FC2ブログ

鈴木淳子✫製作日記 | 漫画家◆鈴木淳子の徒然ブログ。お仕事、趣味、日々の由無し事から憂国の思いまで

火焔土器づくり~経過報告その2~

着々と進む火焔土器製作。。。。


0318.jpg

前回の崩落から学びを経て、水分量は慎重に。

53383993_2095181120603423_7220712087620681728_n.jpg
キチンと乾燥を進めていけば逆さにして作業もできます

そして歴博での「鶏頭冠づくり講座」の直後ということもあり、
以前教わった板状の鶏頭冠をつくって乗せるやり方でなく、
粘土紐を積み上げるやり方で鶏頭冠をつくりました。

0318鶏頭冠紐

土器づくりの先輩方のスーパー神の手から直接教われるのも本当にありがたい……。

54210433_2095181013936767_2462682969911853056_n.jpg
54268031_2097985373656331_5863317824390299648_n.jpg
先輩の完成品をまんまお手本に……これは強力!!

「仕事がヒマ」をいいことに、仕事場を土器づくりアトリエにしてしまった春でした。

もう一息0318

てなわけで、へとへとになるまで粘土と向き合い……

ごえチェック0319

ゴエモンチェックなども受けながらw

成形完了!

出来たー

じゃーーーーーん

まだまだ甘いところだらけですが、いつまでもやっていると「いじり壊す」可能性があるので
今回はここらで手を止めて、乾燥させます。

焼きあがるまでは完成とは言えないのですが、、、ここまででもかなりな達成感!!!

焼くのはゴールデンウイーク明けてからなので、ちょっと先です。

今日も感謝とともに♪

Category : 縄文土器
Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 0 comments  0 trackback

歴博講座「火焔土器の鶏頭冠をつくる」

先日、新潟県立歴史博物館の体験講座

「火焔土器の鶏頭冠をつくる」を受講してきました~♪

53439649_2097843727003829_6549216314785792000_n.jpg 

歴史博物館の研究員の方の指導の下

火焔型土器の上部につく特徴的なあの飾り
「鶏頭冠」
紙粘土で作ってみよう!

というものです。
53527655_2100554876732714_2024783630718468096_n.jpg

その構造や制作過程は実際に出土した土器をCTスキャンやレントゲン撮影などで分析するなど
いろいろな方法で研究されているそうです。
この日は「現在【こう作ったであろう】手順」を教わり
実際に作ってみるという体験講座です。
(細かい装飾は別。あくまでも構造と手順のみ)
 
53533207_2100507716737430_314165119556780032_n.jpg 
怪獣っぽい鶏頭冠。裏から見ると確かにニワトリっぽいです。

ちなみに「鶏頭冠」というのは
あくまでも現代人が考古学の研究をするうえ便宜上つけた、この土器の突起の「あだ名、呼び名」です。
「縄文時代の人達はこのように呼んでいません。縄文時代にニワトリはいなかったので!
という説明を聞いて、納得しつつちょっとずっこけてしまいました(笑)
また、「火焔」というのも同じです。
この土器が「燃える炎のよう」と今の私たちはその名称から印象を持つわけですが
果たしてこれを作った人が火焔をイメージして作ったかはわかりません。

うん、謎ですよね。
ミステリー♪


さらに言えば縄文人たちは自分たちがその時に
「縄文時代を生きている」という自覚はなかったわけで。
わたしたちは平成から次の元号への時代の境目を生きている!なんて大騒ぎしていますけれど…。

**

さて、
火焔土器についてあれこれ簡単に解説をしてもらったあと
いよいよ紙粘土の封を切ります。53459162_2100554836732718_6647957587151028224_n.jpg

その後、ざっくりとした説明と スライド写真を参考に

その通りに手を動かしていくわけですが…

53595362_2100554806732721_4020424022842933248_n.jpg
まずは土台とテキトーに粘土紐を10本ほど ここからスタートです。

約10パーツ+最後のギザギザ6-8個
をくっつけていきます。

53669227_2100554776732724_3254305675186012160_n.jpg53731952_2100554736732728_4276170028031672320_n.jpg53491986_2100554683399400_5173260315298627584_n.jpg

研究員のセンセ―は
「皆さんがイメージするよりも、案外単純で、火焔土器は簡単に作れるんですよ!」
「簡単なんです!」
を連呼しつつ教えてくれます。

(え―――――……そんなに簡単じゃないっす、少なくとも私には……笑)
53814282_2100554650066070_5940207278111064064_n.jpg53570553_2100554593399409_6568896610850308096_n.jpg
どんどん進みます。
54433523_2100554540066081_5929310301836017664_n.jpg 54114849_2097984876989714_2005965983130320896_n.jpg
で、
完成。
うん、一応言われたとおりに…
53298679_2100554460066089_2323650364529704960_n.jpg

えーーー…完成?(汗)


ちなみに、センセ―のお見本がこちら。
53466102_2100554430066092_8879594268843311104_n.jpg

………
………

うん…、きっと構造と手順はこうなんでしょう。それは間違いなく!!

でもこれ…
わたしの知っている(今作っている途中の)鶏頭冠…になるのかな?
54268031_2097985373656331_5863317824390299648_n.jpg 
これなんですけど…

と、ここでわたくし的にはいろいろ謎を残し
講座の一時間半はあっさり終了!!(笑)

(なんだかとんでもなく謎を残したままだ…ヤバイ…www ←心の叫び)

てなわけであとは、帰宅後…
53888994_2100554190066116_435303714362753024_n.jpg 
またにゃにを持って帰ってきたにゃ?

手順を忘れないうちに残った紙粘土をこねこねして

もう一度…

 

ああ、なるほど!こうなってるわけか!!「

そしてもう一度…

そっか、ここが違ってたのか!!


(残り少ない紙粘土なので、どんどん小さくなりました)

53783991_2098259716962230_1173472609585594368_n.jpg
なるほど、うん
多分こういうことだな!

構造はわかった!!
(うまく作れるかどうかはまた別だけど!!!)

**

そんなわけで
この日一日で、怪獣っぽい物体が三つもできてしまいました(笑)

53792554_2100506980070837_2514189239927701504_n.jpg 

いやあ、とっても勉強になりました!
そして楽しい…!!(またしてもこのワードwww)

**

後日、乾燥させたのち
手順がわかりやすいように粘土紐に色をつけてみました。

 54257531_2108992955888906_3685021853375528960_n.jpg
アクリル絵の具でぬりぬり…

この写真をFBにUPしたら、
「アートだ!!」
「想像力を掻き立てられます」
と、いろんな反応がありました。
、、、面白いですねえ♬


54390909_2108988855889316_7816489133215318016_n.jpg
紙粘土なので色落ちしてしまうので、
スプレーニスをシューっとして、仕上げ。

仕事机に飾っていたらなんだか妙に愛着がわいてしまいました。。。
お気に入りのオブジェ、完成です♪

**

同好会で作りやすい方法として教わっていた鶏頭冠の作り方と
今回教わったのは違う手順ですが

どっちもできるようになっておきたいところです…うむ。

土器づくりにさっそく生かしたいと思いますー♡

Category : 縄文土器
Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。