鈴木淳子✫製作日記 | 漫画家◆鈴木淳子の徒然ブログ。お仕事、趣味、日々の由無し事から憂国の思いまで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 

『教育勅語』の小冊子☆明治神宮

先日、明治神宮に行ったときに 

『教育勅語』 (平成二十二年 渙発百二十年)

という蛇腹式の小冊子を頂いてきました。


ちょうど、ちゃんと読んでみたいなあ、本を探そうかなあと思っていたところ、
明治神宮の お守りなどがあるところに「ご自由にお持ちください」とあったので 頂戴してきました♪

なるほど、きちんと読んだことなかったけれど、これは大変なものだ。。。。と思いました。

私の感覚では なんとなく、書いてあることは 「小学校の時の道徳の教科書のようなこと」。

そういえば 道徳の授業って、今 ないんですって?

それは大問題ですね。。。。


小学校の道徳の授業も 教科書読みながら 
『こんな当たり前のこと、わざわざ学校で教わらへんかって、わかってるわ』 
と生意気少女じゅんじゅんは大阪弁でモノローグしてました。

でも、今思うとそうでもない。

確かに私個人は、道徳観って 親や親せきに当たり前に教育されていたことでしたが
「きちんと学校で 正しいこととして教わる」のは 全ての子供の権利だったんですね。 
そしてそれはとても大切なこと。


この教育勅語。。。。

戦前は 子供の時から 当たり前にこれを、学校で教わっていたと、、、
知ったときに少々ショックを受けました。

そう、戦後教育は、これを教わるチャンスを失っていたんだなと。。。。。


これ、子供のころから知っていたら、私の半生、もう少し違ったかも。

もうちょっと楽だったかも。。。。なんて思ったりします。

なぜそう思うかは、また、おいおい。。。笑笑


今日は その教育勅語を まるっと、掲載します。

そんなに長くないんですね。 
声に出して読んだら、なかなか心地よい文章だと思います。


『教育勅語』

ちんおもふに    わが   こうそこうそう    くにを はじむること

朕惟ふに 我が皇祖皇宗 国を肇むること 
こうえんに   とく を たつること     しんこうなり
宏遠に 徳を樹つること深厚なり
わがしんみん    よくちゅうに  よくこうに     おくちょうこころをいつにして
我が臣民 克く忠に克く孝に 億兆心を一にして
よ よ そのびを     なせるは      これ   わが  こくたいの  せいかにして
世世厥の美を済せるは 此れ我が国体の精華にして
きょういくのえんげん また じつに ここに そんす
教育の淵源また実に此に存す
なんじしんみんふぼに   こうに  けいていに ゆうに
爾臣民 父母に孝に兄弟に友に
ふうふ あいわし    ほうゆう あいしんじ  きょうけんおのれをじし
夫婦相和し 朋友相信じ 恭倹己れを持し
はくあいしゅうにおよぼし   がくをおさめ  ぎょうをならひ
博愛衆に及ぼし学を修め業を習ひ
もって ちのうを   けいはつし とっきを  じょうじゅし
以て知能を啓発し徳器を成就し
すすんで  こうえきをひろめ  せいむをひらき
進んで公益を広め世務を開き
つねにこくけんをおもんじ  こくほうにしたがひ
常に国憲を重じ国法に遵ひ
いったんかんきゅうあれば  ぎゆう こうに ほうじ
一旦緩急あれば義勇公に奉じ
もっててんじょうむきゅうの  こううんを ふよくすべし
以て天壌無窮の皇運を扶翼すべし
かくの ごときは    ひとり ちんが ちゅうりょうの しんみんたるのみならず
是の如きは 独り朕が忠良の臣民たるのみならず
またもって なんじそせんの いふうを  けんしょうするに  たらん
叉以て爾祖先の遺風を顕彰するに足らん
このみちは     じつに わが   こうそこうそうの    いくんにして
斯の道は 実に我が皇祖皇宗の遺訓にして
ししそんみんの    ともにじゅんしゅすべきところ
子孫臣民の倶に遵守すべき所
これを ここんに  つうじて  あやまらず  これを ちゅうがいに ほどこして もとらず
之を古今に通じて謬らず 之を中外に施して悖らず
ちんなんじしんみんとともに  けんけんふくようして
朕爾臣民と倶に 拳拳服膺して
みなそのとくを   いつにせんことを     こいねがふ
咸其徳を 一にせんことを庶幾ふ

明治二十三年十月三十日
  御名 御璽





入力するのはちょっと大変でした。漢字がうまく変換されない~~~~という字が結構ある。

力士の四股名や歌舞伎役者、歌舞伎の演目の変換もそうなんだけれど

変換ソフトは 日本人には使いにくいものじゃ。。。。


戴いた小冊子には 意訳(口語文)も載っています。

これはちょっと長くなるから、また今度(笑)

でも、このままでも、なんとなーーーく、何が書いてあるかは伝わってきますよね。


********************************************


教育勅語が出された時代の話を聞くにつけ、今も、とっても必要なのでは。。。。?

Category : 明治神宮
Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://junkosuzuki.blog52.fc2.com/tb.php/808-3dff3e02
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。