鈴木淳子✫製作日記 | 漫画家◆鈴木淳子の徒然ブログ。お仕事、趣味、日々の由無し事から憂国の思いまで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 

仕事道具の断捨離(つづき)

先日、何やらのジャマーが入り中断した 仕事道具の断捨離の話です。

お仕事再開宣言のあと

とりかかった 本棚と トーン棚のお片づけ。


『トーン棚』

トーンの棚


説明しよう! トーン棚とは

漫画製作に欠かせない 『スクリーントーン』 を保存しておく棚のことである!
スクリーントーンとは いろいろな模様が印刷され、薄く糊のついたフィルム状のもので
線を書いた原稿用紙に乗せ、デザインカッターでそのフィルムを切り抜き
糊で密着させて 影をつけたり模様を配置する 便利で欠かせない道具である。
ほとんどのトーンがB4サイズで 収納にはB4用の棚が必要なのである。
20年前より柄も種類もかなり豊富になり 私などは在庫管理に頭が痛い。


これ、ちゃんと収まり 布で覆われているときはいいのですが

引き出してみるとかなりの量です。

トーン棚2

2年以上前の自分シュラバを終えて 引き出しに突っ込んだままの棚…

今回は一段ずつ、一枚ずつ 総チェック!

出てくる出てくる!!!

半端トーン処分

切れっぱし?みたいなトーンが!(というかほぼ台紙のみだし!)

こんなのもう使えないよ?

というか、使いたくないよ!せこトーン!!


ってなわけで、半端トーンは処分。何の躊躇もなく。

残ったのは新品トーン と 3分の2以上手の付いていない ちゃんと使えるトーン のみ。


いやね、驚いたのはこの 新品トーンの豊富なこと!

以前は原稿に入る前に『シュラバ中にトーンがなくなるとやっかいだから』と
多めに手に入れてからシュラバに入ったものです。

……

……いや、ありすぎだから!!

しばらくは 在庫の心配などせずに 原稿始めて大丈夫だよ!!!

(なにかから目が覚めた気分)




さて お次は 『本棚』

説明しよう! 本棚とは!
本を収納する棚のことである!
扉つきのものは部屋の美観を損ねない 素敵なインテリアであるが
我が家の本棚には扉がないので 半年前に カーテンを取り付けてお茶を濁した!
私の周りの「漫画読み」の友人などは 家中がこの本棚だという人もいる。
「漫画描き」の友人のうちにも比較的本棚は多い。
そんな中では我が家は奇跡的な本の少なさである。



そういえば、去年お友達のおうちに遊びに行って 『本棚がない』と驚愕した記憶があります。

そのお友達は断捨離実践中ですが、断捨離前から 『うちには本棚という家具はない』ということでした。

目から鱗……。

そしてなんだかうらやましくなりました……。

本棚がなければ それはそれは すっきり暮らせそうだ……。


とはいえ、お仕事にある程度の本は必要ですし

もともと少ないけれど、愛読書は手元に置いておきたい人間なので 本棚は必需品。


なので今回は 中身をできる限りすっきりさせようと 総点検しました!


半年前のだんしゃりもどきでも 片づけたので それほどの量は出ませんでしたが

コーナー一角、その種のもの全部処分したものがいくつか出ました。


驚くなかれ……

これは資料だった

『月刊相撲』 『大相撲』 雅山が少年Aみたいになってる(笑)


わたくし、大の大相撲ファン。そのわたくしがこれを処分するとは?!

「じゅんじゅん、いったいなにがあったの?!」 という声も聞こえてきそうですが……

実はこれ、2006年から08年あたりのもの。

『どすこい!Maji恋☆どんと来い!!』を連載していた時の資料に買っていたものなんですね。

その後 この種の雑誌は読んではいますが 買って手元に置いておくということはしていないのです。


もともとわたくし 好きな世界のものでも

ビデオをとってもそれきりで見ていなかったり 本を買っても一度じっくり読んでそれきりだったり…

つくづく『ライブ好き』なんですね。 


なので「お仕事の資料で本当に必要なもの」しか残っていかない。

この相撲雑誌もしかり。

でも、連載はとうに終了しているわけなので もう処分していいでしょう。

むしろ わたくしの相撲好きに乗じて 2年も生き残っていたわ(笑)


ちなみに、キッセー以下、好きな力士の記事などは頭に入っているので大丈夫。(何が大丈夫なんだか)



さて、最後になりますが……

もう一つまるっと処分した一角は

見せられない資料処分

トーンカタログで前後を挟んで ゴミ捨て場に持って行った

『写真でも見せられない資料』数冊。。。。。。

えっち系シーン満載漫画のお仕事を始めるときに 編集部から送られてきた 

えろ雑誌数冊。なんと女子用。

はじめて手にしたとき、「こんな本が世の中にあるとは!」と驚き
「どこで売ってるの?見たことないぞ?」と突っ込みを入れ……

「またこのテの資料が必要になるお仕事をすることになったら 再び手に入れるのが面倒だなあ…」という理由で
背表紙を向こうに 本棚の隅っこに こっそり置かれてはや6年(笑)

いや、もういいでしょう。

この先、これ系のお仕事しないでしょ。

もしすることになったら、また編集さんに頼んで 資料送ってもらえばいいし。


てなわけで!!! えろ系雑誌数冊 無事 断捨離。


マンションの管理人さんに見つかる前に 回収されますように(笑)

Category : 断捨離
Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://junkosuzuki.blog52.fc2.com/tb.php/642-8b092772
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。