鈴木淳子✫製作日記 | 漫画家◆鈴木淳子の徒然ブログ。お仕事、趣味、日々の由無し事から憂国の思いまで

ものをつくるということ

130530_1201~01

雨の中、新橋までお出かけ。

ぐるっとです。外出ついでの短時間ぐるっと。。。。ですが。


130530_1202~01

建物の入り口でこの写真を撮ったら、ガードマンさんが飛んできて「館内撮影禁止です」と。。。。

「あ、そうなんですか?すみません」
(と言いながらこの写真は建物の外からも写せるようになっていたのでUPしても問題ないよね)

ビルそのものが撮影禁止の、ここ、パナソニック東京汐留ビル。

4階にあるミュージアムにお邪魔してきました。


今日はさくっと紹介だけ。

展覧会の詳細はリンクの先にある「動画」がとても分かりやすいのでそちらをご覧ください。

松下幸之助翁の、ものづくりのこだわりがよくわかる特別展です。

経営の神様と呼ばれていたけれど、「松下電器」が一流の大企業になったのは結果そうなったことであって、松下幸之助が目指していたところは、人に役立つものづくり、社会に貢献できる企業づくりだったということはいつか何かで目にしたことがあります。

昭和4年(1929年)に制定された松下電機製作所の『綱領』です(パナソニックHP社史

【綱領】
産業人タルノ本分ニ徹シ
社会生活ノ改善ト向上ヲ図リ
世界文化ノ進展ニ
寄与センコトヲ期ス



……「株主のための企業」とは一線を画しますね。



そしてリンク先にはなく、会場にあった松下幸之助の生の声による言葉(のパネル)を、メモしてきましたので自分メモ用に転載しておきます。
パネルは言葉そのものの抜粋でしたし、私のメモも走り書きだったので正確ではないかもしれないのでご了承ください。。。。(あくまで自分メモです!)




「最近この日本でも、アメリカでもそうでありますが、この使い捨てという言葉があるんですね。

非常に古い物の価値というのが認められなくなったと、使い捨てていくんだから十年持ったらそれでいいんだと。

こういうことを前提として設計し、製造されているということでは、やはり具合が悪いと。

世はそういう時代にだんだん移行しつつあってもですね、その中にあって、やはり”名工の作”がですね、非常に尊ばれるごとく、われわれの商品はやはり”名工の作”というようなものがですね、どこかに生きてないかんと。

そういうことをですね、考えて製造されなくてはいかんのじゃないかという感じがいたします。」

          1969(昭和44年)11月17日
          第68回経営研究会



今日はもう、「この言葉を読みに行ったんだな―」というのが感想です。はい。


現在パナソニックにお勤めの皆様も、この特別展は見といたほうがいいんとちゃいますやろか。(余計なお世話)



**

追記:

ミュージアムの出口に、この美術館の案内冊子や、次回の特別展のリーフレットとともに
「松下政経塾」の案内冊子がありました。一部もらってきました。

松下幸之助翁は経営の神様で、モノづくりの神様なんだなと実感させられた後に
人づくりはにgtdtん……。

ちゃんちゃん♪

Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 4 comments  0 trackback

武士のような男前写真が配られていたのでもらってきた。

これ、一昨日の国立科学博物館で、手に入れたものです♪
130530_0832~01



各種リーフレットがたくさん置かれている棚にありました。


国立科学博物館が二か月ごとに発行している情報誌「ミルシル」。

平成20年5月発行(通巻第3号)に掲載された 
山中伸弥教授のインタビューページが別刷配布されているのです。

5年前ですね。

サイエンス・インタビュー 科学のいま、そして未来
「万能細胞『iPS細胞』で 再生医療実用化が大きく前進」

というタイトル。

「ご自由にお持ちください」とありましたので一部、頂いてまいりました。

A4 4ページで実質記事は3ページ分。

帰りの電車6駅分でも充分読めてしまう量だったのですが、
山中教授がノーベル賞を受賞した時にさんざんテレビのニュースや新聞記事で説明していたにもかかわらずさっぱりわからなかった「で、iPS細胞ってなんなのさ」状態から、この冊子ですこーし抜け出すことができました。

「あ、そういうモノなのか。」
「それはすごい。」
「それは危険だから注意が必要。」

なるほど納得の3ページ。

もちろん編集さんが編集しておられるのでしょうが、教授の話し言葉で書かれている文章が、一番理解しやすいのかもしれない。。。。。少なくとも私は。。。

などと思った次第。


思わぬ拾い物のお土産となりました。

これ、複製転用は禁じられておりますので、文字起こしなどできませんが、
興味ある方は国立科学博物館へどうぞ!


と思ったら、科博のサイトにデータが特別公開されております。
http://www.kahaku.go.jp/userguide/book/milsil/index.html
上野に行けない方も、ここでどうぞ♪


**

130529_1835~03
オイラも男前かにゃ?

久々のゴエモン近影。
パソコンにはあまり近づかないでほしいんだけどなあ。。。。
好きなんだよねえ、そこ、、、、。

Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 2 comments  0 trackback

「江戸人展」 お江戸の人は小さかったそうな(力士除く)

昨日もぐるっとしてきました。

130528_1131~01


わたくしのぐるっとパス、相撲に夢中になっている間に有効期限の後半に突入しております。

**

二か月の期限に焦るわけではないのですが、「ぜひ行ってみたい」と思った美術館、博物館が意外と多いのでどんどんこなさないと追いつかないこと、加えて展示そのものの終了期間がどんどんせまってくるもんで、なんだか忙しい毎日(笑)

「ぐるっとパス対象の施設で今何やっているのかしら?」のチェックは当然なのですが
行った先でよその施設のリーフレットやポスターを見て知った企画に心惹かれたり、
ネットを覗いていると次々と面白そうな展示を発見してしまったり、
しかもそれが「近い」「思い立ったらすぐ行ける」圏内ばかりだったり。

一度そちら方面に自分のアンテナを立てると、入ってくる情報の多さに驚きます。
これは東京だからこそというのも大きいと思いますが。

いやあ、東京の事物館、博物館の多さには改めてびっくりです。


**

さて、昨日はこれに行ってきました。

130528_1133~01


「絵画」を中心にぐるっと見まくっていたので、この日はちょっと趣向が違う感じ。

場所は上野公園エリアにある 国立科学博物館

現在特別展で「グレートジャーニー人類の旅」というものをやっているそうです。
山手線に乗るとナイナイの岡村氏がなんだか原人(?)に変身させられたポスターを見かけますが、あれですね。

私はそれよりも、企画展の「江戸人展~からだが語る『大江戸』の文化~」というものが気になり、こちらへ。


結果を言うと私的には非常に興味深く、おもしろかったです。

「江戸時代の遺跡」というものが東京にあるというのはなんだか新鮮な驚きでしたが、そういえば先日も巣鴨商店街の一角で「江戸屋敷の跡が見つかった」と「発掘調査」をしていたのを目撃していました。
130410_1319+01_convert_20130529094808.jpg

130410_1318+01_convert_20130529094920.jpg

当時使っていた貨幣や食器などが出土していました。

科学博物館ではこのような遺跡から出土した「土葬された棺」なども学術的に調査しているそうです、、、。

いやあ、江戸時代と言えば「ちょっと前」感が強いのでそんな学術調査ってどうなの?と思わないでもありませんが、身元の分かっている方々のモノはもちろん遺族やお寺の協力のもと…行われているそうですし、まあ、私が心配することではないか。。。。

でもその調査、研究のおかげで、現代に生きる我々が知りえることも多く、未来に活かせることも多いのですよね。

今回の展示では、江戸の人たちのの顔つき、体つきがとてもよくわかり、
庶民とお武家さんの平均的顔つきの特徴などもわかりやすく紹介されていました。

130528_1159~02

(絵を描く人間にとってはとても興味深いことで、しかも大変納得するものでした。
この先、江戸時代のお話しや絵を描くことがあったら、とても参考になります♪)

130528_1159~03
長岡藩の第5代のお殿様のお顔だそうです。男前やん!

時代劇でしか知らない、歌舞伎でしか知らない大江戸の人たちの生活も伝わってくるものがたくさんあって

すごく面白かったです。


「江戸人展」展示自体は企画展示室一つ分でたいした量ではありませんが、私的には非常に見ごたえがありました。

130528_1215+02_convert_20130529094628.jpg


**

さて、企画展は常設展示の展示室に設けられるので、このまま常設展示も見ることができるわけです。

科学博物館の常設は「日本館」と「地球館」があります。

130528_1323~01
フーコーの振り子実験中。(鉄線に触れないでください)

館内の案内冊子を見て、せっかくだから興味のあるところだけでもさらっと見てみようかなあと思い、まずは日本館の展示の一室へ。。。。


科学博物館の常設展示。
この日も修学旅行か社会科見学か、学生でいっぱいでした130528_1310~01

130528_1308~01

そう、まさしく「お勉強」感でいっぱい。

学生時代、生徒時代の私だったら「退屈」と思ったかもしれない展示ですが、この日は食い入るように見てしまいましたよ。

だって、すべてが興味深い!

130528_1301~01
130528_1300~01
130528_1252~01



130528_1350~01
渋谷の有名な「ハチ公」もいました

まあ、ほぼ子供の頃に学校で教わったことです。
でもなんだか、その面白さに改めて思い至る感じ。。。

今更ながら「お勉強」し直している。。。?感じ(笑)

しかもいちいち『日本素晴らしい!』『地球ってすごい!』『自然の力って神秘!』と感動しまくり。
これって、年取ったってことなんかね(笑)

でも、だとしたら、年取るの大歓迎だな。

130528_1242+01_convert_20130529094657.jpg

安政大地震のあとに流行した錦絵。
かわら版にもこのような絵がたくさんあったそうです。


**


そんなこんなでさらっと見流すつもりが、いちいち足を止めてじっくり見ちゃった展示物も多くて、結局日本館を見終わったところで「足が痛ーい」(笑)

一休みして地球館にも行ってみようと思いましたが、いやいや、無理はいかん。そう、私病み上がりだし(笑)

結局常設展示を半分観ただけで、科学博物館を後にすることにいたしました。

130528_1244~01


**

で、上野に来たら『喫茶去』で決まり。

130528_1459~02

なんと待ちのお客さんがベンチに座っておりましたが、いやいや、ひるむことなく待ちに加わります。

ここまで来たらゆっくりいただきたいですよ。くりーむ餡蜜♪

130528_1522~01
(黒蜜かけたら朱色のクコの実が流れていっちゃって味気ない色味。。。)


ほう。

おいしい。。。。ぐふふ。。。。満足です。


**


しかし、本当は、ぐるっとぱすで入場できる上野動物園にもちょろっと足を運ぼうかと思っていたんですけど。。。。無理。

電車移動して行けたら行こうと思っていたよその美術館も、今日はパス。


侮れなかった科学博物館の常設展示なのでありました。

ちなみに、7月6日からの特別展は 『深海』だそうですよ。
ツイッターの皆さんが大好きなダイオウイカが来るそうですよ~!

Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 4 comments  0 trackback

じゅんじゅん常磐線に黒星を喫する



いってきました。千秋楽。

二階席に一人。。。。。

ケータイじゃあツイートしにくいし、電波が弱いのかメールは送れないし、

廻りにいる人の話に耳を傾けても、ついていけなかったりでなんだか妙な孤独感…笑


家で一人でテレビ桟敷している時の、ツイッター相撲部の場の共有って半端じゃないね~~~。


**

とはいえ、現地の空気感を味わうには、やっぱりライブに勝るものなし。


なんだか妙な空気感でしたね。


はい、結果は皆様ご存じのとおりです。


ああ。。。。


しかも、贔屓の力士が勝ったなら「空気感味わうだけでオッケー」な気分になったんだろうけど、

負けてしまったら、場の空気だけでは分からないままで取り組みが終わってしまった感で、すんごい消化不良、、、、。遠いから表情は見えないし、ワンセグも入らないからテレビ画面もないし。。。

う~~~ん、なんだかこのモヤモヤ、どうしましょう。


でもまあ、相撲内容は国技館どこからでもよくみえる(わかる)。

そしてどんな内容でも「負けは負け」。


あーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー。


あ、でもね、国技館のその瞬間の空気感は、私ほどのがっかり感がなかったかな。

ある意味、皆さんお相撲の楽しみ方よくわかっているというか、私みたいにきっせーだけにどっぷりつかりすぎてなくて、羨ましい感じ。


私はもう、結びの一番でハルマを応援することさえも忘れるぐらい放心状態でした。


正気に戻ったのは結びが終わって、弓取り式。。。。

木村庄之助親方が今日が最後の土俵ということで、場内が温かい拍手に包まれました。

130526_1540+03_convert_20130526213738.jpg

庄之助親方、お疲れ様でございました。


**


さて、表彰式を見ることもなく、サクサクと帰り支度の私。

逆転優勝があればパレードを観なくちゃ♪なんて思っていたのもなんだか遠い過去のよう。

正面玄関のオープンカーを横目に、両国駅へ向かいました。

130526_1741~01

**

今日はこの後、千葉の松戸にある鳴戸部屋の打ち上げに参加する予定で支度をしてきておりました。

「結果がどうでも今回は行こう」現地で待つ友人にもそうメールをしておりました。

でも一瞬、今日の一番の負けっぷりに気持ちが落ち込んで、「やっぱりやめとこうかな」とも思いましたが

逆に打ち上げできっせー本人がフル参加できるのも、いつまでもあるわけじゃあないと思い直し
(優勝しちゃったらインタビューだテレビ出演だと、部屋にいられる時間は少ないんですよね)
やっぱり参加することにして電車に乗ったわけです。




が。。。。。。!


上野で常磐線快速に乗りかえて。。。。

しばらくしたら途中急停車なんかあったりして。。。。(緊急信号だったらしい)

たった2分ほどの電車の缶詰め状態がなんだか恐怖で。。。。。


あー――――――――――――やばい。ちょっと酔ってきた。。。。

うーむ。

……ってかさ、私病み上がりじゃんか。。。

無理はいかんよ!私!


ってなわけで、現地で約束していた友達にメールをして、次の停車駅で引き返す決心。


いや、わたくしはなんたって前科もありますからねえ。。。。危ない危ないw



うん、結構ダメージあったみたいです。いろんな意味で。


本当は、今日のこの日だからこそ、行っておきたかったし、大関のお顔も拝見しておきたかったし、お声もかけたかった。

でも、まあ、しょうがない。

いろいろ、無理はいかんからね。


今日はきっせーもきくに負けたけれど、私も常磐線に痛い黒星を喫してしまったのであった。

いつでも思い通りにはいかないね。

でもこれもまた、いい経験であります。


**

とはいえ、早め早めの対応なので、倒れたとか、座り込んだとか、特にそういったこともなく、乗換駅日暮里駅構内にある美味しいパン屋さんでパンを買うことも忘れないぐらい、普通に元気に帰ってきました。

そのパンもお夕飯に美味しくいただきました♪

**

しかしまあ、今日はもうニュースを見る気もないし、録画もしていないので、稀勢の里ー琴奨菊の相撲の詳細は、後日動画を探してみようと思います。

とにかく、疲れました~。



でも、稀勢の里大好き~。
(ってそれが締め?!)

SN3S0483_convert_20130526213843.jpg

お相撲の神様今場所もありがとうございました。

稀勢の里ファンの皆様、今場所もまたお疲れ様でした。
また英気を養って日々精進致しましょう。

Category : 相撲の話
Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 2 comments  0 trackback

まだまだ~✫んふー

原稿あがったー!ということで、とりいそぎ。。。。


大相撲夏場所 14日目。

横綱白鵬と東の正大関稀勢の里の全勝対決が結び前の一番。


きっせーの今場所は、先場所までとはまるで別人。

同じ人だけど、急に大きな段差の階段を一つ確実に上がったかのような相撲を取り続けておりました。


「いける」


今日も花道を入ってくるお顔を見て、白星を確信しておりました。


が、結果は黒星。

悔しいです。本当に。

いい相撲だったし白熱したし、素晴らしい一番でした。






でも、ご本人の談「負けは負け」。
MSN産経ニュース


そう、今日は負け。それが出た結果。


それでも大一番の直後や花道をさがる時のきっせーの表情をみて、

「またさらに強くなった稀勢の里に会えた」という実感がこみあげて、じわじわ嬉しくなりました。

これぞ稀勢の里贔屓の喜び!

解説のだれかが「いつも期待を裏切る」とか何とか言っても、
マスコミのどこかのだれかが「なかなか成長できない」とか何とか言っても、
贔屓は、ファンはよく知っています。

稀勢の里は期待に応え続けてくれる。今までも、これからも。

みんなが想定しているスピードではないかもしれないけれど、着実に、確実に、未知の世界に連れて行ってくれている。
そう、ファンも一緒に、成長していくんですよ。はい。


今日のこの悔しさもまた、次につなげていくしかないのです。


そして! まだ今場所は終わってません。

明日、千秋楽の一番も大事な一番。

北の湖理事長は名古屋場所での綱取りにも言及されたようですが、まあ、それも大事なんですけれど、それ以前に、普通に大事。

いつもの「一番一番」です。

優勝だってまだ決まっておりませんからね。


自力優勝はなくなってしまったけれど、それでも可能性が残されている限り、私は今場所も諦めていませんよ。

まずは、千秋楽の一番、素晴らしい相撲で白星を!!!


そんなわけで、保険気分で予約していたチケット、活用します。
二階席で、応援してきます。

日の丸扇子もって振ってきますよー♪





Category : 相撲の話
Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 9 comments  0 trackback

PC故障騒ぎ✫後日譚

近年、わたくし断捨離でモノをたくさん捨てているけれど、

いやあ、何があっても世の中捨てたもんじゃあないですね。。。。



130524_0836+02_convert_20130524093345.jpg

うっとりにゃごにゃご あごの下のブラッシング~♡

**

先日、ゴエモンの毛玉吐きに端を発したPC故障大事件。

ユーザーの不注意での故障ということで、保証期間中ではありますが、有償修理とあいなり、

お財布の痛みは果てしなく。。。。

でもでも、ここ数年の私のネット依存を警告するかのような出来事でもあり、PCを修理に出している十日間は、なんとも静かで内省的な時間を過ごすことができ、ネットの有り難さを実感するとともに、有効な時間の使い方を再確認したりなんかする、とても有意義な十日間を過ごすことができたわけで。。。

130512_1156+01_convert_20130524093515.jpg
ご近所のバラ♪

データが損傷することもなく、無事にPCが手元に戻ってきて、今まで以上にありがたみを感じてネットライフを楽しむ毎日…と相成ったわけです。

めでたしめでたし。。。。


**

が!


ふと、頭によぎったのです。

「ん?もしや、、、、、、?」


早速押入れから契約書類を取り出し確認してみるも、文章が難解で、いまいちよくわからない。。。。

これは直接話に行った方が早いということで、近所の大家さんのところに駆け込みました。


「あの、実はパソコンを壊しちゃって修理に出したんですけれど、、、、加入している損害保険で、その手の事柄って補償の対象じゃなかったかなあと思って……」



そう、賃貸契約をする時に、大家さんに勧められて加入している火災保険。
その損害保険の対象に、家財道具を自分の不注意で壊した場合の補償という、そういう項目があったような記憶が、急によみがえってきたのです。

「ああ、そうねえ。鈴木さんは入居の時に、それで加入してるはずだよね。
大丈夫だと思うから保険会社にきいてみますよ。」




………

まじ?

………

もしかして大丈夫かも?




数時間後、大家さんから電話があり


「確認したら対象になるそうだから、書類と写真と……」

「ほんとうですかああああ?! ありがとうございますううううう!!!!
助かりますううううう!」(マジ涙目)


「いやいや、思い出してよかったねえ。お小遣いがずいぶん楽になるもんねえ」

「ううううう。(いや、お小遣いじゃなくて生活費ですけど大家さん)…ほんとにありがとうございますう」

「気がつかないとそのまんまになっちゃうからね。保険のことは覚えておいてね。」

「はい、ほんと、そうですよねえ」

「あとね、泥棒に入られた時もちゃんと補償されるからね、安心だよ」

「(え、それはいやだけど!)そ、そうですね!」



**


そんなわけで、全額というわけにはいきませんが、修理にかかった金額が大部分、損害保険によって補償していただけることに相成りました。

もう、ほんっとに、感謝です。



つくづく、すごい仕組みだわ、保険って。

そしてこのタイプの補償を進めてくださった大家さんにも大感謝。。。。

だって、入居の時に火災保険は入らなきゃいけないと思ってはいたけれど、それは「万が一火を出しちゃったりなんかして、周りに迷惑をかけた時の事考えたら大変だもの」という考えで、自分の家財道具が自分の責任によってどうにかなった時のことなどは、完全に意識の外でしたから。

自分で補償タイプを選択するなら、これはすっ飛ばしていた可能性が大きい。。。。


いやあ、本当にありがたい…(何度も言うけどマジ涙目)

**


同じようなことで言えば、つい先日の日帰りの手術。

これも共済に加入しているので申請すればいくばくかの金額が支払っていただけるようです。

月々数千円で、いざという時、数万円かかった手術費用を賄える。。。

本当にありがたい。。。。共済に加入している方々、助けていただきます!本当にありがとう!

**

もっと言えば、その医療費だって!!!!

国民健康保険で3割しか負担していないわけですよ、自分では。

計算すると、今回の手術費用だって、もし全額負担をしなければいけなかったら…

「いやあ、痛みがあるわけじゃないし、症状ないし、気合いで治します、手術はしません」

とか、言い出しかねなかった自分が想像つく……。。。。


いやあ、風邪を引けばお医者さんに行って、お薬いただいて…って、子供の頃から普通にそうしているけれど、それを「普通に」できることを可能にしているのは健康保険であって、これがとても素晴らしい仕組みだということ、今回は身を持って実感しております。


**

病院に行って治療してもらえることを、当たり前のことと思うのは、とんだ勘違いだ。
私はとてもたくさんの人たちやシステムに助けられているんだ……。

ほんとうにありがたい!!!!

**

この数週間、そんなことを感じる日々でございます。

130518_2006+01_convert_20130524093550.jpg

良かったにゃん♪
ありがたいにゃん♪


**



さて、きっせーが連勝を12にのばしました。
先場所からの通算では15連勝。

相撲内容も、支度部屋から出てきた時から相撲を取り終えるまでの表情も、何もかも素晴らしいここ数日。

「掛け捨てになるかもだけど、一応あったほうが安心」と思って保険代わりにとっておいた千秋楽の椅子席。

これ以上ない形で有効活用できるかもしれません。


〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

残り三日。一番一番。


130520_1654+01_convert_20130524093448.jpg

原稿も順調。
ゴエモンもやんちゃくん。

Category : 日々の発見
Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 6 comments  0 trackback

何ごとも経験と思えばありがたい

130521_1459~01

「点滴なう」

昨日この写真を写した時にケータイからツイッターでつぶやこうと思って、でもやめました。

予告も何もしていなかったので、フォロワーさんをびっくりさせてもなんですし…

レスをいただいてもサクサク返信できる環境でもなかったんで、一応自重。


**

昨日は生まれて初めて「手術」という名前の付くものを経験しました。

といっても日帰り。

「ちょっとしたできものを取ってしまいましょう手術」で、手術そのものは10分ぐらいのもの。

ただ一応麻酔をかけるので、その後麻酔が覚めてきちんと歩けるようになるまで二時間ぐらいということで、準備やら何やらふくめて実質4時間ぐらいかな。


おりしも全勝で初優勝を目指す稀勢の里が、天敵琴欧洲との一戦を控える日。。。。

いや、でも、対戦相手が決まるのは前日なので、その辺はもうどうしようもないわけで、、、

というか、わたし本人そんなことを言っている場合でもないわけで(笑)


でもね、今場所のきっせーは
「お相撲の結果はむしろ術後のお楽しみだな」ぐらいに思わせてくれる感じ。


そんなわけですこーしは気になりながらも、どこかで安心して、自分のことに集中することができました。


**

で、生まれて初めての手術。


「超」がつく病院嫌いで過ごしてきた私。。。。
病院が好きな人なんてめったにはいないとはいえ、私の病院嫌いはトラウマ込みの「極度の病院不信」。

それを結構長い時間と労力をかけて「普通程度の病院苦手」まで意識を書き換えられたのはサイモントン療法のビリーフワークで思考の書き換えを行った結果でもあり、まあ自分も年齢を重ねていくうちに「病院の有り難さ」が理解できるお年頃になったともいえるでしょうか。

なので、それほどの恐怖も不安もなく、当日を迎え、淡々としたもの。

むしろ「いつか何かのネタになるな、これは」と興味のほうがわいたりしてました。

「自分がどんな体験をして、何を感じて、何を思うか」に関してはわくわくにも似た気持ち。


とはいえ、だから全然平気かと言えばそれは違うわけでして、、、、、(笑)

だってね、生まれて初めてなのは手術だけでなく、写真の「点滴」さえもそうなのですよ。

「注射針が腕に刺さったままだなんて!怖い!やだ!信じられない!」というレベルの自分。。。。

かといっていい大人ですから、いちいちぎゃあとかやだとか言ってられませんけれど、そんな針への恐怖をごまかすために、「お相撲さんだって注射は嫌いなんだもんね」などと意味不明のことを呟いて看護婦さんを困惑させてみたり。
実際針を腕に刺した時は「こんなに痛いのか~やっぱり~。。。これ動くたびに痛いよね~」と、もう痛みに関しての感想しか出てこなかった、痛みに耐性のない自分に対面。。。

いや知ってたけど。。。。


あと「麻酔」も歯医者さんでの経験しかないのでほぼ初体験。。。。


この年になるまでこれらのモノを一切経験せずに済んできた、健康な体に感謝でございます。
(逃げ回ってきただけという説もありやナシや)

**

さて、事前に説明をきちんと受けていても、自分の頭の中にある知識がテレビドラマ程度のものだと、
「麻酔をかけて手術をする」と言えば、麻酔をかけられた時点で意識がなくなって、全くわからないうちに手術が終わって、気がつけば(目が覚めたら)何もかもが終わっている」と想像していたわけです。
乏しい知識で。

ところが点滴を始める時や、麻酔を効きやすくするための筋肉注射や、血圧を測るとき…すべて看護婦さんが丁寧に説明をしてくれて、私も「はい」と返事をして、さほど不安も緊張もなくことは進んでいくのですが、、、

『うーん、いつになったら意識がなくなるのだろう、、、眠くもならない、、、、』

↑困惑中


オペ室に歩いて移動して(この時点で『歩いて移動するのか?!』と突込みを入れている)

オペが始めって一瞬ぼんやりした感覚に包まれたものの、結局手術中も意識どころか感覚もはっきりしてて、

いやあ、痛いのなんのって!!!!!


出産も骨折も経験のない私、人生の中で一番痛い思いをした数分間だったです。。。。(泣)

「10分もかからないうちに終わるから」って聞いていなければ、大声あげて抵抗していたと思うw


で、オペが終わってちょっとフラっとはするものの意識は完全にあるまま、車いすで運ばれて、ベッドで休憩。


そこでぐっすり安めばいいものの、いろんな感覚を反芻したり思い出してみたり、点滴の写真撮ってみたり、、、
しまいには付添いの義姉に感想しゃべりまくって…

麻酔?いつかかったかいつ覚めたか、結局どれが麻酔だったのか自分では分かんなかったぐらいでしたwww

もう、想像してた手術体験とぜーーーーーーんぜんちがったです!

面白かった!!(自分の反応が)


まあ、なにより無事に済んだことと、大事に至る症状ではないからこそのこの記事でもあるわけで、
それさえも感謝でございます。

そして執刀医の先生、病院の皆様、付き添ってくれた姉に感謝。

ありがとうございましたm(__)m


**

想像外だったのは手術そのものだけではなく、病院を出る時の「普通」さもまたしかり。

想像外というよりは、未体験の事ゆえ『想像もできない』状態だったわけですが、さすがにちょっとふらついたりボーっとしたりぐらいはするだろうと思っていたし、いざとなったらタクシーでサクッと帰ろうとしていたのに、、、、

会計を済ませて次回の予約をして、付き添ってくれた姉に言った言葉、、、、






「お腹すいたよう…」


手術に備えて朝6時以降は全く飲まず食わずだったわけで、当然と言えば当然なんだけど

空腹感にもまた麻酔は効かないらしい。。。。。

**

てなわけで、、、、、


130521_1726+01_convert_20130522083757.jpg

銀座で夕餉。。。。

あ、奥のケーキは私のじゃなくて義姉の注文品ね。


ご飯も美味しかったし、術後の痛みや不快感もまったくなく、快適な夕暮れ時。

普通に電車に乗って帰ってきました。


**

130521_2149+01_convert_20130522083823.jpg

おかえりにゃ♪
オイラのごはん空っぽにゃ。

あわててゴエモンにご飯をあげて、ツイッターでお相撲の結果を確認。

よし。

ニュースと動画で相撲内容確認。

よしよし。


〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇


なにもかも、いい感じだ!!!

Category : 日々の発見
Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 8 comments  0 trackback

お堀の散歩もよいものです ✫東京国立近代美術館

昨日はここに行くつもりでした。

130518_1616~01

あらかわバラの市。


が、午前の予定がちょっと伸びたこともあり、でも決め手はなんだか強烈な陽射しが目にまぶしすぎて…。

「やっぱり今日はバラはやめておこう。。。。」

でも、都電沿線は今バラが満開なはず。市はスルーしてもシーズン中には出かけたいところです。


**

で、昨日はいきなり思い立って 「東京国立近代美術館」 に行ってきました。

130518_1330+01_convert_20130519101648.jpg


お目当ては企画展ではなく、こちらの所蔵品からの展示「MOMATコレクション」。

『絶対行きたいチェック』はしていなかったのだけれど、このところの自分日本画ブームで
「日本画の展示だけ見てきてもいいしな」
と思い立ったわけです。

それならさくっと数時間で行って来れるし…ね。


と、ぐるっとパスを使う気満々で向かいました。

130518_1324+01_convert_20130519101610.jpg
九段下から美術館までのルートは、今はお堀の周辺の緑がとってもきれい!

**

さて、美術館につくと、想像以上に人出が多い。。。
しかもチケット売り場には行列が。。。。

え=========?こんなに人気なの?ちょっとびっくり!!!

今やっている企画展は「フランシス・ベーコン展」。

ぐるっとパスで各美術館をチェック中の私ですが、これは全くスルーしていたよ。
そんなに人気があるのか?とびっくり。。。すみません、ベーコンさん。。。。

でも仕方ない、その行列に並ぼうとしたら案内表示があり、なんと…

本日、MOMATコレクションの入場は無料

とあるではないですか!!!???
なんでも 国際博物館の日に伴う無料観覧日(5月18日) なのだとか。。。。
(ちなみにここは毎月第1日曜日が所蔵作品展を無料で観覧できるそうです)

そうか、この人の多さはそれかあ。。。。


ちょっと来る日を間違えたかも… と思いましたがせっかく来たわけですし、当初の予定通り「全部をじっくり」ではなく「興味あるところだけサクサクと」見る作戦でいくことにいたしました。

130518_1330+02_convert_20130519101723.jpg

**

館内に入ると人は散らばっているのでそれほどの混雑ではなくほっつ。

「ハイライトの展示室1」と「日本画の展示室10」をメインに、お目当ての作品をゆっくりじっくり見ることができました。

途中、「戦争の世紀 7室」を通ったのですが、実はここが今日の私のメインの部屋となりました。
まったくノーチェックだったので、衝撃でした。

この部屋に展示されている絵は5つだけです。

大東亜戦争の時代に活躍していた画家さんたちが、軍の委託を受けて従軍画家として戦地に赴いたりしながら戦争記録画を残していました。戦後、その絵はすべてGHQに没収されてしまったそうです。
のちにその絵の返還を希望する声が日本国内から上がり、いまでは「無期限貸与」というかたちで日本に帰ってきているそう。。。。 
(ちきしょー、返せよ!)

そんな絵画の中の5点。

いや、「戦争記録画」と一言で言っても、どれも超大作です。そして美術品ですよ、間違いなく。


このシリーズ、もっと見たいです。
このシリーズを見るために、展示替えがあうたび通うかも。。。。

130518_1436~02

北の丸公園内にある美術館のテラスからの眺望は見事です

**

さて、そのほかの展示は見流して終了したのですが

一番心が浮き立ったのは

東京オリンピック1964 デザインプロジェクト

でした!

何もかもが洗練されたオリンピック関連のデザイン。素敵です。

私はまだ生まれておりませんでしたが、当時の希望にあふれた空気感みたいなものが伝わってくるような気がしました。

自分的にしばらく火が消えていた「東京オリンピック招致」熱も再燃。
やっぱり成功してほしい!この目で日本でのオリンピック、見たいです!

この展示は26日までだそうですが、量は少ないですがなかなか楽しめます。お勧めです♪


**

この日はこれで終了。カフェレストランでのお茶もご飯もなし。

いそいそと帰宅してお相撲をワンセグ観戦。

きっせーが分の悪い把瑠都を浴びせ倒して白星奪取。
たぶん痛めたであろう把瑠都のひざは心配だけど、今日の眉毛は笑ってた。
なのできっせーが勝つと思ったよ。


〇〇〇〇〇〇〇



**

夜にはパソコンが修理されて帰ってきました。

各方面、ご心配、ご迷惑をおかけしてすみませんでした。

とにもかくにも、よかったよかった。

130518_1932~01


今後は取扱に注意。ゴエモンにも注意です。

使えるツールとしてのネット生活、満喫いたします♪

Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 2 comments  0 trackback

パソコンなし生活総括☆



おはようござます。

ケータイメールでの書き込み。今日で最後になる予定♪



パソコンなし生活総括☆


1。思ってた以上に進んでいた自分のネット依存。

と言ってもなきゃないで諦めはつく程度だけど…

2。Twitterはかなり便利なツールだなと、見れなくなって痛感。

一人暮らしの自分、呟くことで誰かと会話しているので、呟けないと一日中黙っている感じ。孤独感倍増。
しかし、一人暮らし歴は長いから、Twitter始める前はどうだったのか…あまり記憶がないんだけど。

3。自分のことを再認識するために、たまにパソコンがないのもいいかもしれない。
ただし強制的でなく自分の意思で離れたいね。

4。パソコンの画面は自分が思う以上に目に負担かけてるなと…。
もうちょっと目のケアをちゃんとしよう。それも合わせて長時間なパソコン作業はさけたいところ。

5。私の場合同時にテレビも取り上げられちゃうわけだけど、だからといってテレビ本体はやっぱりいらないなと。

6。ケータイさん、ありがとう♪
の一週間でした。
あと、お古のMacも、使えない機能ばかりになってたけど、メールは使えたので助かった。でもって、Mac、やっぱりかわいいなあ♪

結論
便利なツール満載の、無くては困るパソコンさん。
今後は取り扱いに注意して大切に使いましょう。
画面の見過ぎに注意!





ワンセグの小さな画面だと比較的冷静にきっせーの相撲が見れる気がする不思議。
でも白星の喜びが半減することはない。

○○○○○○


今日は把瑠都戦。

一番一番!

Category : モブログ
Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 0 comments  0 trackback

勝つサンド


なんとか走り回って現金を揃えたさ!

明日代引きで引き取ろうぞ!
ふじつうしゅうりせんたーよ!いざ!
いざ~~~~~~~~っっ!



チキショーー!
負けるもんか!

ってなわけでカツサンドなう!


Category : モブログ
Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 2 comments  0 trackback

パソコン

明日しゅうりされてかえってくるんだけど、修理代が現金代引き払いだけって?!
ふじつうさんユーザーにあまりにも冷たくないか?!

人質じゃあるまいに!


てかパソコンがないとキャッシュ動かせないから他の方法考えなきゃ。
金策行ってくる……(泣)

Category : モブログ
Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 0 comments  0 trackback

都心の緑の心地よさ♪ 根津美術館

昨日の帰りの奇跡は凄かったですが

根津美術館の美しさにも感動の一日でした。

130516_1015~01


ぐるっとパスの対象施設ではありませんが、ここの燕子花図屏風は去年見逃してることもあって、どうしても行っておきたい美術館でした。

お目当ての展示は5月19日まで。

今週はラストチャンス。


はじめて伺ったこの美術館、展示の内容ももちろん堪能いたしましたが、庭園が素晴らしい。
そしてその庭園に囲まれたつくりのカフェがこれまた素晴らしい。

展示を見て、庭園を散歩して、…
そう、展示で国宝の光琳の燕子花の屏風を鑑賞したあとに庭園で今咲いている燕子花を見ることができるのですね。


**

最近ぐるっとパスのおかげもあってたくさんの美術品を見る機会に恵ませれいるわけですが、そのなかでもなぜか日本画にひかれている今日この頃。
この光琳の燕子花図屏風は以前から見たかったのだけれど、特に期待感でいっぱいでした。

やっと見れた~~~~~~♪

もちろん、そんな私の期待は裏切られることはなく。

むしろ期待以上の感動。。。


一緒に行った友人としばらく屏風の前をうろうろしていろんなところから眺めたり、
ただただ呆然と見入っておりました。


やっと見れた~~~~~~♪

見れてよかった~~~~~~♪


**


展示物の写真はありませんが、庭園の写真をどうぞ♪

SN3S0478_convert_20130519082901.jpg
終わっている花が多かったけれど、まだつぼみも少しある感じ。
しかし色の鮮やかさはホントすごい!



130516_1159+02_convert_20130519082736.jpg
130516_1203+02_convert_20130519082803.jpg
130516_1153~01


その後カフェでちょっとしたお食事や甘味をいただき友人とおしゃべりを楽しむのは、一人美術館じゃない時の定番なわけですが、ここのカフェは建物がほぼガラス張りで、ぐるっとまわりが庭園の緑。
素晴らしい環境で、、、、まあやってることは「おしゃべり」なんですけれど、地下の薄暗い狭いところで会話をするのと、新緑の緑に囲まれて会話するのでは、気分が違うので話す中身も前向きになると言うもの♪

130516_1238~02
ミートパイ♪
美味しかったけど食べにくいわあw



美しい庭園や美術で心が洗われるって、こういうことね。。。。

さて、こちらの美術館の良いところは、ゆっくりお茶とおしゃべりを楽しんだあとに、もう一度気になった作品を見ることも出来るということ。

展示室にもう一度入って、燕子花図屏風をもう一度眺めます。

さっき庭園で「今年の燕子花」を堪能して、もう一度江戸時代に描かれた燕子花を見る。

一度目に見た時と違った印象や感想も出てきます。

面白い…!!

**

一粒で何度もおいしい美術鑑賞をして、ミュージアムショップも覗いたりして、気が付けばもう閉館時間近くです…。。。

いやあ、本当に「一日楽しめる美術館」ですね。

ここは庭園を目的に来ても良いぐらい。。。。
日本画に描かれている四季折々の花達の美しさ、日本の自然の豊かさを、根津美術館で定点観察。。。とか(笑)

あ−あ、大昔ですけど、割とここのご近所に住んでいたんだよなあ。
その時は一度も来たことがなかったなあ。
もったいないことをしたよなあ。。。。

などと昔のことを悔やんでも仕方ありませんね。

今後はフットワークを軽くして、いろいろな美しい物を楽しむためにマメに動こうと思います♪

130516_1202~01

Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 0 comments  0 trackback

雨宿りの奇跡


今日は友人と根津美術館へ。

夕方までゆっくり美術鑑賞と庭園散歩とティールームでお茶を堪能したあと、お腹が空いたねと言いながら美術館をあとにしました。

降り始めた雨が強くなり、最寄り駅に向かう途中の表参道付近のオサレカフェに心ひかれ足を止めながらも、なにか違う気がしてスルー。

この辺りで以前入ったことのあるカフェまでいこうとするも、似たような風景で目当てのお店がなかなか探せず、雨も強くなってきてしまい…。

うーんどうしよう。

すると我らの目の前に、昔ながらのコーヒーショップっぽい看板が……


「青山でオサレカフェじゃないけど、あそこでナポリタンたべてもいいな」

というわたしに

「それのった!」

という友人。

さらに強くなった雨の降りに背中を押され、入り口のメニューを見ると、ナポリタンはないけれど、カレーはある。よしここに入ろう。

建物の名前を見ると「NHK青山荘」

ん?

喫茶はその青山荘なるもののラウンジ的なところらしい。


一部で悪名高いNHKですが、この際四の五の言わずこれ以上雨に足元濡らす前に、GOだ。カレー食べよう。お腹空いた!


てなわけで青山荘の入口から建物の中に入りラウンジを覗くと…………



なんと……






なんということでしょう!


そこにはテレビがあり、大相撲中継が放映中ではありませんか!



ひゃああああ(笑)





いや、今日はもう、諦めてました。それより久しぶりに会うお友達とゆっくりお喋り楽しんで、お相撲は結果見ればいいと思ってたし、実際ここで相撲の画面見るまで頭から忘れてたし!

それなのに、ああそれなのに!(笑)


迷わず画面の真ん前の席に座りましたよ。

私の相撲好き、きっせー好きを知っている友人なので話は早い(笑)


あ、でもカレーオーダーしようとしたらカレーは5時まで。
仕方ないので唯一の食事メニューのロールサンドを注文。

出てきたのが上の写真のものなんだけど、サンドしてロールしてあるものではなく、バターロールで挟んでありました。(笑)


まあ、このさいナポリタンじゃなくてもカレーじゃなくても、妙なサンドイッチでもいいよ。

だって、大相撲中継サービスがあるから(笑)


「いやあ、最近飲食店でテレビ置いてあって、しかも相撲やってるとこにそうは巡り会えないよ~?」

「ね、きっとNHKの施設だからだよね。チャンネル変えられちゃう心配もないし、結びまで見れるわ~」

「いやあ、すごいね」

「奇跡的な展開」

(笑)(笑)




そんなわけで、今日はきっせーの圧勝をワンセグじゃない大きな画面で見ました。

エア座布団も投げたよ。


○○○○○








ちょっと魔法を使った今日のワタクシでした。

Category : モブログ
Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 2 comments  0 trackback

完璧


おはようございます。
今日もケータイメールで更新です。

パソコンがなくなって以来なぜかすっかり早寝早起きの私。
生活のリズムが激変しております。


少しずつ気温も高くなって夏に近づいてきてますね。

ゴエモンも、いつももぐり込む寝床を何処にするか探索中です。今一番快適なのはどこかなあ。



ふと見ると

ベッドの片隅で

布団に半分うずもれて

寝てました。



まじまじ見て思う

なんという完璧な時間と空間!


ああ、しあわせ(笑)





そういえば今週末は三社祭だそう。

お江戸の町のどこかで、江戸っ子が祭りに興じていると思うだけでも、なんだかとても豊かだという気がしてきます。

威勢のよいお神輿、見たいなあ♪













昨日は心拍数がはね上がりました。
数秒間で何度も「ああ、駄目かも」と思ったよ。
最後のすくい投げが豪快すぎて目が点でした。

いや、よく負けなかったなぁ~その二です!


○○○○





さて、今日も美術館に行く予定♪
でもほんとの外出目的は友とのお喋りタイム。


しかし早起きすると、でかける時間まで一仕事出来る~♪



Category : モブログ
Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 4 comments  0 trackback

神保町の古書店は美術館みたい

みなさまおはようございます。
今日は古いMacを立ち上げてノロノロ画面での更新に挑戦です。
文字化けせずにいけるかな?
(うーん、写真がうpできない…)

パソコンない生活にも少しずつ慣れてきました。
でも ようつべやらニコ動やらでいつも見ている動画の視聴ができないのは結構痛いです。
国会、どうなっているのだろう。。。
今回分かったことの一つに、以前は監視や義務感で視聴していた国会ですが
政権が交代したということも大きいのでしょうが、今では「楽しみ」になっていたということ…。
国会中継、なんだかんだでお楽しみだから早く見たい。

お相撲もリアルタイムで見れなかった取り組みはつべで見ているので、今場所はそれができない。

でも、とりあえずいまのところキッセーの取り組みだけは
ワンセグで小さな画面ですが、リアルタイムで応援しています。

○○○

**

さて、昨日は「ぐるっと」はありませんでしたが、私的ぐるっとの一環になりそうな
「神保町古書店」に行ってきました。

いきさつは長くなるのでここでは省きますが、神田の古書店には江戸時代に出版された本を扱うお店がありまして、そのお店をはじめて覗いてきたのです。

伺ったのは大屋書房

一歩足を踏み入れると、ちょっと! 凄いタイムスリップ感。

絵や文字が和紙に版画で刷られ(直筆の写本もあります)表紙をつけて糸で綴じられた和本たち。
中には以前美術館で見たことのある、葛飾北斎や歌川國芳の絵入りの版本もあります。

美術館ではガラスケースに入っておりますが、ここ、古書店ではそれを手にとってページをぱらぱらめくってみることができるのです。

もっといえば、お財布の中身さえ許せば、購入することだってできるわけです。


なんか凄いぞ、古書店!


昨日ははじめて伺ったということもあり、書店内をぐるぐる見渡して、その雰囲気に圧倒されつつ、気になった数点の書物を手にとってぱらぱらとページをめくって中を覗いてみる…それがやっとでした。

でも気が付けばあっという間に一時間ちょっとが経過。

お店の方にお礼を言って店を出たときには(結局何も買わずで)
小さな美術館を拝観するのとなんら変わらない感覚につつまれておりました。

気軽なタイムスリップ。
江戸時代の版画の鑑賞。

いやあ、楽しかったです。

ちょっと、癖になりそうだ(笑)

**

その後、数件の用事を済ませて、ランチタイムは赤坂のランチ同好会(?)に合流させてもらいました。

インドカレー屋さんの新規開拓だそうです。
スパイスがまろやかに効いた上品なカレーをいただきました。

暑くなったらもう少し辛いバージョンで注文していただきたい感じ♪

130514_1243+01+(2)_convert_20130519082135.jpg

「ザ・スパイス」
おいしゅうございました♪

**

そして明日も美術館の予定。

まだまだぐるっとの旅は続くのであった。。。。

Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 2 comments  0 trackback

バラの季節


おはようございます。
今日もケータイメールで書き込みです。

写真はご近所さんのお庭の花逹。


綺麗に咲いていて道行く人たちの目も楽しませてくれています。

春の薔薇のシーズンですね。

ちょっと調べただけでも、都内でたくさんのバラ祭り的なことをやっているようです。

訳あってベランダのミニミニ薔薇さんたちを撤去してからというもの、意識は部屋の中でしたが、小さい薔薇の鉢がほしいなあなどと思いを巡らせる5月の日曜日でした。




パソコンなし生活3日目。

なんだか手持ち無沙汰な時間が長いけど、お古のMacでメールチェックはできるようになり、仕事も今は原稿製作中(完全アナログ)なので問題なし。

でもニュースチェックはあまりできなくて、一日中ワンセグで犬HKのニュース見てたらチョー不安になって、やっぱり精神衛生上よろしくはないね。






きっせーが勝ってほっとしました。
あの立ち会いでよく白星がもぎ取れたなと……○


Category : モブログ
Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 2 comments  0 trackback

雨の日本橋

みなさまおはようございます
パソコンが壊れて丸二日。ケータイメールでの記事の書き込みです。

昨日は三井記念美術館にぐるっとしてきました。

130511_1149+01_convert_20130519075429.jpg

日本橋三井本館七階です。
雨でしたが東京駅からメトロリンク日本橋という無料巡回バスに乗って目の前まで移動。
こんなバスがあるの始めて知りました。チョー便利で快適!日本橋方面にいかれる方、是非ご活用を!

で、美術館のある三井本館。

重厚な建物は雰囲気あって素晴らしい。確かここは江戸時代に三井越後屋があった場所ではなかったでしたっけ?
(ああ、こういったプチ知識なんかはネットがあれば一瞬でググれるのにね。間違ってたらどなたかご指摘くださいませ。)

さて、現在開催の特別展は

河鍋暁斎の能・狂言画

暁斎といえばオドロオドロしい絵が印象的な江戸から明治にかけての絵師さんですが、今回は「実はこんなのも描いてるんですよ」的な展覧会。

確かに、意外。

展覧会観てわかったのは「ああ、この人、能狂言が大好きなんだなあ…」と。

どうやら暁斎は自らも免状をもらって舞台に上がっていたとのこと、なるほどなあでした。

そして
絵がうまい人はなに描いてもうまい
という…。

得意な分野とか、好きな世界とか、超越してますよね。


さて、軽く衝撃を受け会場をあとにしてミュージアムカフェで一服。

130511_1335+01_convert_20130519075628.jpg

抹茶豆かん 630円なり


そういえばここの三井本館の一階に何やらマカロンのオサレショップがあって、美術館に入る前はマカロン食べようと思ってたんだっけ。
130511_1150+01_convert_20130519075510.jpg
130511_1150+02_convert_20130519075549.jpg

ショーウインドウがこんなことに…。

でもすっかり忘れてミュージアムショップで一休みしたわけだけど、
ここは静かでとっても落ち着けました♪

ミュージアムショップで買った絵葉書にお手紙など書いてみました。
母の日だしね♪



さて、館内の関連展覧会案内で渋谷の太田記念美術館で

北斎と暁斎 奇想の漫画

130511_1357+01_convert_20130519075709.jpg

というのをやってるらしい。ここはぐるっとパスの対象じゃないけど…とチェック。

「描けぬものなど、何もない」だって……



外に出ると神輿の行列に遭遇!

130511_1413~01

130511_1412~03

130511_1411~02

130511_1416~02


神田祭です!

雨の中、そして大通りを警察の警備に守られた端の車線で、若干控えめな感じ。
現代の都心のお祭りの姿かしら。


でも、佳いものに遭遇できました。何となく、ラッキー♪

130511_1407~01




このあと、三越裏手にある日本銀行のお隣、貨幣博物館に立ち寄りました。

130511_1424+01_convert_20130519075801.jpg

本日12日までですが、お金道中記 という企画展が面白そうだったので。


旅好きの私にはなかなか興味深い展示もありました。



そんなこんなの雨の日本橋での半日はなかなか楽しかったです♪





ケータイメールで書き込みしてます。

コメントは昔のMac立ち上げて崩れた画面で辛うじて確認。返信遅くなってすみません。

あと、フェイスブックとTwitterは全然見れてないです(笑)





Category : モブログ
Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 4 comments  0 trackback

三井記念美術館


今日もぐるっとしてます。

休憩に抹茶豆かんナウ。

祭り囃子が聞こえる日本橋。

神田祭ですね。


Category : モブログ
Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 2 comments  0 trackback

パソコンが…



取り急ぎ…

パソコンが壊れまして修理に出さねばなりません。

最悪10日ほどパソコンがありません。

以前使っていたMacなど立ち上げてみましたが、全く使い物にならず…。

そんなわけでしばらくの間ネット放置になりそうです。

連絡は電話かケータイメールでお願い致します。

よろしくお願い申しあげます。






まだ半年しか使ってないパソコン。保証期間内だけど有償の修理になりそう…てか確実。
痛い。痛すぎる。

そして今場所はネット配信もテレビもお預け!?





すごく憂鬱な五月の夜長。
はぁ…。

Category : モブログ
Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 5 comments  0 trackback

代々木の杜としろたえチーズケーキ♪


昨日は明治神宮春の大祭に参列してきました。


130502_0939+01_convert_20130503090432.jpg




朝の曇り空と肌寒さで、去年は雨が降っていたなあなどと思い出しながら、なるべく暖かくして出かけようと梅春物のニットを引っ張り出してきて、春コートも着込んでお出かけ。

でも、ちょうど大祭が行われる直前ごろには青空が出てきて、暖かな陽射しに心も緩む感じになりました。

130502_1113~01
大祭終了後の空



明治神宮のある代々木の杜。

昨日は一歩足を踏み入れた瞬間に、とても濃い森のにおい…緑のにおいがしました。

130502_0941+01_convert_20130503102742.jpg


空気が濃いというか、凝縮された何かに包まれている感じ。。。。

さわやかな空気ともまたちょっと違った、清々しさを感じました。

良い感じ。。。♪


**


さて、大祭については去年の記事を参考にしていただくことにして…

昨年は大祭の後、直帰したのですが、今年は直会のお弁当をこの暖かな陽射しのもとで、休憩所でいただくことにいたしました。

130502_1132+01_convert_20130503090059.jpg

皆さんとっても楽しそうです。


そしてお弁当…

130502_1126+02_convert_20130503090016.jpg

これがとーーーーっても美味しい。。。。

お赤飯も美味しいし、おかずもどれも本当においしい。

私は去年始めていただいた時に思わずお弁当箱をひっくり返して「どこで作ってるの?」とチェックしてしまったぐらい。。。


正直言えば、このお弁当を楽しみに参列しているといっても過言ではない…と。。。



こらこら。。。。


でもそれぐらい美味しいのですよ。

大祭に参列して、清々しぃ気持ちになっていただくお弁当だから…というのももちろんあるのでしょうね。



**

さて、明治神宮では今、休憩所のある文化館の宝物展示室でこんな展示をしています。

130502_0938+02_convert_20130503085932.jpg

また源氏物語だ。これはちょっとチェックしておかねば。

ということで展示室へ。


宮廷衣装が分かりやすく展示してあります。

実際にご皇室で使われている物ではなく、衣装の研究をされているところが作ったものだそうですが、あの十二単などの重ね着がどうなっているのかなど、よくわかる展示。

私などは作画の参考にさせていただけるなという資料もたくさんありました。( ..)φメモメモです。


**

さて、明治神宮を出て、昨日はそのまま帰らずに、地下鉄で移動。

また赤坂です!

またまたぐるっとしてきました!!!(ぐるっとパス)

ニューオータニ美術館

「ジャパンビューティー」~描かれた日本美人~

をやっています。

明治以降の絵画で、(そういえば国宝はなかったですが(笑))でも、迫力のある日本美人の絵画、堪能してきました。


印象的だったのは女性の画家が描いたものと、男性が描いたものでは、ずいぶん違った印象を受けるものだなあと感じたこと。

私は全般に男性が描いた女性の方が好きだと思いました。もちろん個人個人で好き嫌いはあるのですが。

もしかすると女性が描く女性はある種の生々しさがあるのかもしれませんね。


でも、例外だったのは「梶原緋佐子」という女流画家の描かれた『秋の夜』という絵は見とれてしまいました。

130503_1039~01
印刷された絵葉書をケータイで撮影すると、もう別物も甚だしい。
画家さんの名誉のために、本物を見ていただきたいです。。。。



事前にニューオータニ美術館はそれほど大きくないという情報を仕入れて行ったので、ちょっと油断しておりましたが、隙間なく?展示された美人画の数々に少々圧倒されました。


それにしても日本美人、、、いい言葉だわあ。

**


さて、赤坂まで来たことですし…というわけで、画伯お呼び出し~♪

以前から気になりつつなかなか機会がなかったここへ!


130502_1522+01_convert_20130503090504.jpg

はい


130502_1440+01_convert_20130503090558.jpg


しろたえのレアチーズケーキ!!!


一口目…「めちゃめちゃ美味しい!」と声をあげて感動。

そして二口目…脳内麻薬が出てるのが自分でわかるぐらいの感動。

「えへへへ、うふふふ」、と、思わず変な笑いが出てしまいました。

130502_1440+02_convert_20130503090527.jpg


本当においしゅうございました!!!!

画伯、ごちそうさまでした!



**

そんなわけで、今日もまたなんという幸せな一日。。。。

ありがたやありがたや。。。







いいにゃ!

130430_2307+02_convert_20130503102310.jpg

おかあにゃんばかりいいにゃ! のポーズ?

Category : 明治神宮
Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 4 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。