鈴木淳子✫製作日記 | 漫画家◆鈴木淳子の徒然ブログ。お仕事、趣味、日々の由無し事から憂国の思いまで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 

靖国参拝(奉納大相撲)

昨日は靖国神社に参拝してきました。

奉納大相撲の日。

桜はすでに散り始めて 境内は桜色のじゅうたんでした。
靖国1



毎年 参拝後は お相撲さんを追いかけて右往左往。

けれど今年は 参拝後ちょっと相撲場をのぞいた後は

「遊就館」に行ってきました。


毎年気になっていたのだけれど 
相撲を見た後はなかなかそんな気分にもなれず、時間も足りないのはわかっていたので
スルーしておりました。

なので今年はメインが「遊就館」。


このブログに訪問してくださった皆さんは 遊就館をご存知でしょうか。

靖国神社に茶室や相撲場があることは知らなくても「遊就館」は知っている
という方はいらっしゃるかな?

靖国神社に祀られている「日本という国を守るために戦ってなくなった英霊」の遺品や遺書をはじめとする
英霊のご事蹟を今に伝える資料を展示している資料館です。

拝観料 大人800円 大学生500円 中高生300円 小学生100円


遊就館
零戦のある玄関ホールは入場料なしで入れまーす♪


有名なところでは大東亜戦争で特攻隊員として出撃された方のご家族あての手紙や遺品。

大東亜戦争以前、支那事変、日露、日清にさかのぼり、戊辰戦争、西南戦争、幕末まで…
近代日本が今を迎えるまでの戦いの歴史の資料。

戊辰戦争の官軍の象徴の「錦の御旗」も。

源義家所用の鎧かぶとの復元品もありました。


私たち日本民族が日本という国を守るためにどう戦ってきたかが とてもよくわかる資料館でした。

今の私たちが平和に暮らしていられるありがたい現代が
誰のおかげでこうあるのかも 身にしみた…。

覚悟はしていきましたが、
愛する人たちのために戦ってその命を散らしていった偉大な先人たちの思いに触れて
切なさでいっぱいになりました。

そして同時に 
私たち日本人は こんな偉大な先人たちに守られているんだ、愛されているんだと
とてつもない安心感も感じました。

これはちょっと自分でもびっくりの感覚。。。。


今年、このタイミングで靖国にお参りしてよかったです。

そして、靖国が日本の基本の神社であることも 遊就館に行くととてもよくわかる。


日本人なら、伊勢神宮も出雲大社もお諏訪さまもよいけれど

靖国参拝は大事なお勤めですね。

本当にそう感じます。


桜の季節は過ぎてしまいましたが 皆様にもお勧めしたいです。


ところで!!

今遊就館ではこんな特別展をやっています。

靖国4

「神風 そのふきゆくかなたへ 蒙古襲来と国難に立ち向かった護国の戦士たち」

13世紀 元寇という日本が初めて迎えた国難に 大和民族がいかに戦ったか…というものですが

……

「蒙古襲来?何!?相撲界の話か?!」

なんて思ってしまった……涙。


相撲界に 神風は吹かないものか……

いやいや、神風は「神頼み」だけしていても吹くものじゃありません。

やるべきことを さぼらず ただただやり続け そのうえで 思いを昇華させていく。 

それで初めて神風が吹くのです。


わたしはあきらめませんよ。



………
さて、話がそれてしまいましたが

最後に ……




昭和天皇御製   平和条約発効の日を迎へて(昭和二十七年)

風さゆるみ冬はすぎてまちにまちし
八重桜咲くはるとなりけり


靖国3靖国2

Category : 神社仏閣
Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://junkosuzuki.blog52.fc2.com/tb.php/685-d4d2bba2
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。