopenいたしました。

Yahoo!さんの公式ページに、個人ブログを執筆する、、、
という感じだと思っていただければ。。。



今日は初投稿で、一個前のブログを焼き直し、、、(笑)

でもイラスト描きましたので!新ネタです!

今後、毎回イラスト入りで断捨離ネタを綴っていきます。

この本家ブログ『ひのまるにゃんこ』 共々、ご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。


**********************************

Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 0 comments  0 trackback

よおっ!!中村屋!!!!



(✿╹v╹)ノ☆.。₀:*゚✲゚*:₀。 よっ 中村屋っ☆




中村屋連獅子






中村勘三郎さんがお亡くなりになりました。

心よりご冥福をお祈りいたします。

残念です。本当に残念です。

悲しいです。本当に悲しいです。




実は昨日、鏡獅子を描きたくて勘パパの写真をいっぱい見直してました。
私の歌舞伎歴はそんなに長くはないけれど、歌舞伎を見始めたころのからの筋書きには
途中で中村勘三郎になった中村勘九郎のお名前がいっぱいあります。

一昨日は所用で東銀座まで行ったので、工事中の歌舞伎座の前まで行ってみたんです。
春の新歌舞伎座のこけら落としには中村勘三郎は何のお役をやるのかなって、工事中の青いシートで囲まれた歌舞伎座を見ながら考えてました。

…私自身がしばらく歌舞伎から離れてたんだけど、この数日急に引き戻されてる感覚がしてた…。




まさかこんなに早くお別れすることになるなんて、、、、、><。 残念です。本当に。


でも、長い長い歴史のなかで、同じ時代に生きることができて、『18代中村勘三郎』の生の舞台を心から楽しむことのできた私は本当にラッキーで、幸せだったと思います。

そしてこれからも続くであろう、勘くん、しっちーを始め、中村屋の皆さんの舞台を楽しんでいきたいです。



ありがとう、勘パパ。
ほんとにほんとに、大好きです。






******

いま、歌舞伎座チラシコレクション(自分の見たもの全部)や舞台写真など引っ張り出してきて、勘パパのたくさんの舞台の上のお姿を思い出してます。

そしてもう一つ思い出したのが、歌舞伎座での出待ちで勘パパのサインをゲットした時のこと。

たくさんのファンにも一人一人に笑顔で対応してくれる優しい役者さんでした。
舞台の感想を述べるとまるで旧知のお友達のように気さくに言葉を交わしてくれました。

キャメルのダッフルコートの勘パパの手はふっくら分厚くてあたたかかったことを思い出します。

勘パパサイン(勘九郎時代)

****

Category : 歌舞伎の話
Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 4 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。