鈴木淳子✫製作日記 | 漫画家◆鈴木淳子の徒然ブログ。お仕事、趣味、日々の由無し事から憂国の思いまで

夏越の大祓

今日は6月30日。

なんと、今日で今年も半分が終わってしまいます!!!きゃああああ。

時が過ぎるのが本当に早い!

今年前半、、、、私何したっけ?!! と思い返して青くなってしまう。。。

うーーーむ。

……

……と、それはさておき。。。。

**


「水無月の夏越の祓する人は千歳のいのちのぶといふなり」
 
                     (拾遺和歌集)


**

本日は夏越の大祓です。

神社と神道「茅の輪の由来」


今年前半の罪穢れを祓う神事。茅の輪くぐりをしたり、形代を納めたり、「水無月」をいただいたり。

……

……

ってなこと、わたくしは去年、6月29日に湯島天神を通りがかり、茅の輪を見て初めて知ったのでした。

う~ん。 神社の世界も、知らないことだらけだわあ。。。。


今年は、数日前からツイッターなどで各神社さんのつぶやきなど拝見していることもあり、

「そうだ。今年はちゃんと茅の輪くぐりに行こう。」と思っていました。

**


が!!

神社ならどこでも茅の輪があると思ったら大間違い。

近所の神社(それほど大きくはないが、名前は知られている)に行ってみたらなーんにもなくて……~。

もちろん参拝はさせていただいたけど、今日の目的を果たすべく、別の神社に移動せねば!!


ってなわけで、昨日、ネットを検索して確実に茅の輪くぐりができると分かっていた根津神社に行きました。

**

130630_1159~01 (281x500)


比較的ご近所さんなのにこの10年参拝したことがなかった根津神社。

思いのほか広くて、そして緑が深く気持ち良いのは季節柄でしょうか。

130630_1200~01 (281x500)

今日は茅の輪の写真を撮る人もいっぱい。

そんな人たちに少々気を使いながらも、無事茅の輪くぐりと相成りました。

130630_1201~01 (281x500)



今年前半と限らず、罪や穢れはとにかくこまめに祓っておきたいところですわ。
何となく、気分的に。


そして本殿に参拝。

130630_1205~01 (281x500)
正面からの写真ははばかられますので、狛犬さんなめのショット



ふと見ると、形代がありました。

130630_1205~03 (281x500)130630_1209~01 (281x500)
↑クリックで大きくなります↑

黄色い形代に 名前と年齢を書いて、、、
息を三回吹きかけて、、、、
形代で体を撫でて穢れを祓って、、、、
こころざしとともに封筒に納めて、、、

……

ん?

……

あーーーーーーーーーーーーーー!!!
年齢書くの忘れたかも!!!!!?????


『満年齢かな、数えを書くのかな?』と思って、『あとで聞いてみよう』と思ったところまでは記憶にあるけど、……そのままにしちゃったかも。。。。

ああああ。失敗……orz


これじゃあ神様に、私だということがわからないかもしれない?!

(同姓同名がたくさんいるありふれた名前だし!!!!)←いや、そこはあまり関係ないか?!


ああああ。せっかく罪穢れを祓って来れたと思ったのに。。。これ、神様的に無効かしら。。。はあ。。。





でもでも!

130630_1211~01 (281x500) - コピー

茅の輪はくぐったし!

130630_1428~01 (281x500)


帰りには「水無月」も手に入れて、おやつに頂いたもん!!!



想定していた和菓子屋さんに行ったら「今日は予約で全部なんです」と言われたり、神社の近くのもう一件では帰りにお茶もしてこようと思ったのに、なんとお休みだったり!

で、最後は帰ってから近所の商店街に行って買えばいいか…とあきらめかけたところ、

バス停に向かう途中に見つけた和菓子屋さんを発見。

無事「水無月」と「たなばたなんちゃら」(←名前忘れた)を購入。

つる瀬というお店で、湯島天神の近くに本店があるようです。


この水無月を食べるのも、小豆は悪魔祓い、三角形は暑気払いの氷室の氷を表しているのだそうで、そう、大祓の一つになるのですねえ。


ふうん。知らなかった。いろいろ。。。。

ググってみると「京都では夏越の祓という~」というワードが出てくるので、西の方の文化なんでしょうか。


とにもかくにも、帰宅してお茶と一緒にいただいた水無月の美味しいこと!

「季節の野菜や果物、旬の魚介類と同じで、季節感のあるお菓子もまた、体が欲しているのだろうか?それぐらい細胞が美味しいと言っている!」
なんてことを思いながらいただきました。

130630_1424~01 (281x500) - コピー

水無月と一緒に頂いた「七夕なんちゃら」(どうしても名前が思い出せない)

笹舟に乗ってますね。

130630_1440~01 (281x500)

二つのお星さまは織姫彦星かな。キラリン♪

(笹舟に乗ったケロロに見えてしまったというのは内緒ということで…)


**

てな具合に、形として、神事に一応参加できたでしょうか。。。。

今年は、たまたま明日7月1日から新しいことを始める、というタイミングもあって
「今年前半の祓い」はきちんとしておきたいなあと思い、何のついでもないけれど出かけてゆきました。

曇り空でも汗かきかきの外出……。

でも神社の空気というのはやはり他とは違うというか。。。

それなりに、きちんと気持ちに区切りがつくものですね。


新しいことを始める…その先にはどういう展開が待っているのか、さっぱりわからない状況なのですが
今の心境から言って、かなり大きな変化を伴うことには違いないと思われ…。

とにかく、頑張ろうと思います。



130613_2303~01 (225x400)

要はさあ~~ 覚悟にゃんだよねえ~~~

130613_2247~01 (400x327)

おかあにゃんの覚悟どこ行っちゃったんだろうにゃ~~~

130613_2209~01 (281x500)

あ!!こんにゃところにあったにゃ!!
これ、使うしかにゃいにゃ!



……
はい、頑張ります。。。。












きっせーも綱取りだしね!

Category : 神社仏閣
Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 4 comments  0 trackback

ペンタブレット

先日、ペンタブレットを購入しました。

古いペンタブが新しいパソコンでは使えなくて、それでもずっとなんとかなっていたのだけれど、どうしようもなくなったので新しく購入したというわけ。


実は今、いろいろな電化製品が次々に壊れていくという恐怖の時期で、今回もいたたたた。

家電量販店に行って吟味に吟味を重ね、商品をレジに持っていきました。

すると

「ポイントお付けいたしますか?たまっているので使うこともできますが」

と言われ、聴けばそのポイント、ほぼ商品と同じぐらいたまっているではないですか!

「使います!」

そんなわけで、欲しかったペンタブレットは

過去のお買い物をした私に買っていただきました♪




130626_1119~04 (500x315)

カバーを洗濯したとたん、我が物顔でベッドに居座るゴエモン。
「おいらのにゃ」





**


が!!

これがなんだか厄介なことになってて、タブレットのUSBをパソコンに取り付けてドライバをインストールして使おうとするのだけれどなかなかうまく作動しない。

サポートセンターに何度か問い合わせながらいろいろ試すけれど、うまくいかなくて……。

結局昨日は一日を無駄にした感じ。

たかがペンタブだよ?たいそうな新しいアプリを使おうってんじゃあないのに!


……はあ、こういうの、ほんとストレスだわ…。。。




てなわけで昨日はふて寝状態。


で、今朝になってイライラのまま作業を再開する前に、冷静に考えてみました。

問題は何だ?

うまく作動しないのはバンドルされてたお絵かきソフトなどなどを使おうとしている時。

そのお絵かきソフト、要る?


……

パソコンには別のソフトが入ってて、今までそれを使っていたわけで、それは特に問題なし。

バンドルされてた新しいソフトに興味はあるし、魅力を感じて買ったこの商品だけど、どうしてもなければダメってことはないし、今それを使うためにあれこれするほどのモノだろうか?

うーーーん。違うわ。


結局、今まで使っていたパソコンに、純粋にペンタブだけをプラスし直しました。

これならまあ、(どうやら全く問題ないわけじゃあないみたいだけれど)いけます。使えます。


**


新しいソフトは、今の私には必要ないってことだ。ってことで。


無駄にした一日はでかい。ので無理やり意味をつけてみたのでした。



**



新しいペンタブ、慣れるまではちょっと大変。

いろいろ描き味を試すためにと、ゴエモンを描いてみました。



ゴエモンイラスト1 (640x467)



ちょっと丸顔過ぎたけど、もふもふはうまく描けそうですにゃ。

Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 4 comments  0 trackback

ぐるっとぱす、なかなか!

先日…先週の土曜日で私のぐるっとパス……終了でした。

二ヶ月の有効期限。

130619_2012~01 (500x281)



使い始めたのは4月23日の出光美術館でした。


もちろん、美術鑑賞がメインの目的でしたが、このぐるっとパスを購入したのはこの季節の出不精対策でもありました。

結論……非常に有効活用することができました!!


数えてみたらこの二ヶ月で、ぐるっとパス対象美術館と、そうじゃないけれどなんとなくそんな気分の流れで見に行った美術館、あわせて……24…   

え?!24件???!!


改めてカウントして、自分でびっくりしてしまいました。

いやあ、頑張ったねえ、、、私、、、(笑)

そう、実は行ったけれどブログに書いていない…ところもけっこうあるのです。

書くほどじゃなかったな…という所もないわけではないのですが、どちらかかというと時間的に追いつかなくてそのままになってしまっているという所が多い…。

それだけ充実したぐるっと活動だったとも言えるかな。。。?


**

130619_2012~02 (500x281)

スタンプラリーも完了。
6エリアに分かれているのだけれど、「多摩エリア」がなかなか埋まらなかった!
最後はちょっとムキになって、台風が近づく日に三鷹市美術ギャラリーに駆け込みました。



**


今、この二ヶ月で見たものを思い返してみると、いろんなものをいろんなところで見すぎて、もうわけがわからなくなっている…と思いきや、たくさん見たおかげで、自分の心に強く残っているモノだけが思い出されるものですね。



今の気分なのか、屏風がとても心に残っています。中でも特に、金地のモノ。

出光美術館で見た酒井抱一の八ッ橋図屏風…
大倉集古館で見た宗達派の扇面流図…
根津美術館の尾形光琳 燕子花図屏風と夏草図屏風…
      鈴木其一の夏秋渓流図屏風…
泉屋博古館で見た上田耕甫の芦辺群鶴……

(↑いやあ、文字だけで見ると何が何やらですねえ…^^;)

いつも最大B4サイズのものしか描くことがない漫画家にとって、屏風絵とかふすま絵とか、なんとなく気が遠くなるような気がします。
もちろん、単純に大きさだけではなく、そこに表現された世界に圧倒されるのですけれど。


**

そして、期間中にも少し書きましたが、今、心惹かれるのが日本画。

きっと数年前だったらスルーしていたかもしれない日本画の特集の美術展によく足を運びました。

日本画そのものの繊細さやシンプルな線なのにそれでいて迫力あるところなどに魅力を感じるのですが、同時に、
日本画に描かれる、日本の四季の豊かさや自然の美しさが、今の私の心に響いているのだと思います。

きっと自分自身が年を重ねて好みが変わっていったり、その時の気分というのもあるのかな。
社会の、世間の風なんかも、流行りという意味でも大きく影響するのだろうな。
なんてことも思ったり。


**

あとは、思いがけなく「書」の魅力に気づかされたり

今更ながら「国宝ってすごいんだ!!!!」なんて基本的な衝撃も……。。。

**


そんなこんな、この二ヶ月ぐるっとして、、、、

「日本の四季ってすばらしいんだな」という再確認をして

「そんな季節を丁寧に感じる生活をしたいものだな」という願望が出てきて

そして「良いものをこの目でいっぱい見よう。それが何かの形で肥やしになるに違いない」と思い…

とにかく、いっぱい歩いていっぱい見て、いっぱい感じた二ヶ月でございました。

130621_1514~02 (281x500)

某美術館入り口前の手入れが行き届いたお庭に咲いていました。
梅雨時で雨が降っていて、きらきらときれい。
なんという花なのかわかりません。。。。そんな自分が悲しいのであった。。。



**

実はぐるっとパス、行きたかったけれど結局期限切れで行けなかったところ、まだまだかなりありました。

対象施設一覧表にチェックを入れて、いつ行こうかとタイミングを見計らっていたけれど、行けなかった……。

上野動物園を始め
プラネタリウムやら
水族館やら
植物園……

もちろん美術館もまだまだありました。


………

また時期を見て「ぐるっとパスその2」を決行したいと思います!!

(今度はもうちょっとゆるっとね)

*************************


ぐるっとパスは終わったけれど。。。

130625_1322~02
今日行った山種美術館のカフェの和菓子と金箔緑茶のお茶のセット。
その時の展示の絵から題材をとって作られたお菓子がとてもきれい。



これは川合玉堂展のポスターにもなっている「早乙女」から作られたお菓子です。
美しいだけでなく、美味しい芸術。。。。♪

Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 6 comments  0 trackback

明治神宮御苑 菖蒲田

   御製   首夏

 窓に吹く風なつかしくおもふこそ
   夏になりぬるしるしなりけれ  
(明治37年)

130617_1016~01 (500x281)




明治神宮にある御苑の菖蒲が見頃ということで、行ってきました。

昨日は午前中、うす曇りの空で比較的過ごしやすかったので、急きょお出かけ。

130617_1053~01


もちろん参拝してから……の観賞です。

130617_1034~02 (281x500)
130617_1026~02 (281x500)


手入れの行き届いた菖蒲田

約150種 1500株。

さまざまな品種の菖蒲が咲きそろっております。


SN3S0485 (375x500)
SN3S0486 (375x500)
SN3S0487 (500x375)
SN3S0488 (375x500)

花まではちょっと距離があるので、ケータイカメラではやや厳しい。。。

ぐぐぐと手を伸ばしてプルプルしながら撮影(笑)

130617_1019~01 (281x500)
130617_1019~02 (308x500)
130617_1016~02 (281x500)

これからどんどん暑くなっていくこの時期に 水面からすらりと伸びた菖蒲は

なんだかとても涼しげ。。。。

130617_1026~01 (281x500)



ふと見るとこんな看板もあり
130617_1014~01

写生している方もおりました。

130617_1014~02

130617_1015~01 (281x500)
カメラマンはとってもたくさん……。

**************************************************

明治神宮 御苑

六月の開園時間
8:00~17:00 と少し長め♪(土・日は18:00まで)

年中無休

御苑維持協力金 500円 (明治神宮崇敬会員は無料♪)

御苑 花菖蒲のページ 開花数更新中

***************************************************





さて、花菖蒲を堪能した後は 北参道を抜けて千駄ヶ谷方面に歩いて移動。

130617_1153~01 (500x281)

聖徳記念絵画館に寄ってみました。

明治の御代の歴史絵画、80点が展示されるこの絵画館。

前回行ったときは前半しか見れなかったので、今日は後半をメインに見ることに。


日本の近現代史を巨大な歴史絵巻で目にすることができるこの絵画館。。。。

そのまま教科書に使われている絵もあり、一枚一枚のサイズも大きいので、かなり見ごたえがあるのですが、案外知られていないのはとてももったいない気がいたします。(かくいう私も去年までその存在を知りませんでした)


今、倉山満先生のネット上の動画(『じっくり学ぼう日本近現代史』CGS動画)などもあって「近現代史」を"やんわり"お勉強中。。。
学校でほとんど習い損ねている時代の我が国の歴史ですが、いや、ここ一番大事ですよねえ~。


そうだ、絵画そのものも素晴らしいですけれど、特に絵に興味がなくとも、歴史に興味のある方にはかなりおすすめスポットですね。



写真は私のお気に入りの一枚…の絵の「絵葉書」の「ケータイ写真」。。。。。
いや、もう本物の素晴らしさはけた違いですから!!

SN3S0494 (346x500)

徳川邸行幸 木村武山画

満開の桜が大迫力の一枚。ぜひ本物をご覧ください!


SN3S0495 (338x500)


初雁の御歌 鏑木清方画


サイトを覗いていただくと分かると思いますが、もっと重厚な印象の歴史の一場面を扱った絵が多いのです。

が、私の頭に印象に残るのは人物画や風景画みたいなもの……でした。



********************************

明治神宮外苑 聖徳記念絵画館

9:00~17:00 (入館は30分前まで) 

年中無休

施設維持協力金 500円

*********************************


**

130617_1056~02 (500x281)
移動中に見かけた花たち。
130617_1058~01 (500x281)
よいねよいね♪

Category : 明治神宮
Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 4 comments  0 trackback

雨には紫陽花

130612_1118~01 (322x500)

台風3号が本州を直撃するかと思いきや、台風は足踏みをして、お江戸は昨日今日と梅雨空です。

昨日は天気の様子を見ながら予定していた遠出は避けて、比較的ご近所の紫陽花スポットに行ってまいりました。


飛鳥山です。


130612_1134~01 (500x281)
130612_1133~01 (500x281)
130612_1131~04 (500x281)

桜で有名な北区の飛鳥山の線路側の斜面は、この時期紫陽花が満開です。

京浜東北線の王子駅からはばっちり、車内からも見えるのかな?

130612_1124~02 (500x281)
130612_1123~02 (500x281)
130612_1124~01 (500x281)

お天気が良いと「紫陽花見に行こう」という気分にはなかなかならず、
かといって雨降りもまた外出気分はそがれてしまうけれど、、、

昨日はなんとなく、「紫陽花をじっくり見たい!」と思って出かけたのでした。

写真を撮ることを考えると断然晴天のほうが良いのだけれどね、でもやっぱり紫陽花には雨のしずくがよく似合います。

それにしても、こんなにいろんな紫陽花があるなんて。。。

130612_1139~01 (500x281)
130612_1137~02 (500x281)
130612_1136~02 (500x281)
130612_1136~01 (500x281)
130612_1135~01 (500x281)
130612_1135~02 (500x281)

実は、今ケータイカメラしか持っていないので、現地ではいまいち、、、どんなふうに撮れているかわからないまま手当たり次第の撮影でした。

その分この目でじっくり楽しんできましたけれど♪



で、結論。やっぱりカメラ欲しいにゃ。


130612_1133~02 (281x500)

現地には紫陽花を楽しみに来た方たちで、そこそこの人出でございました。

Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 4 comments  0 trackback

「もののあはれ」と日本の美✫サントリー美術館


130607_1552~01

天気予報は大外れのさわやかなお天気。
梅雨はどこへやらのお江戸、六本木の昼下がり。。。。



**

きのうはお頭さんと小暮画伯とともに、六本木のサントリー美術館

「もののあはれ」と日本の美

を見てきました。


**

ぐるっとパス対象施設ではないのですが、、、、

対象施設でまだ見ておきたい展覧会も残っているのですが、、、、

ぐるっとパスの期日もあと少しに迫っているのですが、、、、


それでもこれは「どうしても見ておきたいなあ」と思った展覧会の一つ。

告知のリーフレットを見て、

「そうそう、私が今回ぐるっとパスなるもので美術展見まくっている理由の一つがそれなのよね」と思ったわけです。



もののあはれ。。。。

「もののあはれ」という言葉の意味は「あはれ」をめぐり解釈に広がりがある。「あはれ」は、「哀れ」という漢字を当てると、その語感は何か物悲しく儚いイメージに偏るが、本来は、賛嘆や愛情を含めて、深く心をひかれる感じを意味していたとされる。  サントリー美術館HPより引用

**

あはれ・なり
形容動詞ナリ活用

①しみじみとした思いだ。趣深く感じる。

②しみじみと心打たれる。すばらしい。

③どうしようもなく悲しい。身につまされて悲しい。

④もの寂しく、心引かれる。

⑤かわいそうだ。気の毒だ。

⑥しみじみとかわいい。いとしい。

⑦尊く、ありがたい。▽神仏を崇(あが)める気持ち。 Weblioより抜粋引用

**


いろいろな場面で心動かされること、要するに【感動】ですよね。。。。

そういってしまうとちょっと味気ないというか、薄っぺらくなってしまうのが言葉の持つ深みとでもいうのでしょうか。

「あはれ」にはその瞬間に湧き起こる「感動」の裏には、何層にも重なった、「複雑な思い」があるような気がします。



****

日本の文学や美術の中に見る、その「もののあはれ」を見つめる今回の展覧会。

なかなか見ごたえがありました。


移ろいゆく季節に、花鳥風月、雪月花、、、古来から私たち日本を彩る豊かな自然は、そのままはかなさの象徴でもあったのだなあと改めて感じました。

ひとつところに とどまるものは何もない。

目の前に見えている景色も、物も、人間も、人の思いも、そして自分自身も。

だからこそ、心が動くのですよね。

**


さて、私はいつもは一人でじっくりだったりさらっとだったり、勝手気ままに美術館巡りをするのですが、たまーに友人と連れ立って観賞するのも、これまたおつなモノ。

この日はお頭さんと画伯とあーだこーだと感想を言いあい、画伯の専門家の解説を聴いたりして、なるほどと気づいたことも、人数分。

自分は「自分の視点」でしか物を見れないわけで、【誰か視点】の何気ない感想に、おおっと気づかされたりしちゃうわけです。

本日の画伯のブログにも、なるほどの日本人のなんでも受け入れちゃうおおらかさの解説など、されておりますので、是非どうぞ。


あ、でも、超ためになる解説とともに駄洒落がついてくるのが玉にきずってところかな。
画伯、鳥のさえずり録音並みの駄洒落をありがとう~♪


**

そして世界的に見て、ブログやツイッターを日々楽しむ人口が日本にはとても多いというのも、うなずけるなと思いました。

先日の満月の前後には、お月様の写真を写してUPする人も多かったですし、
「今日は満月ねー」とだけ呟く人も。

雪が降れば雪を、花が咲けば花を、写真や言葉で何かしら、フォロワーさんと共有する感覚。

もしかしたらこれはとても日本的なことなのかもしれませんね。


**

そんなこんなの2時間40分。
たっぷり観覧。満喫いたしました。



その後、青空の下で風に当たっておしゃべりして、、、、
130607_1551~01


まだ明るいうちから一杯頂き、、、、
130607_1735~01

美味しすぎるつまみと、晴れてお酒解禁の健康な身体に感謝して、、、
130607_1738~01


そんな豊かな休日を過ごせる大人な友がいることにも感謝で、

いとあはれなり。


Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 2 comments  0 trackback

猫、いたいた。

130605_1108~01
梅雨はどこへの良いお天気。気持ちいい青空です。

今日は午前中の銀座での用事が思ったよりもサクサク終了したので、そのまま京橋まで歩いて

ブリジストン美術館 に行ってきました。

130605_1116~01


こちらぐるっとパスの対象施設です。


けれど、最近の自分的気分が日本画や浮世絵版画などの和ものな感じだったこともあり、なんとなく後回しになっておりました。

「パリ、日本人が描く1900‐1945」

併設のブリジストン美術館コレクション展は「印象派から抽象絵画まで」

想像するに、こう、なんか厚々とした空気感を予想して、ちょっと今の気分じゃあないなあと、、、、。



でも、ご近所まで行って、前の予定がサクサクすめば、「やっぱり見ておこうか…」となるのがぐるっとパス効果(笑)


で、これはたいていのところで同じ感想ですけれど、

「行ったら行ったで、来てよかったなと思うものに必ず何かしら出会える」訳です。

130605_1118~01


**

テーマ展
「明治維新以降、西洋文化を学んでそれを乗り越えることが、日本のひとつの目標となりました。日本人洋画家にとって、芸術の都パリは、19世紀末から聖地となります。……」
 (サイトより引用)

今、よそで【明治維新の頃の日本】のお勉強をしているのですが…そこで耳にするのは政治の人の名前ばかり。
その時代の絵描きさんたちが、どんな気持ちで絵筆を持っていたのだろうか。。。。なんて考えもしなかったのですけれど…。

絵を見せられればいやでも感じる考える……。

しかも、日本から「芸術の都パリ」に渡った人たちの絵。
当時は飛行機じゃありませんから、「パリに行った」と言ってもそれはそれは大変な旅であったわけですものね。


「西洋文化を学んで、それを乗り越える」ことが目標。。。。

それって日本を否定することになるような…?

そう思うとなんかちょっと、いや、かなり刹那苦しいです。


**


でも、絵を見れば、そんな苦しさばかりではなく、それぞれの画家さんたちのいのちのきらめきが…。

さすがや……。。。。。うーーーん。


***


作品に猫が多数登場することで有名な「藤田嗣治」の作品も6点見ることができました。

確かに、猫、いました。

うふふふー。


130605_1118~02
この絵にも右上に猫さんが。

**

常設展とは違うようですが、ブリジストンコレクションからのテーマ展示も、もちろん拝見いたしました。


ブリジストンコレクションの展示も量がかなりあって、全体でかなりの見応え。。。。

印象派からポスト印象派、、、。

マネ、ドガ、シスレー、ルノワール、セザンヌ、ゴーガン、ゴッホ、ロートレック、マティス、ルオー、
あ、ピカソも。。。。

いやあ、こりゃ、お腹いっぱいですわ~。


**


で、最後に古代美術の展示の部屋を通ったのですが、ここで一番目を引いたのが、、、、

エジプト 紀元前950‐660 ブロンズ製の、、、

【聖猫】

130605_1822~02


こ…これは……!!!!!

にょーーーーーん!!!!



もう、一瞬、印象派もパリを描いた日本人画家の絵も、私の脳裏からどこかに飛んで行ってしまいました!!


というぐらいのインパクト(笑)


しかし、紀元前かあ、、、、、すごいよね。。。。。


***

さて、展示を見終わったらすっかりお昼を回っておりました。

美術館併設のカフェにもとっても心惹かれたのですが
130605_1118~03
お腹のすきっぷりから言ってここではだめだと判断し、近くでランチをやっているお店を物色。

東京駅正面の大通りから一本入った小路に、夜は魚居酒屋になるという個人店らしきお店を見つけて入店。
ランチぎりぎりでメニューは品切れが多く限られておりましたが、スズキの漬け丼なるものをいただき大満足。

130605_1311~02
漬け丼、お味噌汁、サラダに切り干し大根の小鉢がついて800円。素晴らしすぎる。

**

その後最近では滅多にしないショッピングなどさくっと済ませ、、、、帰宅すると



130605_1525~01


我が家の猫が「どこ行ってたんにゃ?」と出迎えてくれましたとさ♪



**

追記 メモ

ブリジストン美術館のミュージアムショップの絵葉書は50円! いいね!

Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 4 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。