鈴木淳子✫製作日記 | 漫画家◆鈴木淳子の徒然ブログ。お仕事、趣味、日々の由無し事から憂国の思いまで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 

稽古(の日常)

今日は 鳴戸部屋の稽古を見学して来ました。


鳴戸1209

忘れもしない。。。去年の今頃も行ったんですよね。
九月場所の直前。
(その直後にゴエモンと出会い、その週末に我が家に迎えたのでよくよく覚えておるのです)

その時は超久しぶりに見た稀勢関の様子が以前と豹変していて、たまらなくワクワクしたのでした。
『大関取りはまもなくだな』と確信したものです。

そして11月に大関昇進。


その勢いで優勝、横綱へと駆け上がって欲しいのはやまやまでございますが、
そう簡単に行かないのがまたお相撲の面白いところなわけでして。。。

それでも少しずつ少しずつ前進する稀勢の里を応援して、冬を越し、春を過ごし、
この夏を見送ろうとしています。

**

報道によるとこの数日は二所ノ関一門の連合稽古、横綱審議委員会稽古総見と、外での稽古が続いたようです。
おまけに昨日一昨日は鳴戸部屋に綱とり場所の大関日馬富士が出稽古に来ていたとか。。。
4日連続でキッセーと稽古したかったなんて、ストーカーのようですね。


実はわたくし、本当は昨日稽古見学を考えていて、ハルマが出稽古にくるってんで(ネットのニュース情報)その稽古にも興味はあったのですが、一年ぶりなのでやっぱり部屋の若い衆の稽古をちゃんと見たいなあとも思っていて、今日は出稽古がないことを祈りつつ本日伺ったわけです。


はい、今日は部屋のお相撲さんたちの稽古ががっつり見れました。

去年もそう思って書いたんだけど、鳴戸部屋は関取衆が4人もいるのだけれど、若い衆の人数が少ないです。

去年いた若い衆も何人かやめてしまいました。

寂しいです。。。。

でも、去年もいた若い衆は、ちゃんと一年稽古した分、きちんと強くなっておりましたよ。
(ちゃんこ当番で稽古場にいなかった子は見れなかったけど、他は全員。)

番付まではちゃんとチェックしていないけれど、私の記憶の中のみんなより、ちゃんと強くなってた。

『腹回りもだけど、もしかして随分背が伸びてない?』という取的くんもいました。
怪我して番付下げていても、大丈夫。ちゃんと迫力増してましたよ。

『一年たってもなかなか太らないねえ』という取的くんもいます。
本場所、ネットで取り組みを見ても前に出て勝つ相撲がなかなか無かったけれど、
今日はみっちり『前へ前へ』を言われて押してました。いいぞいいぞ。

みんな、一番でも多く白星をつかめますように。。。。


そして今日の私的見所は。。。
新弟子(候補?)と思われる若い衆が一人おりまして。まだ坊主頭の細くて白い子です。
名前はわかりませんが、彼に、隆の山関が腕立て伏せから、すり足、鉄砲…を手取り足取り教えておりまして。
もちろん流暢な日本語で。
果ては自分で胸を出して、自分の胸筋に鉄砲をさせてました。
『ぺち!ぺち!』って全然痛くなさそうな音が響いてました。

新弟子くんは本当にまだ土俵にも何度かしか上がったことがないという感じで、
最後に、親方と関取衆4人と他の若い衆全員が見守るところで

『蹲踞』『仕切り』『ぶつかり方』を教わってました。
あ、あと普段の立ち方や声の出し方も。

新弟子は、本人どこでどうしていいか全くわからないでしょうし、所在なげにウロウロビクビクしちゃいがち(いままでにそういう子、何人か見ました)
今日の新弟子くんもそうだったんですけど、親方がきちんと教えると『はい』と素直に返事をしてました。

いえね、別に相撲の世界だけでなく、『言われたことを素直に聞いて、そのまま実践する』って
案外難しいことなんですよね。

『頭のてっぺんじゃなくておでこの生え際でぶつかるんだよ』「はい」
『もっとおもいっきりぶつかってみろ、相手が痛くても構わないよ、お前は痛くないから!(笑)』「はい」

「はい」って返事は威勢がよくてもなかなかそのとおりにはできないもんです。
おもいっきりぶつかるなんて、やったことなければほんとうに怖いと思うし、土俵の上にゴロンって転がるのも、難しそう。

でも、彼はやってました。

『かかとはあげないで前に出る!』「はい」
これを言われた瞬間にもちゃんとやってて、見ていて結構びっくりしました。

『大きい声で』 「はい!ごっちゃんでした!」


素直さってのは大きな才能の一つです。

たくさん食べて大きくなって、立派なお相撲さんになってほしいです。

応援してます。もちろん鳴戸の力士、全員ね!


**
あーあ、私も「相撲取りになりたいという新弟子候補」を発掘したいものだわ。
場所に応援に行くより、何より部屋にそして相撲界に貢献できるというもの。。。。
残念ながらそんな交友関係、全くありませんけれど。。。。
**


さてさて、関取衆の稽古。

場所前といっても、いつでもびっちりみっちりの鳴戸部屋ですから
いつもの様に稽古をこなしておりました。

高安関は先場所後半盛り返したけど、結局何処か痛めていたのでしょうか?
まだちょっと何処か痛そうでしたけど、
今日は三番稽古で(10番ぐらいかな?)稽古してました。
ヒーヒーと悲鳴を上げてキッセーに投げられてました。

若関はマイペース。土俵に上がる番数はそれほど多くありませんが、土俵の横でのストレッチと筋トレはずーーーっとやってます。存在感が半端ない。。。。

隆の山関のぶつかりは迫力ありました。若関が胸を出してましたが、押し切る時の様子が、どこからそんな力が出るんだーという感じ。


そして最後に稀勢関。。。。
うむ、順調だと思われます。

今日の帰りにツイッターで『稽古行ってきた』って呟いたら
キセハハ仲間が間髪入れず『176キロどうでした?』と。。。
体重が増えすぎでないかと心配されているようです。

が、そんな心配は全くご無用といった感じでしたよ。
むしろ動きは軽さが出てたし、隆の山関との稽古は『よくそんなに動けるねえ、ふたりとも』っていう感じ。
それでいてどっしり感は増したという印象。。。。

そうそう、今日もひとつ、今までがどうだったかは定かではないけれど、新発見がありました。
キッセーが仕切る時、左足の位置を決めて立つと、面白い現象が、、、、ほほう。
次に右足を決めて立つと、これまた同じように、、、むむむう。

今日の立合いはすべて『右拳をついて、そのあと左拳をついて立つ』でした。

稽古だから本場所始まったらわからないけれど、ちょっと以前の立合いに戻しているのかな?と思いました。
良い感じだ!!!!と、私は思う!

そしてそして
拳をついた時に両足にあの現象が現れたら、稀勢の里はもう無敵になると思われます。


うおおおおおおお!
頑張れキッセー!!!!


昨日までの、たぶん激しかったであろうハルマとの稽古は、きっせーにとって場所前の良い稽古になったかもしれませんね。

それにしても綱とり大関が出稽古に来るって、
いつの間にやら押しも押されぬ横綱扱いの稀勢の里なのであった。

そうね、もうそろそろ周りの扱いに追いついて
正真正銘の横綱になってもいいんじゃあありませんこと?





**

そんなこんなでいろいろ思う所あり、私自身も勉強になった(?)今日の稽古見学でございました。

帰りに部屋から最寄りの駅まで歩きまして、途中見つけた和菓子屋さんに立ち寄りました。

今日のお茶の時間に頂きます。

馬橋焼
『馬橋焼』ってなんだ?

豆大福
『豆大福』中は粒あん。100円。


**


と、途中ちょっと意味不明の稽古見学日記。

実は本場所近くなると、このブログには
『鳴戸部屋 稽古見学』とか『相撲部屋 見学』とか『国技館 チケット』
とかで検索をかけて訪れてくださる方が非常に増えるのです。

せっかく訪れてくださっても、意味わからんレポートで申し訳ないです。。。(笑)


お詫びの印に、稽古後記者さんにインタビューされる稀勢の里(遠景)をお届けします
稽古後インタビュー


大相撲九月場所は 
九月九日(日) 初日を迎えます!

Category : 相撲の話
Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 8 comments  0 trackback

-8 Comments

再起(せき)SR400 says...""
 ふぅ~~。読み応えありましたよ~。

 ・・・・それにしても、「あの現象」・・・・?
 気になるなぁ。
2012.09.05 16:46 | URL | #- [edit]
◆鈴木淳子◆ says..."再起(せき)SR400様"
早速のお越しいらっしゃいませ。

さらっと書くつもりがいつも稽古見学の時はあれもこれもと書いてしまいます。

>  ・・・・それにしても、「あの現象」・・・・?
>  気になるなぁ。

この現象は私の心の目にしか見えませんので(えええ!??そうなの?)ここで文字にして書くのはどうかなあと。。。(なんじゃそりゃ)
↑ツッコミ予想を自分で括弧に書いてみました。

でもたぶん、四股を踏んで行き着いた『完成形』になれば、こんなかんじになると思うんですよね。
いまはまだ、立合いの瞬間は消えてしまうんですけど、もうちょっとな感じなんですよー。うん。
(ますますわからん?)

2012.09.05 17:28 | URL | #pprjMJPo [edit]
◆鈴木淳子◆ says..."追記"
あ、違う。立合いの瞬間は消えてない。
拳をつくときにちょっとおぼつかなくなるんだ。
2012.09.05 17:32 | URL | #pprjMJPo [edit]
◆鈴木淳子◆ says..."さらに追記"
再起SR400さま。
my日本にちょっと書きました。
どうぞお越しくださいー。
2012.09.05 17:45 | URL | #pprjMJPo [edit]
ビコロール says...""
じゅんじゅん様
稽古見学レポート読ませていただきました。
キッセーを始め、鳴戸部屋の力士の皆さんの頑張っている様子が伝わって来ました。
9月場所もキッセーそして鳴戸部屋の応援頑張りましょうね!
2012.09.05 20:52 | URL | #- [edit]
◆鈴木淳子◆ says..."ビコロール様"
こんばんは~♪
はい、みなさんほんとうに頑張ってましたよ。
正直言って、以前は『おい、サボるなよ』と思う瞬間がなかったわけでもないんですが、そんな雰囲気は全くなくなりました。
九月場所も楽しみですね。応援頑張りましょう!

2012.09.05 21:55 | URL | #pprjMJPo [edit]
みい says..."若い衆"
はじめまして。
部屋の力士の勝敗が気になって、とりあえず初日の結果と二日目の取組を調べたのですが、若い衆の人数が足らず、ネットで検索していたら、ここにたどり着きました。
場所前に稽古見学に行かれたんですね。レポートありがとうございます。私は東京が地元ではないので、馬橋の部屋に最後に行ったのはもう8年位前になります。国技館には行けても部屋迄は行けなくて。
新弟子くんがいるようで良かったです。名古屋場所後に二人辞めてしまったようで、今場所は他に三人休場しているようで、出場力士は関取四人と若い衆は五人のようです。こんなに若い衆が少ないのは初めてで、何故次々辞めてしまうのか、何故ケガする力士が多いのか、人数の多い時を見ているだけに寂しいです。
他の部屋に何人か付け人をして貰ってますが、本当は自分の部屋だけで付け人が回れば一番いいんですけどねぇ。
稀勢の里関の活躍を祈っています。
2012.09.10 01:15 | URL | #cxq3sgh. [edit]
◆鈴木淳子◆ says..."Re: みい様"
はじめまして。ようこそいらっしゃいませ♪

8年前であればまだ私は伺ったことがない時代ですね。
今とは随分雰囲気も違ったでしょうし、変わらず活躍されているのは昨日800勝をあげた若の里関だけでしょうか。

稽古で見かけた新弟子くんは今日前相撲をとったようです。
未確認なんですが、映像で多分そうだと思う子が相撲とっているのを見ました。

鳴戸部屋にかぎらず新弟子不足は深刻ですが、まあ、子供の数自体が減っていますからねえ。。。
鳴戸は各地で入門説明会を開いたり、新しい試みもして頑張っているようですし、なんとか応援したいところです。

入門してもすべての力士が関取になれるわけではないという、ほんとうに厳しい世界ですが
番付がどこであろうと、真剣に取り組めばそれだけ得るものがあるという世界ですから、若い人達にはぜひ飛び込んで欲しいですね。
そのためにはファンも後援者も一緒に力士を育てる気持ちが大事なんだなと、最近とても感じます。
自分に力がないのがいろいろ悔しかったり。。。。

今4人の関取が活躍しているのはまさに先代の努力の結晶なんだと思います。
これからは新親方と今の関取たちがその土台の上に新しい鳴戸を作っていくんだと思います。
頑張って欲しいですね。

お相撲ネタ、たま~に頑張って書いてます。
良かったらまたお越しください。
2012.09.11 11:30 | URL | #pprjMJPo [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://junkosuzuki.blog52.fc2.com/tb.php/1033-f45bdaf1
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。