鈴木淳子✫製作日記 | 漫画家◆鈴木淳子の徒然ブログ。お仕事、趣味、日々の由無し事から憂国の思いまで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 

明治神宮御苑 菖蒲田

   御製   首夏

 窓に吹く風なつかしくおもふこそ
   夏になりぬるしるしなりけれ  
(明治37年)

130617_1016~01 (500x281)




明治神宮にある御苑の菖蒲が見頃ということで、行ってきました。

昨日は午前中、うす曇りの空で比較的過ごしやすかったので、急きょお出かけ。

130617_1053~01


もちろん参拝してから……の観賞です。

130617_1034~02 (281x500)
130617_1026~02 (281x500)


手入れの行き届いた菖蒲田

約150種 1500株。

さまざまな品種の菖蒲が咲きそろっております。


SN3S0485 (375x500)
SN3S0486 (375x500)
SN3S0487 (500x375)
SN3S0488 (375x500)

花まではちょっと距離があるので、ケータイカメラではやや厳しい。。。

ぐぐぐと手を伸ばしてプルプルしながら撮影(笑)

130617_1019~01 (281x500)
130617_1019~02 (308x500)
130617_1016~02 (281x500)

これからどんどん暑くなっていくこの時期に 水面からすらりと伸びた菖蒲は

なんだかとても涼しげ。。。。

130617_1026~01 (281x500)



ふと見るとこんな看板もあり
130617_1014~01

写生している方もおりました。

130617_1014~02

130617_1015~01 (281x500)
カメラマンはとってもたくさん……。

**************************************************

明治神宮 御苑

六月の開園時間
8:00~17:00 と少し長め♪(土・日は18:00まで)

年中無休

御苑維持協力金 500円 (明治神宮崇敬会員は無料♪)

御苑 花菖蒲のページ 開花数更新中

***************************************************





さて、花菖蒲を堪能した後は 北参道を抜けて千駄ヶ谷方面に歩いて移動。

130617_1153~01 (500x281)

聖徳記念絵画館に寄ってみました。

明治の御代の歴史絵画、80点が展示されるこの絵画館。

前回行ったときは前半しか見れなかったので、今日は後半をメインに見ることに。


日本の近現代史を巨大な歴史絵巻で目にすることができるこの絵画館。。。。

そのまま教科書に使われている絵もあり、一枚一枚のサイズも大きいので、かなり見ごたえがあるのですが、案外知られていないのはとてももったいない気がいたします。(かくいう私も去年までその存在を知りませんでした)


今、倉山満先生のネット上の動画(『じっくり学ぼう日本近現代史』CGS動画)などもあって「近現代史」を"やんわり"お勉強中。。。
学校でほとんど習い損ねている時代の我が国の歴史ですが、いや、ここ一番大事ですよねえ~。


そうだ、絵画そのものも素晴らしいですけれど、特に絵に興味がなくとも、歴史に興味のある方にはかなりおすすめスポットですね。



写真は私のお気に入りの一枚…の絵の「絵葉書」の「ケータイ写真」。。。。。
いや、もう本物の素晴らしさはけた違いですから!!

SN3S0494 (346x500)

徳川邸行幸 木村武山画

満開の桜が大迫力の一枚。ぜひ本物をご覧ください!


SN3S0495 (338x500)


初雁の御歌 鏑木清方画


サイトを覗いていただくと分かると思いますが、もっと重厚な印象の歴史の一場面を扱った絵が多いのです。

が、私の頭に印象に残るのは人物画や風景画みたいなもの……でした。



********************************

明治神宮外苑 聖徳記念絵画館

9:00~17:00 (入館は30分前まで) 

年中無休

施設維持協力金 500円

*********************************


**

130617_1056~02 (500x281)
移動中に見かけた花たち。
130617_1058~01 (500x281)
よいねよいね♪

Category : 明治神宮
Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 4 comments  0 trackback

-4 Comments

お頭 says..."手入れ"
おはようございます。
勝負服着て行きましたか??? (^_-)-☆
明治神宮の杜は人工林とは思いも付かないですね。
日本人の自然に対する畏敬の念と手入れ文化の賜物ですね。
今からでも、もっと自然を都心に作りたいなあ、無理!
2013.06.18 09:33 | URL | #Ma6Rup3M [edit]
◆鈴木淳子◆ says..."お頭様 Re: 手入れ"
おはようございます♪

うひひ。この日は「雨に降られても良い靴」と「それに合う服」という勝負服でした。

この日も菖蒲田で3人の方が田んぼに入って手入れ作業をしておりましたし、他にも木々のお世話をする方を何人も見かけました。都心で「雑木林のように森を作って維持管理する」って、大変なことですよね。
でも、おかげで豊かな空間を味わえる。。。

明治神宮は100年前の先人たちが「100年後に立派な森になっているように」と計算して設計して植林された森なのでそうです。今がちょうどその100年後。。。
現代に生きる私たちも100年後の顔も知らぬ後世の人たちのためにするべきことをしなければいけないのですよね。

都心の緑、ここ数十年で増えてるように感じます。地方の都市に比べて都内は何気に緑が多いです。意識して残そう、増やそうと保存したり公園を作るからなんだと思います。
地方はちょっと行けば山があって川があるから、街に緑を残すっていう発想なく、開発を先にしてしまっているんだと思います。

よって、無理ではない!ですよ♪
2013.06.19 07:22 | URL | #pprjMJPo [edit]
お頭 says..."あきらめない!"
おはようございまする。
はいっ!、じゅんじゅんさんの励ましに気を良くしました。

港区は都心3区と言うように?、高層ビルが乱立しています。
スカイツリーからのTV波が乱れに乱れて難視聴区です。
そして景観も威圧的に成ってきている赤坂界隈です。
少しでも在民と通勤勤労者に暮らし過ごしやすい街を目指して、
まちづくりの会を立ち上げて、微力ながらも活動しています。
新築の構想が立つと、必ず植栽をお願いしていますが、
経済効率優先で、手入れコストとか厭なんでしょうね、
非協力な建築主が圧倒的に多い。
仏作って魂入れず。
代官山では、街づくりの会が権力を得て、今活躍を始めています。
赤坂も頑張ろう、っと。
2013.06.19 08:19 | URL | #Ma6Rup3M [edit]
◆鈴木淳子◆ says..."お頭様 Re: あきらめない!"
あ!なんか励ましたことになってる~(*^。^*)嬉しいな。

最近よく足を運ぶ赤坂や六本木界隈、私の脳内イメージよりはるかに緑が豊かで驚いたのも最近の事です。
高層ビルが乱立しても、何とか工夫して緑は育てたいですよねえ。

理解のない建築主は、緑が好きなお江戸の人たちの心がわかっておりませぬな。
【江戸時代、ガーデニングが大流行りだった!】という展示テーマが江戸東京博物館の夏の展示テーマですって!

赤坂まちづくりの会さんもがんばってくださーい。
陰ながら応援しております!
2013.06.19 13:26 | URL | #pprjMJPo [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://junkosuzuki.blog52.fc2.com/tb.php/1118-3361fa84
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。