鈴木淳子✫製作日記 | 漫画家◆鈴木淳子の徒然ブログ。お仕事、趣味、日々の由無し事から憂国の思いまで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 

武士のような男前写真が配られていたのでもらってきた。

これ、一昨日の国立科学博物館で、手に入れたものです♪
130530_0832~01



各種リーフレットがたくさん置かれている棚にありました。


国立科学博物館が二か月ごとに発行している情報誌「ミルシル」。

平成20年5月発行(通巻第3号)に掲載された 
山中伸弥教授のインタビューページが別刷配布されているのです。

5年前ですね。

サイエンス・インタビュー 科学のいま、そして未来
「万能細胞『iPS細胞』で 再生医療実用化が大きく前進」

というタイトル。

「ご自由にお持ちください」とありましたので一部、頂いてまいりました。

A4 4ページで実質記事は3ページ分。

帰りの電車6駅分でも充分読めてしまう量だったのですが、
山中教授がノーベル賞を受賞した時にさんざんテレビのニュースや新聞記事で説明していたにもかかわらずさっぱりわからなかった「で、iPS細胞ってなんなのさ」状態から、この冊子ですこーし抜け出すことができました。

「あ、そういうモノなのか。」
「それはすごい。」
「それは危険だから注意が必要。」

なるほど納得の3ページ。

もちろん編集さんが編集しておられるのでしょうが、教授の話し言葉で書かれている文章が、一番理解しやすいのかもしれない。。。。。少なくとも私は。。。

などと思った次第。


思わぬ拾い物のお土産となりました。

これ、複製転用は禁じられておりますので、文字起こしなどできませんが、
興味ある方は国立科学博物館へどうぞ!


と思ったら、科博のサイトにデータが特別公開されております。
http://www.kahaku.go.jp/userguide/book/milsil/index.html
上野に行けない方も、ここでどうぞ♪


**

130529_1835~03
オイラも男前かにゃ?

久々のゴエモン近影。
パソコンにはあまり近づかないでほしいんだけどなあ。。。。
好きなんだよねえ、そこ、、、、。

Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 2 comments  0 trackback

-2 Comments

お頭 says..."サムライとナデシコ"
おはようございます。
日本と言えば、サムライとナデシコ、まだまだ居ます。
iPS細胞と言えば、神の領域、これは日本人が扱うべき。
神の祭祀は日本人に任しときってんでぇー。
日本人なら善行にiPS細胞を進化させます。
2013.05.30 09:25 | URL | #Ma6Rup3M [edit]
◆鈴木淳子◆ says..."お頭様 Re: サムライとナデシコ"
そそそそそ!それですそれ!

神の領域に踏み込んでよいのか?というのは
ノーベル賞のニュースが入ってきてiPS細胞のことをちらっと耳にした時に思ったこと。
でも、山中教授なら大丈夫だわ~と思った…というか、大丈夫の人にしか神にその資格は与えられないのではないかなんて考えたりしてました。
で、日本の教育がするべきことは、その資格を得られるような「人間」を育てることなんですよね。
残念ながら、今は充分とは言い難い。これは問題。
それでも最終的には大丈夫なんだと思うけど。(話が全部これで終わっちゃうw)
2013.05.30 10:10 | URL | #pprjMJPo [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://junkosuzuki.blog52.fc2.com/tb.php/1110-2e608e68
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。