鈴木淳子✫製作日記 | 漫画家◆鈴木淳子の徒然ブログ。お仕事、趣味、日々の由無し事から憂国の思いまで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 

八月納涼歌舞伎(2部)

納涼歌舞伎
昨日、歌舞伎座へ行ってまいりました!!
八月納涼歌舞伎 第2部

歌舞伎座初日
初日です!!!

お昼から若干涼しくなりました。
まさに納涼?


二部の演目は

『つばくろは帰る』
『大江山酒てん童子』

の二本です。

酒てん童子

「つばくろは帰る」は
二幕の人情もの

(決してスワローズのペンギンみたいな燕のお話ではありません)

三津五郎さんの大工の親方と
小吉くんの母を探す安之助
そして京の祇園芸こさんで小吉の母が福助さん

なかなか、泣かせてくれます。
わかりやすくていい話でした~。

わたくし的な大ヒット
江戸っ子大工の三次郎(勘クン)!!!
もう、かわいいったらありゃしません♪
シッチーの舞妓みつにほの字の感じと江戸っ子の粋でイナセな若者の様子が
いとおしくってーーーー(笑)
あまり出番はないのだけれど
この勘君見たさに幕見しようか考えちゃうほど!


しかししかし
その思いをはるかに上回るのが
「大江山酒てん童子」

先代の勘三郎さんのために書かれた舞踊劇

それを今回は串田和美さんが舞台美術を担当!!!!

もう、それだけでわくわくですよ。


で、まくがあがって、、、、、。
「うわあ、かっこいい」

たぶん本来は松羽目物と思われるこの演目

歌舞伎座では新鮮に感じるモノクロの背景と
最後の最後は鮮やかな赤!!

効果的で美しい舞台でした!

長唄も迫力あってよかったし

酒てん童子の勘パパが出てきたときは
どこの子供がでてきたかと思いましたし!
踊り始めたらその軽快さと迫力は見ているこちらをそれはそれは心地よくしてくれる!

そしてここでもやはりわたくしの目を釘付けにしたのは
勘君の姿でした。。。。。
四天王のひとり 赤面の坂田公時

そんなに目立つお役というわけではないのに
どうしても目で追ってしまう。。。。
(きょうは三階席だったのでそれでも全体を見通せましたが。。。)

そんなこんなで
幕が降りた直後の感想は
「なんか、すごく、良かったーーーーーー」
「も、もう一回見たい!」

でしたよ!!!!

全体も味わいたいし
勘君ももっと見たいし
舞台美術も音楽ももっと細かくちゃんと見たい!

そんなひと幕でございました!

ああ、よかったーーーーーーーー!!!!!!!


数日後は3部、見に行きます。

ふふふふふ。。。。。なんと、桟敷デビューでっせ!

Category : 歌舞伎の話
Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://junkosuzuki.blog52.fc2.com/tb.php/200-acab9343
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。