鈴木淳子✫製作日記 | 漫画家◆鈴木淳子の徒然ブログ。お仕事、趣味、日々の由無し事から憂国の思いまで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 

年の瀬の気分

昨日は天皇誕生日(天長節)。

仕事場の玄関に国旗を掲揚して、朝からお赤飯♫

131223_0149~01 (450x253)


その後身支度を整え、皇居へGO!


一般参賀に行ってまいりました。

131223_1127~02 (500x281)



いつも「荷物チェック」の行列で時間がかかるので、今回は上着のポケットにお財布やハンカチを詰め込んで、NOバッグで出かけたのでとってもスムーズ。
「ボディチェック」のみ。

131223_1033~01 (450x253)
手荷物なしの方は左側へどうぞ~


大手町駅から皇居への道のりも慣れたものです。
二回目、11時のお出ましに間に合わせたくて、すこし早足で行きました。

131223_1042~01 (400x225)


道々、みなさん(も私も)ケータイで皇居の風景を撮影しています。

「危険ですので立ち止まっての撮影はおやめください」

警備の方がメガホンで注意をすると、みな生真面目に「立ち止まることはせずにゆっくり足になるなどしてなんとか撮影」しています。

たまに堂々と立ち止まって記念撮影をしている人も見かけましたけど、まあ、顰蹙かってることに気づかないかわいそうな方々。。。。

そして天皇陛下のお祝いにやってきたのですから、わざわざいやな気分になりたくないし、スルースルー。

131223_1047~01 (450x253)


広場に到着すると
「正面右手が比較的すいております!!!」
と誘導していました。

その声を無視して正面や左にとどまる人も多数おりましたが、素直に従って右方面に移動すると

131223_1049~01 (500x281)


わーい、最前列だ!♪

ちょっと右からですけれど、皇族方がお出ましになるバルコニーがよく見えます!!!


時間もピッタリ、5分もせずに11時、お出ましの時間です。

「ばんざーーーーい、ばんざーーーーーい」

「天皇陛下ばんざーーーーーい」

「おめでとうございま―――す」

「すめらみこといやさか――――――」


131223_1101~01 (500x281)


バルコニーは遠いので細かな表情まではわかりませんが、それでも穏やかで、和やかな雰囲気が漂っています。


そして陛下のお言葉

産経msnより引用===================================

お言葉全文 「喜ばしいこと、心の痛むこと、様々なことのあった1年」
2013.12.23 20:58 [両陛下ご動静]


 きょう、80歳の誕生日を迎え、このようにして皆さんの祝意を受けることに、深く感謝します。今年もあとわずかになりました。喜ばしいこと、心の痛むこと、さまざまなことのあった1年でした。東日本大震災の復興がいまだその途上にある中で、今年は大きな台風が大島を襲い、また、少なからぬ地方が風水害の被害に苦しみました。このような中で、東日本の被災地には、厳しい冬が訪れようとしています。私どもは、これからも被災者のことを思いつつ、国民皆の幸せを願って、過ごしていくつもりです。来(きた)る年が、皆さんにとり、良い年であるよう、心から祈っています。ありがとう。

====================引用おわり

「こころのいたむこと。。。」のところで泣けてしまった私です。
そして最後のちょっと間をおいての「ありがとう」で、またじーーーーん。。。。



印象に残ったことに、皇后陛下のしぐさがありました。
私の角度からではちょうど防弾ガラスの細い柱で影になってしまう位置だったのですが、皇后陛下はご自分の右手側から少しずつ視線を移していらっしゃって、ちょうどこちら側をむいた時にすっとすこし前かがみになり、お顔が見える位置でお手ふり下さったのです!

そう、ただ視線を移しながら手を振っているのではないことがよくよくわかりました。

こちら側の一人ひとりに手を振ろうと意識していなければ、柱をじゃまに感じることなどありませんよね。

私は皇后陛下のそのしぐさに、じんわり感動を覚えました。


天皇皇后両陛下のご長寿と、皇族方のご健康を心よりお祈り申し上げます。

いやさかーーー\(^o^)/



**


ってなわけで、一般参賀は無事終了。


ここ数年天皇誕生日の自分恒例行事になっていて、あとはお正月を迎えるばかり…のこの季節、非常に区切りの良い感じがします。

うん、気持ちも新たに、お正月を迎えられる感じ。。。。。。

131223_1106~01 (225x400)


で、今年はこのまま東御苑を散歩して。。。

131223_1119~01 (450x253)

131223_1121~01 (225x400)

131223_1135~01 (253x450)


北の丸公園を抜けて

131223_1140~01 (450x253)

131223_1140~02 (450x253)

131223_1141~01 (400x225)
アルフィーだ。



靖国神社に参拝をしました。


131223_1217~01 (500x281)
写真は遊就館の零戦。
参拝者も遊就館も結構な人でした。



ほんの数年前に知った、「12月23日は東京裁判でA級戦犯とされてしまった7名が処刑された日」という事実。
なんたることか。
わざわざ将来の天皇となる皇太子の誕生日に。

ひどい。。。でもそれが連合国のアメリカの「やり方」なんですね。

忘れてはいけない。(知ったの最近だけど)忘れない。

そんなわけで、今日参拝することにも意味があるだろうと思い、足を延ばしました。

もっと歴史をちゃんと学ばないといけないな。との反省も込めて。



さて、この後は水道橋方面に用事があったので、またしても徒歩で移動したのですが

近道を行こうと勘で歩いていると、いきなり目の前に


131223_1243~01 (253x450)


「東京大神宮」が現れたのでした。

数年前から一部の女子たちの間で
「縁結びが――――」
「効くらしい―――」
「行かなきゃ――――」
って聞かされていて、何度も誘われながらも乗り気がしなくて参拝には行ってませんでした。

そういえばこの辺だったよね。。。。

こんなところにあったのか。。。。

じゃあ、せっかくだからご挨拶はしていくかねえ。。。。。

と、境内で沿革の掲示板を読んでビックリ。。。

「え???東京大神宮って、東京のお伊勢様なの?!」

なんでも明治天皇が東京の地でも伊勢に参拝ができるように創建された神社なんだとか?!

知らなかった――――――――――――――!!!!



なんと嬉しや、

年内諦めていた「お伊勢参り」が叶いましたよ!!!!



そして境内で一服

131223_1238~01 (450x253)


その後、移動の時に門松を作る職人さんに遭遇し、許可をいただいて撮影。
131223_1244~01 (253x450)

いいなー門松。


方々でクリスマスの飾りつけもいろいろ堪能。

131223_1255~01 (253x450)

131223_1248~01 (253x450)

131223_1255~02 (253x450)


年の瀬って感じの空気感を味わって
その後無事買い物を済ませ、帰宅いたしました。

そんな街中の空気を味わいながら、感じたこと……

うん、ちょっと明るくなってきてるよね。

私自身、状況は何も変わってないし、年々仕事も厳しく、将来への不安なんて考えたらおそろしく暗い気持ちになる状況は何も変わっていないけれど、それでも、一すじでも光が見えている実感が強くなっていったこの一年。

うん、日本、あげて行こう。

そんな天長節の一日。

大掃除も終わったし、あとは年賀状ですな。




131213_0951~02
大掃除の一コマ。。



Category : てくてく散歩
Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 4 comments  0 trackback

-4 Comments

るる says...""
こんにちは♪

たくさんのお写真があって、楽しく拝見しました。
素敵な天皇誕生日を過ごされたのですね。
一般参賀、地方住みなのでなかなか機会がありませんが、いつか行ってみたいと思いました。

日本人なのに、こうして日本の事を大切に思う機会や考える機会というのは、ただぼんやりと日々を過ごしていると非常に少ないということに気付かされます。
そして色々な歴史や物事を知るにつけ、年々そんな思いが強くなってきています。

せっかく日本に生まれ育ったのですもの、知らないまま終わるのはとても損だし、もったいない。
日本らしさ、もっとたくさん知って大切にして、もっと日本を好きになりたい、そんなことを日記拝見しながら思いました。


そうそう、
東京大神宮、靖国神社と近いのですよね。
私が東京に行く時はできるだけ靖国に参拝するようにしていますが、同時に東京大神宮にも立ち寄ります。お伊勢様にはなかなか行けないので。
それもあって、私は携帯電話に靖国神社と東京大神宮の根付を付けているんですよー^^。
2013.12.25 12:41 | URL | #- [edit]
再起(せき)SR400 says..."知ってはいたけれど。"
 東京大神宮。
 まさか、境内に赤福餅まであるなんて!

 それはそうと防弾ガラスで思い出したけど、新宮殿ができた時、あんな無粋なものはなかったんでしたね。
 その分、新年の一般参賀などは皇族方、寒風の中で申し訳ないという気持ちを持ったことを思い出します。

 たった一人の不届き者があんなバカなことをしなければ、確か、身体検査などもほとんどされなかった筈です。
 でも、先帝陛下も、今上陛下も、寒風の中を一時間近くも東京市民の考えたお祝いの出し物を立ったまま御覧になった即位二十年のあの日のことを思えば、ガラスがあって、良いのかもしれません。
2013.12.25 14:52 | URL | #- [edit]
◆鈴木淳子◆ says..."るるさま"
こんにちは
コメントありがとうございます。
そうですね、一般参賀は首都圏に住んでいなければなかなか行けないかもしれないですね。
私の新潟の祖父は、昭和の時代、天皇誕生日と正月、1月2日の一般参賀に必ず行っていたことを思い出しました。
新幹線ができる前は年に二回の大仕事だったと思います。
親族が集まるお正月、一日は「明日朝早いから」と早々に休み、二日の早朝に出かけてました。
新幹線が通る前は一日の夜。

子供たち、孫たちを誘うこともせず、淡々と一人で出向いていたんですよね。
そして今、親族の中で一般参賀に来ているのは私ぐらいです。
「じいちゃんと一番繋がっているのは私っ!!!!」って思います(笑)

ここ数年「日本のことを考える」機会がぐっと増えて、「もっと日本を実感したい」と思った時に、いくら本を読んだりして知識が増えても、実際に行動してみなければわからなかったり感じられないことって多いんだなと思いました。
国旗掲揚もそう。やってみて初めてわかることがあって、感じられる気持ちっていうのがありますよね。
日の丸の美しさに涙が出ます(笑)

根付、いいですね。
私も次に参拝した時には見てこよう~♪

またお越しくださいませ♡

2013.12.26 15:13 | URL | #pprjMJPo [edit]
◆鈴木淳子◆ says..."再起SR400さま Re: 知ってはいたけれど。"
こんにちは
返信遅くなりましてごめんなさい。

たった一人の不届きもの。。。。
園遊会で手紙を手渡ししたりする議員もいましたね。
今後、園遊会の警備なども厳重になって行くのかもしれませんね。

今の皇居でなく、京都の御所が低い塀だけに囲まれているという事実の凄さの話を初めて聞いた時に、すごい衝撃を受けました。
天皇の存在は、天皇だけでなく、その関係性を保てる国民側の意識がずっとあった。何百年間も。

国民側が変わってしまっては、申し訳ないです。

でも確かに、寒さを考えたら、あのガラスもあっていいですね。

2013.12.26 15:28 | URL | #pprjMJPo [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://junkosuzuki.blog52.fc2.com/tb.php/1156-daa51269
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。