鈴木淳子✫製作日記 | 漫画家◆鈴木淳子の徒然ブログ。お仕事、趣味、日々の由無し事から憂国の思いまで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 

旧古河庭園

一昨日も旧古河庭園へ。

131127_1138~02


実は先週行った時に年間パスポートなるものを購入。
入園料4回分のお値段なので(600円)、四季それぞれ一回行けば元とれるわ~などと思いつつ買ったのですが、一週間後に早くも再訪。




紅葉はそれなりに進んでて、やっぱり先週が見頃だったなと(でもまだまだ綺麗です)。

131127_1130~01 131127_1129~01 131127_1121~01 131127_1123~01 

秋バラはいろいろな品種がいろいろ咲いてて、こっちは行くたびに楽しめそう。

131127_1135~02  131127_1135~01  131127_1133~01 

 
131127_1134~01 131127_1134~02

131127_1137~01 131127_1136~02 131127_1136~01


131127_1137~03 131127_1200~01 131127_1200~02 131127_1138~01


お昼と読みたい本持参でしたが、お昼食べ終わるとやっぱり寒くて、陽射しのもとの読書は断念。


往復4キロちょっとの早歩き散歩でした。

スポンサーサイト
Category : てくてく散歩
Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 0 comments  0 trackback

☆初場所で綱取り☆

えーと、九州場所の総括じゃあありません。
今年の大相撲の記事でもありません。

今日は偏りに偏った、きっせーの記事です。あしからず。


きせ




いやあ、終わってみれば13勝2敗で準優勝です。

我らが大関、稀勢の里は、今年一年、堂々と大関の役目を果たしました。

***

初場所   10勝5敗
春場所   10勝5敗
夏場所   13勝2敗 準優勝 (優勝白鵬15勝)
名古屋場所 11勝4敗 準優勝 (優勝白鵬13勝2敗)
秋場所   11勝4敗 準優勝 (優勝白鵬14勝1敗)
そして九州場所13勝2敗 準優勝 (優勝日馬富士14勝1敗)

****

ツイッターでつぶやいている人がいて、気がつきました。
4場所連続準優勝ですね。

****

年間勝ち星数は

1位 横綱・白鵬   82勝 7年連続7度目の年間最多勝 (優勝4回)
2位 横綱・日馬富士 69勝 (優勝二回)
3位 大関・稀勢の里 68勝

****

おやおや? 印象よりも勝ってる感じ。。。。?

**


今場所もそうでしたが、前半戦で土がついてしまうと後半盛り返しても「負けてる」印象が強いんですかね。

場所が始まって三日目に、安美錦に敗れた時には、「ああ、もうおわったか。。。」と思ってしまいましたもの。(すぐ気を取り直して、いや、まだまだって思いなおしましたけど)

でも、終わってみれば準優勝。
しかも、両横綱を撃破し、場所の最終盤を盛り上げましたね。

**

13日目の日馬富士戦。

私は外出の予定があったので、録画予約をして出かけました。
外出先ではお相撲のこと忘れて

131122_1211~03

紅葉狩りを楽しんだり

131122_1533~01 131122_1537~01 131122_1533~02

食欲の秋を満たしたり。。。。

しておりました。

帰宅して、ツイッターで相撲の結果をチェックして、きっせーの白星を確認し、
録画を見て、、、、



横綱はどっちか?
というような見事な勝利。

NHKのアナウンサーと解説は「日馬富士は落ち着いている」「稀勢の里は気迫で空回りするから…」みたいなことしきりにいうのだけど、私の眼には稀勢の里の落ち着きっぷりが素晴らしいとしか思えなかったんだけど。
それは結果を知ってみているからだろうか?

それよりも、勝負が決まったあと、当たったとか、引っかかったとかでもないであろう、日馬富士がきっせーのほっぺ「ぴしゃん」ってやったのが腹立ちました。

小学生かよ!?

でもきっせーは何されても「黙」。
当然といえば当然ですけど、昔々ドルジに足蹴にされて以来、こういう場面での「黙」ってすごいことだと思ってます。

もののふたるもの『荒御魂』も制御できなければ、いかんのですものね。


**

そして14日目 白鵬戦


長いですけど、仕切りがポイント!!!
お時間のある方は是非全編ご覧ください!


仕切りがすごかった。
そして仕切を見ながら、過去白鵬との一番を観戦するときに必ずあった「ハラハラ、どきどき」がなくて「わくわく」に近い興奮状態の自分に気づきました。
なんだろう、相撲の醍醐味が、立ち合いからビシビシと。

立ち合いがバシッと決まれば、横綱との一戦、極端に言ってしまえば勝敗は良いのです。
もちろん贔屓にしている力士が勝てばいうことないけれど。
でも、勝敗以前に立ち合いの駆け引きの度が過ぎて、相撲取る前に勝敗が決してしまう…みたいなのは勘弁してほしいわけです。
もちろん、そんな立ち合いの駆け引き含めて勝負だよっていうのも一理なのですが、横綱、大関あたりは、「大相撲」、「力の勝負」を見せてほしいわけです。はい。

両者の立ち合いについては、この一年の推移を甚之助氏が記事を書かれております。
是非ご覧になってください。


昨日の一番はそういった意味で大満足。


でもって、みごとに勝利。で、大大満足!


**

そして、実は稀勢の里にとって、ファンにとって、盛り上がるだけ盛り上がった終盤戦で、千秋楽に負けを喫するか否か、これが最大の課題なのでした。

ワタクシも、昨日より今日の方が心臓バクバクしながらの観戦になりました。


今日、きっちり勝てるか否か、それで、今年一年稀勢の里が成長したか否かがはっきりと出る。

それぐらい大事な一番。




大関鶴竜にがっちりつかまれた右上手を、腰を振ってきる稀勢の里。

あれはきっせーの強みです。なかなかできるもんじゃない。

で、焦らず、じっくりで、見事白星!


終わってみれば13勝2敗の準優勝。



なんと、来年初場所は綱取りとなります。

正直、三日目に安美錦に負けた時には想像もしていなかった。。。。


**


観客やファンは勝手なことを言います。

「結局、今年も優勝できなかった」
「大関になって二年、まだ横綱になれていない」

と言う人もいる

「少しずつ少しずつ、着実に力をつけている」
「確実に番付をあげて勝星も伸ばしていて、しかも伸びしろもまだまだ見える」

そう思う人もいる。


私はずっと稀勢の里が踏んでいたであろう四股と、稽古を信じてますよ。


立派な大関です。

来年が楽しみです。

初場所、綱取りです。

Category : 相撲の話
Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 8 comments  0 trackback

新嘗祭の明治神宮

フラフラ秋のお散歩は、昨日も、今日も。

131123_1539~01 (281x500)


そして今日は久しぶりにお相撲ネタの記事も書きたいのだけれど、それはまあ、千秋楽が済んでからにするとして。

**


今日は「勤労感謝の日」という国民の祝日です。



ひのまる


でも、本当は「新嘗祭」。

新嘗祭


GHQに「勤労感謝の日」とされたのは敗戦後すぐの占領期のこと。

その後、主権が回復された我が日本国。

「新嘗祭」に戻していいのに、戻した方が自然だと思うのに、この手の事は、ず――――っとほったらかしだったんですね。。。。

情けない。


**


で、新嘗祭。


皇居ではまさに今、天皇陛下による宮中祭祀が執り行われているはずです。

11月23日
新嘗祭
『天皇陛下が,神嘉殿において新穀を皇祖はじめ神々にお供えになって,神恩を感謝された後,陛下自らもお召し上がりになる祭典。宮中恒例祭典の中の最も重要なもの。天皇陛下自らご栽培になった新穀もお供えになる。』
(宮内庁HPより)



日付が変わる真夜中まで、陛下は国民を代表して、神恩感謝の祭祀を執り行っておられます。


ありがたい。と言うか、なんというか。。。。

ずっと知らなかったことがもう、罰当たりだったとしか思えない。。。。


「勤労感謝の日」
仕事があることに感謝だし、お仕事している方たちに感謝だし、それもいいんだけれど。

でもほかに知らなければいけないことがありますよね。

 
今日は再起SR400さんの記事もリンクさせていただきます。

ぜひ、ごらんになってください。


****



で、今日は各地の神社でも「新嘗祭」が行われているのです。

私は明治神宮に参拝してきました。

131123_1327~01 (500x281)


明治神宮では、新穀を始め日本の各地の収穫物が神前にお供えされて、収穫に感謝する大祭が行われます。

大祭には間に合いませんでしたが、参拝してきました。


131123_1355~01 (500x281)

そして、お供えされた収穫物を拝見。

131123_1358~01 (281x500)

拝見。

131123_1351~01 (281x500)

拝見。。。。。

131123_1357~02 (281x500)

えええ??!!

131123_1345~01 (281x500)


収穫物の宝船!!!!!

131123_1348~03 (500x281)

すごい!!!!

131123_1347~02 (500x281)

これはめでたい!!!



奉納されたものからは、誇らしげな空気が伝わってくるようです。

131123_1349~01 (500x281)


いやあ、なんだかとってもありがたく、嬉しく、なりました。

131123_1348~01 (281x500)


今日は新嘗祭。

神々の恵みに、感謝いたします。


**




今日は、朝ツイートをきっかけで合流したマスオ画伯と、

菖蒲園の庭園にも行って、清正の井戸も見て、

SN3S0765 (530x398)

歩いて歩いて、

イチョウ並木も。。。。
SN3S0767 (530x398)


いやあ、歩いた~。

でも歩いた歩いた秋散歩報告は、また別の機会に。。。。

Category : 明治神宮
Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 2 comments  0 trackback

秋の散歩 ☆ 旧古河庭園 ☆

東京はここ数日、みごとな秋晴れが続いてます。

一日中机に向かっているのがもったいなくて、ふらふらと散歩に出かけました。

131121_1150~02 (500x281)

旧古河庭園

北区にある都立公園です

131121_1215~02 (225x400)


山手線 駒込駅から徒歩10分ちょっとってところでしょうか。

ワタクシは日ごろの運動不足解消もかねて、徒歩徒歩♫

行きと帰りは早足で。
庭園内ではゆっくり秋空を楽しんできました。


131121_1146~02 (500x281)

ちょうど紅葉が見ごろを迎えています。

131121_1144~02 (281x500)

131121_1144~01 (281x500) (2)

きれい~

しか出てこない。。。。


SN3S0744 (375x500)




旧古河庭園は洋館とバラが有名。

131121_1153~02 (500x281)

秋のバラがアナウンスされてから、紅葉の見ごろを待っているうちに結構経ってしまったので、もう遅いかなあと思って期待していなかったのですが、結構咲いておりました。

つぼみもたくさん膨らんで、バラの甘い香りが漂う庭園です。

131121_1156~01 (500x281)

SN3S0760 (500x375)


131121_1152~01 131121_1159~01 131121_1149~01 131121_1152~02

数日ずらすだけで、違う品種がたくさん見れそう。


そして。。。

131121_1203~01 (500x281)

旧古河庭園は 洋館とガーデンと一緒に

日本庭園も楽しめるのです。


SN3S0745 (375x500)

131121_1130~03 (500x281)

131121_1130~01 (500x281)

SN3S0751 (375x500)

池に写る青空と紅葉。。。


131121_1140~01 (281x500)

青空をバックの

131121_1139~02 (500x281)

紅葉。。。。


今日は深呼吸をいっぱいしました。



庭園内には茶室もあって、一服できるようです。
今日は時間がなくてスルーしましたが。。。。

むしろ芝生でおにぎりでもいただきたい陽気でした。
(芝生に入ってはいけません)


歩くとちょうどお散歩にいい距離なので、季節ごとに通ってもいいかもしれない。。。



131121_1105~01 (281x500)
おまけは庭園のご近所の野良猫さん。


などと考えつつ 秋を堪能の休日…じゃないよ。休みじゃないよ。
サクサク帰りまーす♪

**

131121_1245~01 (281x500)

お?

帰宅途中、いつも通ってる交差点の街路樹。

柿がたわわになってる。。。。気がつかなかったな。

日々、もっと上を見て歩こうね~。

Category : 休暇っぽく♪
Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 2 comments  0 trackback

『はじめての断捨離Q&A』☆Kindleでも発売☆

夏にYahoo!JAPANから発売になりました


電子書籍 『はじめての断捨離Q&A』

じゅんじゅん




本日より Kindleストアでも発売です!

↓ ↓ ↓ ↓




以前

「ん?Yahoo!IDがないと買えないの? 
うーむ。めんどくさいな…」


と思って購入を断念した 
そこの あ・な・た((ヽ(๑╹◡╹๑)ノ))♬

この機会に是非ご購入を♫



ゴミ袋1


**


他にも。。。

デジタル・ドクショ
BOOK LIVE

http://booklive.jp/product/index/title_id/230531/vol_no/001

でも…配信開始♪



**

今後、ほかにも続々配信開始される予定です。
わかりましたらまたお知らせいたします♪


珈琲


よろしくお願いいたします。


◆作品記事一覧◆

Category : 漫画の話
Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 2 comments  0 trackback

古径と土牛☆ブロガー内覧会

131102_1741~01 (500x281)
小林古径「清姫」のうち『川岸』



昨晩のことですが 山種美術館 「古径と土牛」展に行ってきました。

131102_1658~01 (253x450)

閉館後に行われた、ブロガーの内覧会。。。

青い日記帳×山種美術館 ブロガー内覧会 第3弾
『特別展 小林古径生誕130年記念 古径と土牛』(@山種美術館)をリアルタイムでレポートしよう!


というイベントに参加してきました。

131102_1703~01 (253x450)

**

写真撮影がオッケーと言うことで、ツイッターにリアルタイムレポートしつつ、楽しんできたのですが

やはり、申し訳ないカメラの写りで。。。いやはや。

**

それでもイベントは充分楽しませていただきました。


館長さんのギャラリートークで絵の見どころや解説があり

131102_1723~01 (500x281)

たっぷり展示を観賞する時間も十分あって


後半はメイン会場を一階に移し、
みんながリアルタイムレポートをした写真や感想などを画面表示しながら

カフェ椿のオリジナル和菓子をいただきつつ、参加者は一休みしたり交流をはかったり。。。

131102_1855~01 (400x225)
131102_1827~01 (400x225)
131102_1826~01 (400x225)
今日私が頂いたのは右上の「鶴の袖」
柚子餡が美味しい、食べる藝術…♪


131102_1816~02 (281x500)

モチーフになったのはこの絵ですね。
奥村土牛「舞妓」




なんていう、非常に濃厚な二時間でした。

(しかも入館料(1200円)含み、和菓子(500円)も一ついただけて、800円也。
これは素敵な企画ですねえ♪)

**

131102_1922~01 (500x281)
小林古径「富士」

帰宅して写真を整理してから気づいた。。。
「戦艦献納展」……って。。。

131102_1921~02 (281x500)


**



先日の速水御舟を見に行った時も感じたのですが、最近では日本画や美術鑑賞自体がブームなのか
非常に大入りのこの美術館。

でも、そのブーム自体も時代の流れだけではなく、美術館側の努力もあるでしょうし、

こちらの山種さんなんかは見る側の心をつかむ企画の立て方がうまいよな~と思うわけです。うん。


こうしてブロガーの内覧会をすれば、ブロガーは勝手に宣伝してくれますし♫
私自身も展覧会情報はネットで集めますものね。うん。


**


で、今日の本題です。


いきなりお気に入り ベスト3...いや、ベスト5.いきます。

131102_1819~01 (281x500)

奥村土牛 「醍醐」


SN3S0733 (375x500)
SN3S0734 (500x375)


これが見たかったのです。
想像どおり、想像以上の
うっとり。。。
です。

**
131102_1743~02

奥村土牛 「城」
     
すごくすごく、好きな絵です。

えーーーと、、、、

この辺とか、、、

131102_1920~02 (500x281)

この辺とかも。。。。

131102_1920~01 (281x500)

**

131102_1822~01 (281x500)


奥村土牛 「鳴門」

**


131102_1743~01 (550x309)

小林古径 「栗」

墨と金泥で描かれた栗...渋い。

**
131102_1752~01 (281x500)

小林古径 「春日」

この絵の

SN3S0726 (375x500)

この部分がとっても好きで、、、。

何度も何度もこの部分を眺めていました。


**


そういえば、館長さんのお話で、

古径の作品は座敷の床の間などに飾られることが前提で描かれている物が多く、したがって掛け軸や額装でも比較的小振りの物が多く

片や土牛は、とても長命だったこともあり、活躍した時代が少し後になり、展覧会で発表すること前提だ描かれた大きい物が多い

という解説がありました。

言われてみたらそうですね。。。。

SN3S0722 (500x375)

小林古径「蓮」



SN3S0723 (500x375)

奥村土牛 「蓮」

並べて展示してあったから一緒に写すと分かりやすかったですね。。。。


なるほど、ちょうど、時代の境目だったわけですね。


と同時に「そうか、言われてみたら当たり前だけど、この時代の高名な日本画家さんだって、好きなものを好きなように描いていたわけではないのだな」と。。。。

いつだって求められる形と言うのはあるものなんですね。。。。


なんてことを思いました。

いや、本当にあたりまえなんですけどね。

展覧会を見ながらそんなことはあまり考えたことがなかったので。


**


他にも印象に残った絵は、いっぱいありました。

SN3S0732 (500x375)
柿の葉の金がわかるように撮影してみた!


写真もたくさん写したのですが、初めにも書いた通り、いやもう、写りがいまいちで申し訳ない。。。

しかも、お菓子をいただいて一休みしてふと思ったのが。。。。

写真撮影可ということで、なんだか一生懸命カメラを構えてしまい、どうも絵に集中できていなかったみたい。

自分残念。。。。

ってなわけで、もう一度展示階に下りてひとまわり致しました。


今度はカメラなし。

イベントに参加の皆さんもすでに交流会場に移動している方が多く、展示室はひっそり。。。

いやあ、最後の最後時間一杯まで本当にゆっくり鑑賞を楽しませていただきました!

**

てなわけで、なんだかんだいっても現物にはかなわないわけで、興味がある方には、やはり是非、美術館に足を運んでいただきたいな!

と、企画に即した言葉で〆ましょうね。。。。わは。


131102_1742~02 (500x281)
小林古径 「清姫」のうち『清姫』



そしてわたくしは、奥村土牛の大きな絵。。。

かなり好きだなーーーー!!!

131102_1751~03
奥村土牛 「浄心」

Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 2 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。