鈴木淳子✫製作日記 | 漫画家◆鈴木淳子の徒然ブログ。お仕事、趣味、日々の由無し事から憂国の思いまで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 

大関稀勢の里☆初優勝おめでとうございます

大関 稀勢の里関
はじめての幕内最高優勝 おめでとうございます!!

待って待って待ちくたびれてもなお待ち続け ようやく賜杯を抱く姿を見ることができました。。。。

全国の稀勢の里ファンの皆様、本当におめでとうございます。

決まるとは思わず油断していた、まさかの十四日目の優勝決定。
なかなか実感がわかずに、昨日の千秋楽もぼんやり朝を迎えました。

参加するかも昼過ぎまで悩みましたが、やっぱり一度きりの《初》優勝ですから、直接お祝いの言葉をかけたいと思って
何年振りかで参加してきました。

16265492_1216671025121108_331823414555786800_n.jpg
入口わからずに若干迷子。。。
その間に結びの一番終わってました(笑)


16196067_1216670968454447_4210184865036170273_n.jpg
歩きやすいと友達に紹介してもらって買っておいたおにゅーの草履。
おろすにふさわしい立食パーティーでござるよ♫!



16194944_1216671001787777_6356308837363998960_n.jpg
主役のきっせーは、今日のパーティー滞在は10分もないのです。

それでも、詰めかけた皆さん、思い思いに祝賀の会を楽しんでおられました。

16143010_1217143158407228_7677062265767264803_n.jpg
昨日私が写した唯一のきっせーショット。
いいんです、私はこの目で、きっせーを脳裏に焼き付けるのだ!!!


目の前を通った時に、ちゃんとおめでとうを言えましたし(叫んだだけともいう)
黄金の左腕ポンポンしちゃいましたから(今年は春から縁起が良すぎる)

16174859_1217142931740584_5878093657656076165_n.jpg
もう一人のヒーロー敢闘賞受賞の高安関。
自分も優勝したいとはっきり宣言。
素晴らしい!!



パーティーの会場、数人のぞけば初めてお会いした方ばかり。
でも、皆稀勢の里の優勝を祝い、田子ノ浦部屋の力士の活躍を応援する人だらけ。
自然と、隣り合った方や同じテーブルの人と会話が弾むというものです。

「よかったね」「よかったよかった」
「おめでとう」「おめでとうございます」
「よかったよねーーーーー」

ああ、しあわせ。


**
さて、主役の滞在が10分にも満たないということもあり
過去、パーティーでこんなにおなか一杯になったことはないというぐらい、お料理いただいてきました。
16174739_1217142965073914_1818040483122769622_n.jpg
会場がホテルでも、ちゃんこは出ます♪(実は大なべの最後の一杯をゲット)

16143280_1217143001740577_8735779350590313096_n.jpg
数日前に「食べたい」とつぶやいた国技館焼き鳥。数日で願いがかなう。

16266264_1217143025073908_5097078673486522014_n.jpg
右のつくねも国技館焼き鳥です♪

※これ全部私が食べたわけではありませんよ(笑)

**
そんなわけで、心もお腹も満たされつくした帰り道、
電車の中のドアの上に出たニュース映像に
「稀勢の里初優勝」が。。。。。

ああ、本当に優勝したんだなあ


やっとここで、ちょっと実感がわいてきました(遅い)。

実はブログを書くにも、なんだか心の整理がついてない感じがずっと続いてて
きっせーの優勝という現実だけが目の前を通り過ぎて行くのを、必死に心に焼き付けている感じがしてます。

**

でも、どうやら横綱昇進のようですね。

二回に分けて楽しみたかったけれど、もう、機は熟しておりましたから。
今の稀勢の里の品格力量抜群なのは、もう誰にも文句つけられないでしょう?

優勝の余韻に浸り損ねている気もしますが、初優勝は次に続ける勝利でしかないのかもしれません。

きっせーも、サンデースポーツで言ってました。

「いいことも悪いことも、今日は今日で終わり。いつまでも引きずらない。」
(意訳)

すごく大事なことですね。

今の自分に過去は関係ない。
未来は過去の延長ではなくて、今の自分の行動が未来を創るんだ。

心に刻もうと思います。

今日も感謝とともに♪

**

16142309_1217143085073902_2777083984575457266_n.jpg
国技館前の幟に、歌舞伎の演目に登場する力士や江戸時代に活躍した力士などの四股名をかいた創作ページ。
原色を色とりどりに、一番自由に塗れるページかも🎵


『歌舞伎絵巻ぬりえbook』
A Coloring Book of KABUKI picture scrolls

著 鈴木淳子  

監修 市川染五郎


ディスカヴァー・トゥエンティワン

好評発売中です!




Category : 相撲の話
Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 2 comments  0 trackback

-2 Comments

三っ太刀 says...""
 よかったぁ~~っ!稀勢の里のことでブログが更新されて。
 やっぱりね、相撲のことが書いてなきゃ、じゅん×じゅんさんのブログじゃないみたいで。

 稀勢の里関のインタビューの返答も良かったですね。
 新聞記事(産経だったかな?)も、先代の親方の方針をちゃんと受けとめて精進してきたことを褒めてましたね。
 白鵬が「正面からぶつかって、後は運命だと思っていた」みたいなことを言っていたことも、やっと横綱らしいことを言ったな、と、ちょっと嬉しかったですよ。
 隠岐の海にも奮起してほしいんだけど・・・・。
2017.01.23 17:15 | URL | #- [edit]
◆鈴木淳子◆ says..."Re: 三つ太刀様"
>  よかったぁ~~っ!稀勢の里のことでブログが更新されて。
>  やっぱりね、相撲のことが書いてなきゃ、じゅん×じゅんさんのブログじゃないみたいで。

えええ、よかったのはそこですか?!(笑)

相撲ファンを引退してから相撲に関してブログで語るのやめてしまいました。
でも、稀勢の里のファンはやめてませんでしたし、やめられるはずもなく。
なんたってほら、わたくしの心の師ですから♡

やっぱり稀勢の里の生き様がたくさんの事を教えてくれます。

今回優勝という結果を私たちに見せてくれたことで
「自分を信じて四股を踏み続ける」という
言葉にすると単純なこの事が、やっぱり大切なんだって
安心してマネっこすることができます。
それが難しいことでも、きっと一番確実なんではないだろうか。と思うのでした。


三つ太刀さんと某所で語りあっていた頃、きっせーもやっぱり同じ世界にいたんだろうなと
そんな風にも思います。

明後日、第72代横綱稀勢の里が誕生します。
どんな横綱の姿を見せてくれるか
どんな横綱相撲を取ってくれるか
楽しみです。
こんなに伸びしろ残しての横綱昇進も、なかなかないんではないでしょうか(笑)

2017.01.23 22:52 | URL | #pprjMJPo [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://junkosuzuki.blog52.fc2.com/tb.php/1297-fba28677
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。