FC2ブログ

鈴木淳子✫製作日記 | 漫画家◆鈴木淳子の徒然ブログ。お仕事、趣味、日々の由無し事から憂国の思いまで

☆☆平成中村座十月大歌舞伎☆☆(その四)通し狂言について

さて、先日の観劇レポのCプロの補足です。


Cプロは
大序、二段目、三段目
八段目、九段目
が上演されたのは先日のレポでもお伝えしましたが


二段目はこの日、一緒に行った歌舞伎観劇歴10年以上のつわものの友達が
初めて観るという場面だったのです!

それもそのはず、
筋書きによると
「原作どおりに上演するのは34年ぶり」とのこと!!!!

それは貴重ですよね!


このCプログラムは
忠臣蔵の大筋の(起承転結の)起承部分とともに
仇討する側、される側以外の別の視点からの
大きな人間ドラマ「山科閑居」がメインの構成になっております。

その「山科閑居」は
先日のレポでも書いたとおり
加古川本蔵とその妻と娘、大星の一家の人間ドラマです。

なので仮に忠臣蔵をまったく知らなくても
これだけでも十分成り立っているお話なのですね。
(だからこそ単独で上演されるわけです)

なので仮に通しであっても
二段目は時間の都合か、なかなか上演されないわけです。

ですが!!!!!!ですが!!!!!!

この二段目、あるとないでは本当にえらい違いですわ!!!!!

分かりやすさが10倍ぐらい変わってきます!!!!!!


わたくし、以前通しでこの忠臣蔵見てます。歌舞伎座で。
「山科閑居」も単独で見てます。歌舞伎座で。
でも、はっきり言って、全然理解できておりませんでしたよおおお、、、とほほ。

わたくしも歌舞伎を見始めてやっと5年ぐらい。
それでも、まったく歌舞伎初心者の友達からは「歌舞伎に詳しい」と言われるぐらいになりました。

が!が!

詳しいなどとんでもないですね。
有名な演目『仮名手本忠臣蔵』
全く分かっておりませんでしたーーーーー!!!!

今回、この二段目を見て
初めて忠臣蔵の全貌を(たぶん大雑把になんでしょうが)つかんだ!!!!
と思えました!!!!

前出の友達も
「あああ、なるほど!」と10年目にして初めてわかることがあったそうです。。。。


もちろん、
理解が深まればよりそれぞれの人間ドラマがよりわかるわけで
感情移入も何倍もできるし
納得もいくし
なんたって面白いですよ!!!!!


今回通しで見ることができて
二段目のおかげでより理解ができて

きっとこの後「山科閑居」を単独で見ても
「お軽勘平」だけを見ても
「一力茶屋」だけでも

もっと味わい、楽しめること請け合い!です!


そんなわけで

有名な演目が通しで上演されるときは
歌舞伎初心者のお友達
もっと誘おうと思います。

わたくし自身も
もっと通しが見たいです!!

で!

これからもこの二段目
忠臣蔵のときはもう少し上演してください!松竹さん!

よろしくお願いいたします!


(とはいえ、今回時間(とお財布)の都合上Aプログラムの予定はなし。
行きたいですがあああああああああ)
浅草の夜景
追記。。。
浅草寺境内の夜の様子です。
ライトアップがされていてとっても美しいです。
お昼は江戸時代のような風情で(その時代には行ったことないけど)
土産物屋もにぎわっています。

歌舞伎を見る日はなかなか街を楽しむ時間がなかったから
時間を見つけて浅草観光したいな。

天丼とか
すき焼きとか
だれか食べに連れてってくれないかなあ。

Category : 歌舞伎の話
Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://junkosuzuki.blog52.fc2.com/tb.php/211-9af9748e
該当の記事は見つかりませんでした。