鈴木淳子✫製作日記 | 漫画家◆鈴木淳子の徒然ブログ。お仕事、趣味、日々の由無し事から憂国の思いまで

和本リテラシー

★自分メモ★




国語なのに、読めない。
これは本当に悲しいこと。
いまからでも回復できるのだろうか。。。。


Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 0 comments  0 trackback

白鵬見逃したからコクホウを♪

今日は国技館で 横綱審議委員会のけいこ総見が一般公開されました。

いとしいきっせーの仕上がり具合も
蒼国来の復帰となる土俵も気になりますが、
わたくしは午前中に予定があり、行くことができず…。。。

もちろん横綱白鵬も見れません。

その代わり~~~~~ってわけではありませんが、午後からコクホウを見に行くことにいたしました。

黒鵬?

いえ、国宝です。

130427_1445+01_convert_20130427201516.jpg

**


はい!ぐるっとパスの出番です!!


いや、ちょっとハイペースですし、そもそもGWはきっとどこも混んでいるに決まっているので、出かける気はなかったのですよ。

ところが、あれこれ調べていてわかったのです。

「ゴールデンウイークだけ特別公開の国宝」がある

ということが。。。。。


**


先日国立博物館で『新指定の国宝・重要文化財』を見て、

「やっぱり国宝って違うわあ~」と思ったばかりだったもので、

そしてなんとなく「期間限定」とか「特別公開」には弱い。。。


「これは…やっぱり行っておかないと…見ておかないと…よね…」


そんなわけで、ゴールデンウイーク初日に思い切って出かけてきたというわけです。


**

130427_1307+02_convert_20130427200814.jpg

行き先は 【五島美術館】

お目当ては 国宝『源氏物語絵巻』

じっくり堪能してきました。

12世紀に誕生したこの絵巻(五島美術館は四場面所蔵)は「詞書」も「絵」も筆者不明。

でも作品そのものが残っていて、900年後の日本で「国宝」として扱われているなどと、作者は思いもよらなかったことでしょうね。

そして平成17年に、この絵が「復元模写」されており、それも同時に展示されておりまして…
この鮮やかな色彩にすごく新鮮な気持ちになりました。

↓復元模写の様子がまとめられた一冊



こういった歴史的な絵画や書はくすんだ色彩が当たり前だと思っているのだけれど、描かれた当時の人たちの「感覚」が、『セピア色の思い出』じゃなくて、やっぱり当然『新鮮な思い』がどの時代にもあった訳で…。

そんなことを思わずにいられませんでした。


国宝「源氏物語絵巻」はただただ素晴らしかったけれど

「復元模写」の4枚の絵はいろいろなことを考えさせてくれるものでした。

そんなわけで、今日は訪問前には想像していなかった体験ができました。

**

130427_1442+01_convert_20130427201352.jpg


初めて伺ったのですが、いい感じの美術館ですね。

それなりに人出はありましたが、上野や六本木の美術館とは違って

か―――なりのんびりした時間と空間を満喫できました♪
130427_1440+02_convert_20130427201246.jpg
130427_1440+01_convert_20130427201213.jpg


展示ももちろんですが、庭園もなかなか♪

今の時期は新緑の中を散歩ができてとても気持ちがよかったです。
130427_1435+01_convert_20130427200940.jpg
『皇紀2600年 皇太子殿下お手植えの松』


唯一、飲食のできる施設がないのが残念。

あの庭園で和菓子とともにお茶ができたらすばらしいのになのになあ…。
130427_1437+01_convert_20130427200915.jpg


とはいえ、東急上野毛駅からもほど近いですし、訪問しやすい美術館でした。

5月6日までです。
興味のある方は是非どうぞ♪


**

さて、予定外のゴールデンウイーク初日からのお出かけでしたが、美術館ではとても充電された感じ。

が、、、渋谷あたりを通過するのはさすがにきつかったです。

山手線も渋谷から池袋までは混みこみでしたねえ。まあ、それはいつものことなんだけど。



130427_1443+01_convert_20130427201419.jpg

帰宅してからまたゆるゆると庭園の空気や展示内容を反芻して、ゆったり感覚を思い出しています。

**

追記!

五島美術館の庭園は基本的になので、ハイヒールでは厳しいと思います!
お気を付け下さい!

庭園内、高低差35メートル。。。
散策しながら登って降りて… 今日も足がだるいです。。。

Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 2 comments  0 trackback

上野は新緑♪


130424_1152+01_convert_20130424201205.jpg


今日は予定していたお出かけが雨で中止になりました。

予定は順延になったわけですが、なんとなく「お出かけモード」で準備していたのと、

この天候が逆にチャンスかも?  ということで、午前中から出かけてきました。


行先は上野!


そう、噂の「大神社展」

国立博物館はいつも人がいっぱいなので、雨降りや悪天候はチャンス…?

しかもGW直前だし…。


そう思って出かけたわけです。


**

が、今日は一人だったので上野駅ではなく鶯谷駅で下車。

人が少なくていいんですわ。


すでに小雨が降っていましたが、新緑は美しく、なかなか気分良く歩けます。

130424_1047+01_convert_20130424200841.jpg
振り返れば寛永寺の敷地の上にムサシ君が見えます♪

ここ、これから行く博物館の敷地内。
130424_1046+02_convert_20130424200802.jpg

裏庭の草花も写真に収めたりしつつ、、、。

もうちょっと歩いて…
130424_1051+01_convert_20130424200906.jpg

国際子ども図書館にはこいのぼりが♪


**

この周辺に詳しい方なら行く道が違うとお分かりですね。

はい、国立博物館、大神社展の前に…

130424_1053+01_convert_20130424200931.jpg


これもまたGW前に来ておきたかった東京藝大コレクション展


これは【ぐるっとパス】がなかったらスルーしたかもだけど…

行ってみれば「やっぱり見に来て正解」と思う作品に出会えるものです。。。。

ポスターになっている上村松園の「序の舞」はやはり圧巻でしたし、
もう一つ、小堀鞆音(こぼりともと)の「武士」がかっこよかった♪

立体工芸作品にも、気になる狐さんがいました。

そして特集展示の「都市を描く―映りゆく東京と画家」では江戸から東京に移り変わる時代の風景が写真でなく絵画でのこさえていて、それを集めて展示されていましたが、
「ん?ついこの間まで浮世絵の世界だったんじゃんか、東京って」を妙に実感。

東京市の十五の風景を描いたシーン…一つに赤坂の氷川神社がありましたが、先日散歩に伺ったばかりだったのでまじまじ見ると…ここは描かれた大正時代と変わっていないですね♪



展示数はそう多くないですけれど、じっくり見るとそれなりに脳みそも脚も疲労します。

休憩所で一息ついて、天気の様子を見ながらその後の予定を考えます。

130424_1152+02_convert_20130424201226.jpg
(この時点で大雨―――とかだったらそのまま帰宅も考えていたのですが)

思ったほど降っていなかったので、このまま国立博物館に移動しました。


**

130424_1225~01

人が少ない。。。。これはマジでラッキーだったかも♪

早速チケットを買って、平成館へ!

(ぐるっとパスで100円引き。これは前売り買っとけばよかったな。
いや、前売りって買ったためしないんだけど)


が、入場前に休憩所で一休み。(またかい)


館内入ってすぐ左の無料休憩所に「鶴屋吉信」の売店が出ていて、その場でいただけるお菓子を一つ♪
130424_1233~01

「つばらつばら」

平成館の展示は量が多いのわかってますから、糖分補給も致し方なし!

これ、ちょ―――――美味しい♪

もちもちした皮がなんとも!!!

130424_1238~01



**

などと脱線はほどほどに、いざ大神社展へ!


大神社展は6月2日までですが、「七支刀」が前期だけの展示と聞いて、ちょっと焦っておりました。

GWに入ればきっと人も多いだろうし、今日はもしや私にとって最後のチャンス?!と思う日程だったのです。


そんなわけで、(ここにしては)人も少なめだったので、ゆっくり展示を拝観してきました。


なんというか、もう、いろいろすごいなあとしか言えない…。


仏像仏具などもそうなのですが、本来あるべきところから移動させて美術品として見るのってどうなのかしら?

という思いは今回もあったのですが、いやそれでもやっぱりこれだけのものが一堂に集められると、四の五の言わずにすごいと思えた人の勝ち!みたいな気持になりました。

神社から運び出しても、その物の発するパワーはやはりすごいのだなあと。。。

(あ、すべてが神社からの出品というわけではございませんが。念のため)


お目当てだった七支刀もしっかり見ることができました。表も裏も。

きのう同様ガラスにおデコぶつけそうになりながら……。

春日神鹿御正体 …もかなり見とれてしまいました。

じっくり見れてほんとよかったです。


でも見終わってみて、帰ってきてこうして思い返すと、案外予期してなかったモノが印象に残っていて、それがまた自分的に面白いなあと思ってみたり。

(子持勾玉ってあれなに!?…とか 笑)

**

さてさて、神社のパワー、、、というか日本の奥深さのすごすぎるパワーと言った方がいいかな、そんなエネルギーに若干酔いながら、全展示を見終わりまして。。。。


このまま帰宅しても良い感じなのですが、人が思ったよりも少ないといろんなところに目が行っちゃうもので、

『平成二十五年新指定国宝・重要文化財』

が特別に展示されているとか…。。。


チケットもこのまま特に必要ないので、これだけちらりと見てこようと、案内板の矢印に従い、本館特別室へ……。



**

はい…。。。。

国立博物館の本館に行かれたことのある方ならお判りでしょう。

途中、各部屋の展示そのものが、全部立ち止まってみたいモノばかりなわけで。。。。。


道々に罠が仕掛けられているようなもの。。。。

しかし、このころになると私の体力も残りわずかだと自覚もあったので、ここはぐっとこらえて、、、、。

あれとこれとそれと……だけ立ち止まって拝見。。。。

あとは今日は、もういい!!!


きのうの今日だし、これ以上いろんなもの見ると、もうわけわからなくなるのも目に見えてる……(笑)


**

で、新指定国宝・重文の展示も、国宝を重点に、さくっと…なるべくサクッと…

ああ……

なんて…無理いいい…



まあ、この展示室だけは、じっくりいきました。


国宝・重文って、こうやって新しく指定されていくのだということも知りませんでした。
(というか、改めて考えたこともなかった)


新しく重要文化財に指定された物には、縄文、弥生、古墳時代の出土品もありましたが、江戸時代~昭和時代 という、比較的新しい写真や資料もあって、それがまたビックリ。

実際その資料を見ると、和紙に墨で書かれた東京大学史の記録であったり、写真というものが入ってきたばかりのものであったり、充分歴史的価値の高い物のわけです。

こうして昭和が歴史となっていくのだわ……

時代は前に進んでいるのですね……



なんてことをやけにしみじみ感じました。



そして…

ん……デジャブ?……

じゃなかった(笑)


昨日見たばかりの土佐光吉の源氏絵も、新しく重要文化財になったということで展示されておりました!


さすがに2日連続で見ると、「このマンガみたいな形のもくもくした雲は土佐さん!」とわかってしまいました♪

今度、この雲真似しよう♪



さて、このまま本館を出て帰路につきたかったのですが

傘を平成館の入り口に預けているのでまた引き返し…

もう歩くの嫌…


でも帰らなきゃ…
130424_1530~02
本館の休憩エリアの壁♪



帰りに寄るつもりだった上野公園内の茶屋「喫茶去」までも行くことができず、

気合い入れ直して鶯谷駅までがんばりました。

鶯谷駅の前の角の御蕎麦屋さんが気になりつつ、今日は速攻で電車に乗って帰りましたとさ。



**

でも今日の学び。。。。

上野駅の人混み歩かないと、疲れ方が違う!!!


お疲れ様でした~~~~。








130424_1219+01_convert_20130424201247_20130424202222.jpg

足だるい。。。。。。。


Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 2 comments  0 trackback

ぐるっとパス

今日はこんなところでゆるゆるしてました。


130423_1510+01_convert_20130423224756.jpg


いや、ゆるゆるなんかしてないな。


じっくり見てきました。


これ

130423_1630~01

出光美術館です。

帝劇のビルの7階。


結構な量の展示にじっくり見入った後、一息入れられる休憩エリアからの眺めでございます。


ソファアにどっかり腰かけて、お茶をいただき(紙コップ茶が無料で提供されてます)

ほっと一息ついて

皇居のお堀と緑を眺め

…なんて贅沢な時間。



主題の「源氏絵と伊勢絵」…。


展示物は全部ガラスケースの中なので、何度もおでこと眼鏡をガラスにぶつけてしまいました。

ごめんなさい。


もっと近くで見たい~~~~~という感じの細密な絵と

ひきで見て迫力~~~~!の屏風の仕立て

どちらもなかなか堪能致しました。


今、なんとなく日本画の「金」に心惹かれます。

あと青と緑。。。。きっと色の名前ちがうんだろうな。

青は群青? 緑は何だろう?


まあ、今日が細かいことは置いといて、ただただ観てきました。

美術館が用意したキャッチフレーズ「描かれた恋物語」までは堪能しきれませんでしたが

土佐光吉の生きた時代が(1539-1613)だったと聴いて

関ヶ原前後の日本は戦ばっかりしていたわけではないのだと改めて思ったわけです。

いつでも、どんな時代でも、こうして絵を描き続けた人がいたんだなあと。。。。


だからこその文化の継承なのですよねー。。。。


**


ところで、今日はこんなものを買ってしまいました。

130423_1629~01

ぐるっとパス



これ、提携の77施設(美術館や博物館、動物園も♪)に無料で入場できたり、割引があったり。

で、一冊2000円。


よくよく見てみると、この春見たいなあと思っていた展覧会もいくつか入っていて、2000円なら充分元が取れそうな感じ。

そんなわけで今日を機会に購入し、さっそく使ってみました。

(今日の出光美術館は200円の割引き)

有効期限は今日から二か月間。


………

………


おい!原稿製作期間に入るというのに、、、、いいのか?

という自分突込みもないわけではありませんが、

いや、だからこその【出不精防止対策】でもあるわけです。

夏の暑さでまた外に出たくなくなるまで、せめてまめにお出かけいたしましょうと。。。


せっかく、近くでこんなに素晴らしい展示をいっぱいやっているんだもの。。。



実は見たい展覧会を調べているうちに、芋づる式に「見たい!」というものがどんどん出てきてしまったのです。。。。


うん、これもまた出会いだもんね。

行けるときは行っておこう♪



そんなわけで、まあ、全部がぐるっとパス対象ではございませんが

今年の春は芸術の春!

のつもり!!!!!

(あくまで予定!!!!)


130423_1525+01_convert_20130423224913.jpg

Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 4 comments  0 trackback

物々交換という☆断捨離サイクル☆

数週間前のこと。

訳あって我が家にお米が余っており、そのことを嘆くツイートをしたところ、
いくつかアドバイスをいただきました。


ずるずると古米になってしまったものは、フォロワーさんのアドバイスから甘酒を作りました。
最近では甘酒にはまっております。

甘酒



普通にお湯で割ってしょうがをすりおろして溶いたり、
牛乳で割るのもお気に入り。
凍らせた甘酒はシャーベットみたいな硬さなので、ヨーグルトに混ぜたりすればこれからの暑い季節に活躍しそう。

お料理にも味醂やお砂糖の代わりに使ってみましたが、優しい甘さになってとってもおいしい。
きんぴらごぼうも煮魚も、なんだか料理上手になった気分です。
ただし、お米の粒々が「ごぼうの隙間からこんにちは」ですけど。

蒸しパンやパンケーキの砂糖代わりに加えると、これがなんだかふわふわもちもちに出来上がって非常においしいのです。
蒸しパン

フェイスブックにはいくつか写真入りでアップしておりますが、ブログでもそのうちまとめてUPいたしますね。



**

一方、新米であふれている分は、私の嘆きツイートを見たフォロワーで友人でもある小暮画伯

「うちにあるモノと何か交換しましょうか。たとえば梅酒とか…」
と、有り難いお申し出ツイートを!!!

梅酒!それいい!ナイス!

そんなわけで、若干過剰気味のお米を昔ながらの物々交換という、「断捨リサイクル」する運びとなったわけです。

**

で、昨日。

「米は重いでしょうから」と、画伯がわざわざ近くまで足を運んで下さいましたので、せっかくなので巣鴨観光をすることに。

巣鴨商店街2

画伯撮影の写真です。


巣鴨に住んで10年のわたくし、もうこれが日常になってしまっていて、なかなか新鮮な目で街を見ることができなくなっているようで、帰ってきてカメラを見たら、食べ物のアップばかりでした。


あ、でも東京六地蔵の写真は写しました♪
六地蔵

東光院眞性寺

たまにこれが巣鴨地蔵と勘違いして帰ってしまう方もおられるとか。。。。
いえいえ、有名なとげぬき地蔵は商店街を歩いてまだ先です。


4のつく日は縁日で、おばあちゃんたちであふれかえるこの商店街。
この日は人も少なめで歩きやすくてよいよいと思っていたら、画伯が「人でにぎわっていていいですなあ」と…。
最近シャッター街を歩いたばかりということで、巣鴨の景気の良さに感心してました。

やっぱり今の日本は、高齢者が元気だからなあ。

とげぬき地蔵に痛みを取りたいと思ってくるお年寄りたちも、ここまでくる元気があるのだから、充分元気よねえ。。。
マルジ(赤パンの店)


**

で、とにかくお地蔵さんのある高岩寺でお参りを済ませ。

商店街のお店を冷やかしつつ、お昼ごはんのお店をチョイス。


赤坂でいつも美味しいものを食べている画伯だからなあ、巣鴨で気に入ってもらえるようなお店があるかなあとちょっと心配だったのですが、この日は私も初チャレンジの干物を専門に扱うお店でお昼の定食をいただくことにしました。

この後、甘味を食べる予定だったのでご飯を残す予定が、ぺロリと平らげてしまったことで
全体の美味しさを想像してください。(画伯は大盛り)
干物の定食


食後は庚申塚もお参りして、商店街を縦断。
途中ちょっとわき道にそれて細い路地に入ってみたり、ちょっとした下町散策。

引き返すときにはおばあちゃんたちにまじって買い物なんかもちょいとして

商店街を往復したところで 私のお気に入りのお店の一つ、
夢の味きりん(甘味処) であんみつをいただきました。

フルーツあんみつ
餡蜜全景w

画伯も絶賛してくださったあんみつw よかったよかった。


女性の友人とお茶を飲みながら数時間というのは、私もよくある経験ですが、昨日はそのレベルで長居をいたしました。酒なしで!あんみつとお茶で!!
というのも、画伯とは微妙にかぶった業界の住人だからこそ弾む話も多く、昨日は漫画を描くときに使う何てことない道具の話を食い入るように聞いてくださったり、私は私で画伯の個展の裏話なんかを興味深く聞き入って楽しみました。

いやあ、おもしろい話がいっぱい聞けました。。。。


で、最後に待ち合わせをした駅で、この日の本題
「お米と梅酒の物々交換」を行って、この日はお開き。

期せずして食品の物々交換だけでなく、画家と漫画家の情報交換もできて
これは有効利用していきたいと思っております♪

(画伯、「ミスノン」ですよ。ぜひ使ってみてね)

そんなこんな、非常に満足な一日となりました。
画伯、ありがとうございました。
また遊んでくださいね―♪


***

そうそう、昨日は私の誕生日。
それを知らずに日にちを指定してしまった画伯に
「私誕生日なの~~~ん♪」と予告をしておきましたら

画伯からプレゼントをいただきました♪うしし。

あんこジャム!


って、とらやカフェのあんこのジャム!!!!???
これはみごとに最近の私のツボをついた一品でございます♪

甘酒入りの蒸しパンを作って、このジャムを添えていただこうと思います♪

画伯、ご馳走様でしたー!!!

Category : 休暇っぽく♪
Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 4 comments  0 trackback

平成25年 靖国奉納相撲

昨日は、靖国神社の奉納大相撲を見てきました。


原稿に入ったばかりなので、無理やり九段方面に用事を作ったりなんかして、そのついでに?

お江戸の町もすっかり葉桜、新緑の季節になっております。

130405_1312~01


朝の土俵祭りから…というのは無理ですが、お昼過ぎの昇殿参拝のための力士と親方衆の行列を見ようと、1時過ぎに神社に行きました。

八重桜はまだ見頃。
130405_1341~01
130405_1342~01
葉っぱと花の色の割合的に、桜餅っぽくておいしそう♪?

もちろんまずは参拝をして、英霊の方々にごあいさつ。


境内には「相撲場は満員で入れません」の看板が出ていましたが、私がお目当てにしていた行列を待つ人たちは人垣ができるほど…というまではいかず、さくさくっと良い場所をキープできました。
130405_1317~01
花びらを掃き清めるも、次々に風に舞う花吹雪…


時間の読みもばっちりで、10分ほどで昇殿参拝の時間となりました。

が、ケータイカメラの操作に手間取り、ろくな写真が取れませんでした…しくしく。

でもいいの。稀勢の里が見たかっただけだから。
SN3S0422_convert_20130406085550.jpg


久しぶりに本物のきっせーを拝みたかっただけだから♪

SN3S0425_convert_20130406085629.jpg

(いつも使わない連写機能を使ったら、よくわからないうちにシャッターが下りてた)


このあと目の前2メートルのところを行列が通過したので、ばっちりぴかぴかきっせーの姿を堪能できました♪
(この目で凝視するために、至近距離からの写真はありません。)



なんか、久しぶりになまきっせー見て、泣けるぐらい感動している自分がいました。

なんなんだ?!

近すぎて声援するのも恥ずかしかったけど、木の陰から「稀勢の里ーーー」と声をかけました♪(ちょっと控えめに)

そのあと、高安関が通った時にも声をかけたら、なんか顔見られたかも…。。。。

さらにそのあと、若の里関に…と大きく息を吸ったら、ばっちり目が合ってしまい…
「わあ、、、、かの里~~~~」と若干情けない声援になってしまいました。

ためらいがあるとダメだよね。。。。。


**

さて、行列を見送って10分もしないうちに、昇殿参拝が済んで帰りの行列。

ちょっと場所を変えて眺めていました。

SN3S0437_convert_20130406085842.jpg

この写真を見直して
「きっせー、綱締め忘れてるよ?」 と思ってしまいました。

今年の奉納相撲あたりは横綱って思ってたもんな。

まあ、そんなに焦ってはいませんけど、早いとこ、優勝はしてほしいな。


**

さて、お目当ての生きっせーを堪能して、行列を見送ったあと

ちょっと遊就館で一休み。
130405_1347~01
喫茶の珈琲ゼリーソフトクリームのせ(150円)

クールダウンしたらすぐに帰ろう♪ 








と思っていたのですが、遊就館を出たら鬢づけのよーい香りが漂っており、、、、


ふらふらと会場方面へと。。。。。




満員で入れないという看板が出ておりましたが、そんなことはなく、

長時間で出ていく人も多いので、入場可。

ちらっと中を覗いてきました。

130405_1411~01


青空のもとのお相撲はよいですね♪

暖かかったので、野外で鼻水垂らして、寒さに震えて…ってなことなくて、良い奉納相撲でしたね。


とはいえ、お相撲を何番か見たら一周して外へ。今日はすぐに帰る日です。





が、外に出ると…

取り組みを終えた力士たちが泥着姿でうろうろ。。。。


130405_1418~01

千代の国と枡ノ山♪

サインや握手、記念撮影に応じてます。

力士との距離が近いのも、花相撲のいいところですねー♪


130405_1419~02
130405_1420~01


毎年、気候と日程に翻弄される靖国奉納相撲ですが、また一日とってゆっくりと見たいなあと思いました。

**


さて、これで本当に帰路についたわけですが、電車の中でケータイの中身をチェックして。。。


行列の時の連写機能で偶然写せていた中に

SN3S0426_convert_20130406085717.jpg
見切れているけど枡ノ山関と

SN3S0430_convert_20130406085800.jpg

日の丸化粧まわしの千代の国

が映っているじゃあありませんか~!




ってなわけで、写真的には、昨日は、枡ノ山と千代の国DAY…だったようです。


**



で、この日の結論。

カメラ欲しいなあ。ケータイのサイバーショットじゃなくって!

Category : 相撲の話
Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 6 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。