鈴木淳子✫製作日記 | 漫画家◆鈴木淳子の徒然ブログ。お仕事、趣味、日々の由無し事から憂国の思いまで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 

国宝見よう☆自分キャンペーン実施中☆

昨日もまた、ぐるっとしてきましたよ! (ぐるっとパス

ゴールデンウイークの"中休み"の平日。

月曜休みが多い美術館も、カレンダーが赤文字の月曜日は開館するところが多く、その代わり祝日の次の火曜日はお休みするところが多いのですが、昨日行ったここは連休明けまで休み無し。

しかも、、、、

前回伺った五島美術館と同じく

5月7日まで、国宝を展示している ……と。

HPでそんな情報をキャッチしてしまったもので、世間様は「大型連休」と「三日間お仕事」という二派に分かれているようですが、どちらでもない私、仕事の手をちょいと止めていそいそと出かけてまいりました。


行先は 虎ノ門。

南北線 六本木一丁目の駅から程近く。。。。

130430_1026+02_convert_20130501084137.jpg
六本木一丁目…駅ビルを出るとなんだか緑が美しい閑静なエリアでした。(ビルの中は人でいっぱいなんでしょうけど)
私の頭の中にある六本木のイメージは六本木交差点アマンドあたりだけだったのでちょっとびっくり。




ホテルオークラの正面玄関前にある 大倉集古館 です。

130430_1031+01_convert_20130501084224.jpg


ここもまた、ぐるっとパスを調べなければ知らないままだったかもしれません。

現在の展示は 「大倉コレクションの清華Ⅰ」~中世・近世の絵画~


お目当ては 国宝『随身庭騎絵巻』

130430_2006~02
↑クリックで少し大きくなります


そう、先日からなんだか「国宝?見に行っとこう!」キャンペーン中の私です。

予備知識全くなしで、とにかく国宝だから…という理由。

今までそんなこと全くなかったけど、たまにはそんな衝動もありでしょう♪


で、この随身庭騎絵巻。。。。鎌倉時代(13世紀)のもので筆者不明。

展示してある解説によると
描かれているのは天皇の護衛兵である「近衛兵」。
実在した人物の名が絵にも直接書かれています。

そしてこの近衛兵は武芸の腕も容姿も選び抜かれた人たちであると。


ほうほう。。。。


あると。。。。


ふーーーん、そうかあ、なるほど。。。。


絵にする時の描き方というのは時代によっていろいろ変遷があるわけで、
美しさの基準というのももしかしたらそうかもしれません。


この絵のモデルとなった人たちが実際にどんなお顔でどんな姿で、どんな働きをされていたのか、
頭の中でリアルに再現してみました。

非常に難しい。。。。 当時の歴史的背景や文化的な知識がないと、これはなかなかできませんね。
でも、なーんとなく、勝手な想像でちょっと楽しむ…。


そしてそのあとに、「今の漫画で表現するとどんな感じになるかな?」などと考えてみたり。。。。
これも知識が足りないので難しいのですが、勝手気ままな想像なら、超イケメンの武士に描けちゃいます。



ドラえもんがいれば確認しに行けるんだろうなあ。。。。。


いやいや、それができずとも脳みその中でイメージできるから、そんな必要はないのであります。



さて。


**

大倉集古館に行って初めて知った 「常設展示されている国宝」の存在。

一階の奥の展示ケースにあったのは 国宝 普賢菩薩騎象像

………

………

130430_2005+01_convert_20130501084646.jpg

ひゃああああああああああ!!!


好きだ――――――――――――――――!!!!



これ、、、、これはあああああ!!!!



タイプとしては、京都東寺の帝釈天様にお顔が似ております。。。。。

そう、私が昔、一目惚れをしたあの帝釈天様に!!!


像の大きさは当時の帝釈天よりかなり小さめですが、、、、いやあ、その姿の美しさは、、、。

130430_2006~01



これが、常設展示されているとは!?



仏像好きの方!

大倉集古館、行った方がいいですよ!


私は思わず、手を合わせてしまいました。。。。。美術館で。

そんな気持ちがわきあがる、仏像が、ここにありました。



いやあ、思わぬ収穫です♪



館内を一周して展示をすべて見終わった後、ミュージアムグッズのコーナーを見て、

この像の絵葉書を購入。(上の写真2点がそれ)


そしてもう一度像の前まで戻って一周じっくり眺めました。


本当に美しいです。


130430_1149+01_convert_20130501084420.jpg
二階のテラスからホテルオークラの本館をパチリ
特徴のある建物はとても良い目印になりました。



**

おかげでなんだか、大満足の大倉集古館でした。

館内はそれほど広くなく、展示品も少ないですが、大倉コレクション収蔵の品は当然まだまだあるようで。

展示替え、企画展が切り替わったら、また来たいなあと思いました。

この普賢菩薩様がいつでもいると思えば、足取りも軽くなりそうです。






***


美術鑑賞のあとは、赤坂が地元のOKさんに、ランチに連れて行っていただきました♪


130430_1257+02_convert_20130501084514.jpg
やーん、写真ぼけてるぅ…



にっぽんの洋食「津つ井」さんの

煮込みハンバーグクリーミーマスタードソース(エビフライ添え!)(写真のほかにサラダと赤だしがついてます)

奥はOKさん注文のオムカツカレー♪



お箸でいただく日本の洋食。。。。

どれも丁寧に作られたであろう優しいお味で、とてもおいしかったです。


うーん♪ ごちそうさまでした♪


OKさんのオムライスカツカレーも一口いただきました。
優しいお味のカツカレーって貴重じゃないかな?!
これ、「ここぞという時カツカレーリスト」に加えます!!



入口は、赤坂のちょっとした料亭のような雰囲気で、ランチのお手頃なメニューを知らなければ、自分だったら敷居が高かろうと勝手に判断して素通りしちゃうだろうなあ。。。って感じ。

この後は美味しい珈琲のお店にも連れて行っていただきました。

やっぱり食は地元の方の案内に限りますね♪


OKさん、本当にありがとうございました!!


**

Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 2 comments  0 trackback

-2 Comments

お頭 says..."菩薩"
こんにちわ。

大倉集古館、其処から南に下がって、泉屋博古館なんちゅうのも在ります。
美術館博物館の類、大小在りますね、大江戸。
菩薩の様なじゅんじゅんさん、菩薩に惹かれるのは、トーゼンかな???

OKさん、もうちょっと凝ったランチを勧めれば良かったのにね。
珈琲も、地下の店が(も)在ったのにね。
次は其処かな?
バッタリ遇うかな???
2013.05.01 10:30 | URL | #Ma6Rup3M [edit]
◆鈴木淳子◆ says..."お頭様 Re: 菩薩"
こんばんは。

泉屋博古館。
チェックしております。ぐるっとパス、使えますし♪
この日も梯子を考えたのですが、ちょうど休館日でございました。

本当にお江戸、博物館美術館が多いですね。
そして少し時代をさかのぼった頃の事業に成功した方たちが私財を投じて美術品を収集して、それを現在でも管理保存してくださっているわけで、ありがたいことだなあと思います。


> 菩薩の様なじゅんじゅんさん、菩薩に惹かれるのは、トーゼンかな???

うーわー!嬉しいけれどそれはちょっとあまりにも!
菩薩…何度かの生を受けて少しでも近づけるように修行はしたいと思います!!!

赤坂の珈琲店、良さそげなお店が他にもありそうなのでぜひ行ってみたいです。
OKさんともばったり遭遇しちゃいますね!
2013.05.02 00:47 | URL | #pprjMJPo [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://junkosuzuki.blog52.fc2.com/tb.php/1090-9c7086aa
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。