鈴木淳子✫製作日記 | 漫画家◆鈴木淳子の徒然ブログ。お仕事、趣味、日々の由無し事から憂国の思いまで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 

都心の緑の心地よさ♪ 根津美術館

昨日の帰りの奇跡は凄かったですが

根津美術館の美しさにも感動の一日でした。

130516_1015~01


ぐるっとパスの対象施設ではありませんが、ここの燕子花図屏風は去年見逃してることもあって、どうしても行っておきたい美術館でした。

お目当ての展示は5月19日まで。

今週はラストチャンス。


はじめて伺ったこの美術館、展示の内容ももちろん堪能いたしましたが、庭園が素晴らしい。
そしてその庭園に囲まれたつくりのカフェがこれまた素晴らしい。

展示を見て、庭園を散歩して、…
そう、展示で国宝の光琳の燕子花の屏風を鑑賞したあとに庭園で今咲いている燕子花を見ることができるのですね。


**

最近ぐるっとパスのおかげもあってたくさんの美術品を見る機会に恵ませれいるわけですが、そのなかでもなぜか日本画にひかれている今日この頃。
この光琳の燕子花図屏風は以前から見たかったのだけれど、特に期待感でいっぱいでした。

やっと見れた~~~~~~♪

もちろん、そんな私の期待は裏切られることはなく。

むしろ期待以上の感動。。。


一緒に行った友人としばらく屏風の前をうろうろしていろんなところから眺めたり、
ただただ呆然と見入っておりました。


やっと見れた~~~~~~♪

見れてよかった~~~~~~♪


**


展示物の写真はありませんが、庭園の写真をどうぞ♪

SN3S0478_convert_20130519082901.jpg
終わっている花が多かったけれど、まだつぼみも少しある感じ。
しかし色の鮮やかさはホントすごい!



130516_1159+02_convert_20130519082736.jpg
130516_1203+02_convert_20130519082803.jpg
130516_1153~01


その後カフェでちょっとしたお食事や甘味をいただき友人とおしゃべりを楽しむのは、一人美術館じゃない時の定番なわけですが、ここのカフェは建物がほぼガラス張りで、ぐるっとまわりが庭園の緑。
素晴らしい環境で、、、、まあやってることは「おしゃべり」なんですけれど、地下の薄暗い狭いところで会話をするのと、新緑の緑に囲まれて会話するのでは、気分が違うので話す中身も前向きになると言うもの♪

130516_1238~02
ミートパイ♪
美味しかったけど食べにくいわあw



美しい庭園や美術で心が洗われるって、こういうことね。。。。

さて、こちらの美術館の良いところは、ゆっくりお茶とおしゃべりを楽しんだあとに、もう一度気になった作品を見ることも出来るということ。

展示室にもう一度入って、燕子花図屏風をもう一度眺めます。

さっき庭園で「今年の燕子花」を堪能して、もう一度江戸時代に描かれた燕子花を見る。

一度目に見た時と違った印象や感想も出てきます。

面白い…!!

**

一粒で何度もおいしい美術鑑賞をして、ミュージアムショップも覗いたりして、気が付けばもう閉館時間近くです…。。。

いやあ、本当に「一日楽しめる美術館」ですね。

ここは庭園を目的に来ても良いぐらい。。。。
日本画に描かれている四季折々の花達の美しさ、日本の自然の豊かさを、根津美術館で定点観察。。。とか(笑)

あ−あ、大昔ですけど、割とここのご近所に住んでいたんだよなあ。
その時は一度も来たことがなかったなあ。
もったいないことをしたよなあ。。。。

などと昔のことを悔やんでも仕方ありませんね。

今後はフットワークを軽くして、いろいろな美しい物を楽しむためにマメに動こうと思います♪

130516_1202~01

Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://junkosuzuki.blog52.fc2.com/tb.php/1100-b9193a76
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。