FC2ブログ

鈴木淳子✫製作日記 | 漫画家◆鈴木淳子の徒然ブログ。お仕事、趣味、日々の由無し事から憂国の思いまで

縄文土器づくり(5)~焼き上がり~

さてさて、野焼きした自作の縄文土器。

横からの正面写真がまだでしたね。


じゃーーーん
43828759_1893319417456262_5552382022023905280_n.jpg 
ぶはっ!!!

やばいかわいい!www

そしてもう一つ。。。。
じゃん!
43787924_1893319290789608_3785985114186448896_n.jpg

これ、
火焔土器!と見せかけてーーーの
猫耳土器でございます。

いや、普通に炎っぽく、そして王冠型みたいに4つの炎をとデザインしたんですけど

終わってみたら「猫耳?」だったわけなんですが……
43879988_1893319474122923_2056741747928596480_n.jpg 

でもちゃんと猫がおりまして
猫の鈴は先生が付けてくれました♪

ん、いいんでない?(笑)


44023862_1893319564122914_5941411355012628480_n.jpg 
実は裏側は、パーツが派手に落ちてしまいました。
パーツを付ける時の泥(どべい)が足りなかったんです。
でもそのパーツも割れたりせずにきちんと焼けています。


43788712_1893319614122909_238976618914119680_n.jpg
猫耳の方は一つハートが欠けています
がーん

でもこれも、ちゃんとハートが残っているので修復可能!


黒いすすは全部落とすよりも少し残した方が「それっぽい」ので
水洗いで白いすすを落とし、、、、、

この後乾かして修理します。

43788288_1893319517456252_6644083015548928000_n.jpg 

すごい。。。。本当に土器だ……。

初めて作った二個ですが、へんてこな物体も、落ちたパーツも愛おしく
出来がいまいちでも大満足!!!

体験させてくださった縄文館の皆さま
教えてくださった先生

ありがとうございました~~~~~♪


まだ続く…かも?

Category : 縄文土器
Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 0 comments  0 trackback

縄文土器づくり(4)~野焼き~

10月のとある土曜日

馬髙縄文館の広場にて 縄文土器の野焼きが行われました~(*´-`)

44023209_1893359417452262_1711313947971289088_n.jpg 

なんという良いお天気♪

(実は風が強かったのですが……)



さて、先日の体験で作った土器たちがここで焼かれます。

縄文時代の窯は発見されていないことから、
縄文時代もこのように野焼きで土器を焼いていたと思われるのだそう。


私が到着した時には
縄文館の方々の手により、さくさく作業が進められておりました。

44164470_1898235183631352_318737318401802240_n.jpg 
43880342_1893102774144593_936853970666651648_n.jpg

午前8時ごろから作業がはじめられ
はじめは遠火で土器をしっかり乾燥させ
その後、火に入れて
徐々に高温で焼き
ついた黒いすすが白くなって
土器が焼き上がるのは午後3時ごろだそう。

44118683_1898235226964681_6196175242914693120_n.jpg 
この木材全部使います(すでにかなり減ったところ)

この日は前日が雨模様だったので土が湿っていて
ちょっと時間をかけて乾燥させたそうです。


私は所要があって中座しまして

用事を済ませて戻った時には、すでに焼き上がり…


44277370_1898235140298023_1021597399153377280_n.jpg 

おお、白い灰の上に土器が!!!

残念なことにすでにかなりの土器がひきとられていった後でした。。。。
皆さんの作品 見たかった><
もうちょっと早く戻るべきだった。。。。

いや、ずっと張り付いて野焼きの工程を見たかったです。

44237901_1898235056964698_2536552593472094208_n.jpg 

あ、これ!私の作品!

44185939_1898234980298039_1876245004284854272_n.jpg

そしてこっちの左下のも!!

(右上の大きなものは先生の作品。すごーーーーーいかっこいい!)


**
「帰ったら水洗いして煤を落として」
「黒いすすも、石鹸で洗えば落ちますよ」
「落ちてしまったパーツはボンドでくっつけてね」

などなどアドバイスをいただき
まだ焼きたてほやほやのぬくもりのある土器を引き取り

『土器づくり体験』のイベントはこれにて終了。

とっても楽しかったです~~~~~♪
ありがとうございました~~~~♪


**

さて、持ち帰った土器を
きちんと洗って修理(仕上げ?)してあげなければ!

44027863_1893319317456272_3657737021360701440_n.jpg 

続く…


Category : 縄文土器
Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 0 comments  0 trackback

縄文土器づくり(3)

さて、はじめての縄文土器づくりの一週間後

今度はまた違う長岡市郊外の遺跡…藤橋遺跡の藤橋歴史の広場を会場に

「縄文土器づくり体験」!!!

二週連続で申し込むのはいささか気が引けましたが
二週目はあまり知られていない会場のためか人数に余裕があったようなので、堂々と参加です(笑)


前回の帰り際に先生から、作りたい土器の形をデッサンしてくることをすすめられ

一週間、いろいろな火焔土器の写真を見ながら研究(笑)

一日(約4時間)で、しかも素人の自分の腕前で可能 かつ
より火焔っぽく見えるデザインを
あーでもない、こーでもない、、、

で、前日までに準備したデッサン画はこれ
44090610_1897919200329617_4896925972059652096_n.jpg
(こうしていけば先生もより具体的に的確に作り方を教えてくださいます)

さて、どうなるかな?

44191114_1897919153662955_3582005430693396480_n.jpg
今回は途中お昼休みの時のみ撮影する余裕がありましたw
 
42763983_1876741109114093_8175671179391008768_n.jpg 

お昼休みは濡れタオルで覆って乾き防止。

粘土は手の体温でどんどん乾くし、水が多過ぎるとやわやわで形が崩れるし
なかなか扱いは難しいですね。

でも、子供の頃の泥遊びと油粘土の工作のようで
基本は超楽しい~~~~♪

**

藤橋歴史の広場 ショットアレコレ

44096658_1898215623633308_8550184188639182848_n.jpg42813437_1876741275780743_6742105619626459136_n.jpg
 44253982_1898215590299978_4341322186535993344_n.jpg44228327_1898215513633319_8939611411693174784_n.jpg44255255_1898215686966635_5339293683558645760_n.jpg44221405_1898215460299991_3434441306569441280_n.jpg


さて、この日完成したのは。。。。

じゃん!

44254571_1897919110329626_5109311061169799168_n.jpg 
正面写真はありません...あしからず...

先生にいろいろ助けていただき、時間ぎりぎりでなんとか形にして

あ!と気づいた時には箱に収めていました(笑)

数週間後、焼き上がりをお楽しみに!ということで~~~~~♪


続く……


Category : 縄文土器
Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 0 comments  0 trackback

縄文土器づくり(2)


新潟県立歴史博物館からほど近くの小高い丘。

42363918_1868585359929668_8963193629711532032_n.jpg 

今から82年前に「火焔土器」が発見された馬髙遺跡があります。

42287166_1868585309929673_652764376779980800_n.jpg

そこにある『馬髙縄文館』

42321861_1868793859908818_6820703529733193728_n.jpg

ここで、「縄文土器づくり体験」をいたしましたよ♪

わくわく♡土器ドキー♡です♪

**

はい、これがわたくし製作の初土器です。。。。

43952484_1897919230329614_5536265668346773504_n.jpg 
ぶはっ。。。意図しなかったけど、顔みたいですね…。

この日、もちろん火焔土器をつくるつもりで参加したわけですが、

のっけから縄文館の先生に
「今日一日で火焔土器はとても無理です」と言われてしまいます。
ま、考えてみたらそんなの無理に決まってるわけで、当然なのですが、「土器づくりに参加!」というだけでなんだかワクワクで、「火焔土器当然作る気満々」だったんですよね……。

そんなわけで頭の中は真っ白。

縄文館に展示されているいろいろな土器を是非参考にして~とアドバイスをされるも

42340651_1868793989908805_6788304529835163648_n.jpg 

うーーーん、だって本当はこれ作りたいw

42332505_1868794049908799_579388107523096576_n.jpg
おおーーーーー、
王冠型土器もかっこいいね

42286602_1868794093242128_4854005788345106432_n.jpg

いやいや、どれもこれも難しそうだ

 42286081_1868793939908810_5110802243750199296_n.jpg

そっかーーーーー縄文土器と言ってもいろいろあるんだよねえ。

そもそも火焔土器って縄模様ついてないじゃん。。。

などとぶつぶつ。。。。

44168536_1897919263662944_4395693534745722880_n.jpg
葉っぱの上で作ります。縄文土器の底は葉紋♪

そんなこんなで頭真っ白なまま
そのまま粘土を触り始めて、あーでもない、こーでもない
あ、こういうのいいかも、
あ、ああいうのかっこいいね、、、

そしてあっという間に時間がたち、、、、、
(製作中は写真撮影する余裕なし!)

気が付けばあの「謎の物体」を作り上げてしまったのでした。

43952484_1897919230329614_5536265668346773504_n.jpg 
ぐは。。。再び


とはいえ、はじめての土器づくり。

お子さんと親御さんのファミリーイベント参加がほとんどで、
中にはシニアのご夫婦や
お友達と、また単身での参加と思われる方もちらほらりと
基本的に終始ほのぼのした秋の連休のイベントでした。

そんな中マジガチ参加してしまいましたが……
42281427_1868794353242102_760252324273717248_n.jpg
皆さんのとっても自由で元気な作品たち。ドキドキ―――♪

とっても楽しく―――――参加させていただきました。


あ、新潟の地方局テレビの体験取材入ってたけどどこかで放映されてたのかなあ…
(テレビ見ないからチェックの仕様がないのですが。。。)

**

44180463_1897919333662937_2204515213053526016_n.jpg 

そうそう、以前ネットのニュースで見たこれ。

オリンピック聖火台を火焔型土器に!

ツイートで見かけてリツイートした記憶があります。

地元ではさらにあちこちで話題になりますが……さて、どうでしょうかねえ。

決まるといいですねえ。

ワクワクドキドキ♪


更に続く……

Category : 縄文土器
Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 0 comments  0 trackback

縄文土器づくり(1)~ドキドキ体験~


長岡市の実家に引っ越してもうすぐ5カ月。

44290359_1897919046996299_6779598429262708736_n.jpg   
ゴエモンも一軒家の暮らしにすっかり慣れました


暑い夏をなんとかやり過ごし、秋も深まってまいりました。

44202343_1897918963662974_6526871657234038784_n.jpg 

ここから寒くなるのはあっという間ですよ~(*´-`)

44194868_1897919000329637_2685413393992515584_n.jpg
庭の木もなんとなく秋色…♪

**
さて、この夏は「縄文ブーム」が到来していたそうですね。

上野の国立博物館が「JOMON展」でにぎわいを見せていたそうで

同じころわたくしはご近所の新潟県立歴史博物館にお邪魔して
縄文時代の火焔土器に魅せられておりました。



じゃーーーーん
44164433_1897939436994260_2547293975966908416_n.jpg

新潟歴博の常設展示室「縄文文化を探る」の部屋です

なんかすごいベタな近未来的な感じ‥…(笑)
火焔土器がタイムワープしてきたっぽいですね

この日は火焔土器が中央のカプセルに展示されておりました。

**

子供のころから『長岡市は火焔土器の故郷』と聞かされてまして
地元の「ボンオーハシ」というパン屋さんの「火焔サブレ―」は
大阪に住んでいた子供の時に、長岡から来る親戚がお土産に持ってきてくれたりなんかして
とてもおいしかった記憶~♪(最近見ない…作るのやめちゃったのかな)


44159366_1897939790327558_3568724107618942976_n.jpg


とは言いながら、「火焔土器」はよくある地元の自慢のモノぐらいの感覚だったので
今「縄文がブーム!」と言われてもあまりピンとこないというのが正直なところ(笑)

**

ところが!!
夏のある日、新潟の歴博で 改めて縄文時代の土器や土偶を見たところ。。。。

44135013_1897940090327528_7568677921192148992_n.jpg

おお♪

44141364_1897939996994204_4706588019526729728_n.jpg 

おおおお

44196098_1897939716994232_5078237900496175104_n.jpg

おおおおおおおおおお

ここまで並んでいると壮観ですなあ!!

44185900_1897939820327555_9007795275942592512_n.jpg


うん、

44297737_1897939613660909_8823180633619562496_n.jpg

かっこいい!

岡本太郎がインスパイアされたという火焔土器
まさしく爆発する藝術!!

44257046_1897940413660829_3766912203806998528_n.jpg 
爆発して欠片になったわけではない…


と、なんだかやけに心に響きまして。

縄文時代の生活の魅力とか、

44255320_1897940366994167_5565316165711953920_n.jpg 

土偶の可愛さとか、

44167163_1897940236994180_855736521074933760_n.jpg 


いろいろありますが、

44145760_1897940333660837_4065887883758665728_n.jpg

私の一番の思いは


【火焔土器作ってみた―――い!!】でした。

44113596_1897939483660922_1496267452311404544_n.jpg
これが「縄文」
麻縄でくるくる、製作中の土器に押さえつけて模様を付けるのですね。
一気に同じ模様を付けることができる便利な道具。
アナログ漫画で言うところのスクリーントーンか。。。。


**

てなわけで!!
「縄文土器づくり体験」に参加しました~~~~~~♪

42281427_1868794353242102_760252324273717248_n.jpg 

それも二週連続で(笑) 


続く…







Category : 縄文土器
Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。