鈴木淳子✫製作日記 | 漫画家◆鈴木淳子の徒然ブログ。お仕事、趣味、日々の由無し事から憂国の思いまで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 

平成二十六年初場所☆稀勢の里の綱取り場所☆

1月12日

本日、大相撲初場所 初日です。

稀勢の里 二度目の綱取り挑戦。


140112_1009~01 (337x600)


昨日、番付表を額装いたしました。

毎場所ご縁のある方に送っていただいているのですが、

部屋が鳴戸部屋から田子ノ浦部屋に変わり、稽古場も部屋も引越しなどがありバタバタしていたのでしょう、なかなか届かなくて今場所は場所前に届かないかもと思っていました。

が、昨日の朝、無事我が家の郵便受けに届いておりました。



額装。。。。といっても、先場所の物と入れ替えるだけなんですけど

折りじわのついた番付表がガラスの向こうでピシッとなると、なんだか気持ちがピシッとするのです。

私が相撲をとるわけではないのに(笑)

でもこの「自分的重要行事」を、稀勢の里のファンになって以来年に6回、毎場所毎場所、やってきました。

「稀勢の里」の名前が東に行ったり西に行ったり、大きくなったり小さくなったり。

なかなか星が上がらない時期は、ため息つくときもあったし、
「もう大関とりなんか夢の夢!」とか、
「もう応援するのつらい」とか、、、、
言いながら入れかえた日もありました。

でも、なぜか稀勢の里が綱をはった姿を見るのを諦めたことは一度もないし
稀勢の里ファンをやめることなど、はなから諦めて(笑)いました。

kissey-shiko_20140112110517c79.gif


大関 茨城 稀勢の里 寛


この大きさのこの文字は、今場所限りになるであろうことを期待して

大関稀勢の里の相撲を、15日間楽しみに観戦します。



**

金曜日のNHKの夜のニュースで、稀勢の里のインタビューがありました。

140112_1051~01 (400x240)


その時の様子を見て、なんというか、安心とはちがうけど、「大丈夫」と思いました。

自然体って、言うのはカンタンなんだけど、なかなかあの雰囲気にはなれないですよね。

先日、正月早々稽古を見に行った時は「すり足」を見ただけでしたが、その時も「大丈夫」と思って帰ってきたわけで、その「大丈夫」の裏づけになるインタビューでした。

大丈夫大丈夫

↑あれ?お相撲さんが並んでるように見えてきた。

**


しかし、、、

そんな大切な場所なのに、いまだチケットの手配もせずにいるワタクシ。。。。

平日ふらっと行っても入れない日も出てきそうな予感もするのですが、まあ、それはそれで。


**

しかも今朝、相撲協会の配信映像を見ようと思ってアクセスしたら、あれあれ、いつのまにか有料課金制になってました。

そのかわり生配信以外に時間差で見ることもできるようですし、まあ、これはこれでよいサービスですね。

でも、私はむしろ、15日間の日常生活がストップする毎日から逃れるチャンスなので、しばらくは協会配信は我慢することにします。


そんなわけで、やけに落ち着いた気分の初場所の朝。


楽しみな二週間の始まりです。



kissey-shiko_20140112110517c79.gif

Category : 相撲の話
Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 1 comments  0 trackback

-1 Comments

◆鈴木淳子◆ says..."いつもと同じように場所が淡々と始まった"
ええええええ。

いや、まあ、いつもと同じような場所が、いつもと同じように始まったわけで。

最後に、先場所より少しだけ良い結果を出せればいいわけで。


今日は北の富士さんのネガティブパワーに負けました。
しうへいの解説には気をつけてたけど、ちょっと油断してました。
しかも北の富士さんが言うこと、すべて正しいわけじゃないし、当たってるわけでもないと思うんだよね。

ま、いいよ。

じゅんじゅんの心が荒ぶる18時前。

北の富士さんたちが称える横綱白鵬の平常心は好きじゃないけど
でも自分の平常心は探さないとね。


大丈夫大丈夫
2014.01.12 18:48 | URL | #pprjMJPo [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://junkosuzuki.blog52.fc2.com/tb.php/1162-83ccdf58
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。