鈴木淳子✫製作日記 | 漫画家◆鈴木淳子の徒然ブログ。お仕事、趣味、日々の由無し事から憂国の思いまで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 

アラカン(嵐寛寿郎)の明治天皇

行ってきました 明治神宮。

『明治天皇百年祭』 夜間特別参拝。


参道に灯されたろうそく約3000個。。。。

神宮ろうそく2

ところどころに篝火が燃えてます。。。

御社殿はめったに見られないライトアップ。。。

神宮ライトアップ


酷暑の東京とは思えない涼しい風とあいまって、神宮内は幻想的でした。




そして見てきました

明治天皇と日露大戦争


『明治天皇と日露大戦争』

明治天皇役は嵐寛寿郎です。

屋外のスクリーンにフィルム上映で、なかなか味わい深い映像。
(でもはじめの20分ぐらいはまだ明るさが残るので、DVDでの映像でした)

えーと、率直な感想…

凄く感動。

日本人なら一度は見ておくべき映画!

うーん大げさかな。。。。いや、でもそう思った。。。!!!


映画は昭和30年頃に造られたもの。

映画の時代は明治の日露戦争の頃。

どちらもリアルタイムのことは知る由もございませんが、『重厚』な映画の雰囲気が非常に印象的でした。

そしてこの映画を明治神宮の境内で、このタイミングで見ることの、なんでしょう、、、
不思議というか、有難いことというか。。。。


**

参拝を済ませ上映会場についたのは開始30分前のちょうど6時頃。

会場のパイプ椅子も随分埋まっておりました。

私は最後列のひとつ空いている席に着席。

時間までノンビリしていましたが、時折そよぐ涼しい風がなんとも心地よく、そうそう、ヒグラシも鳴いてました。

スクリーン


実は池袋で寄り道をしてからの明治神宮だったのですが
さっきまでいた池袋駅前とここが同じ東京とはとても思えませんでした。

上映が始まり、映画にどっぷり入り込み、あっという間の1時間50分。

気がつくとうっすら出ていたお月さまが半月とは思えないぐらい明るくスクリーンのすぐちかくまできていました。

上映と月


ちょっとしたタイムスリップでした。

**

帰る道々、ろうそくが灯された参道を歩きながら、

映画の中で戦っておられたすべての人たちに改めて感謝の気持ちが湧いて来ました。

ふと見ると、杜の木立の向こうに原宿駅。

その向こうには街の灯。


平和じゃないけど平和な現在。

今の私達が謳歌している時代は全て、歴史という重みの上に立っていることを考えさせられました。

**

実は池袋の駅で人間の波に酔いそうになって、買い物を済ませた足で帰ろうかとも思ったんです。

今日は本当に暑かったし。。。。

いや、でも、足を運んで正解でした。

映画も見れてよかった。


**

神宮ろうそく


夜間特別参拝も、映画の上映も、明日29日日曜日も行われます。

お勧めです。

興味のある方は是非どうぞ。

夕涼みがてらの参拝もお勧めです。代々木の杜は本当に涼しかったです!

Category : 明治神宮
Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://junkosuzuki.blog52.fc2.com/tb.php/1025-7c4f0637
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。