鈴木淳子✫製作日記 | 漫画家◆鈴木淳子の徒然ブログ。お仕事、趣味、日々の由無し事から憂国の思いまで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 

知ってる?『やまと新聞』

みなさんは【やまと新聞】を御存じですか?

やまと新聞 HP

私は全く知りませんでした。。。。

春に某所で、あの「サザエさん」を連載していた、歴史ある新聞だということを知りました。

そこで私、かなりびっくり。。。。。。。。

「戦後、GHQにより書物の焚書?!」
「国会内のみの新聞社が存在していた?!」
「国会の外に向かっての活動を許されたのが。。。何と、去年?!」


ちょっとちょっと、これ、現在の日本での話ですよね・・・・?

なんだか、タイムワープして戦前、いや、おとぎ話の世界のような話ではありませんか。。。。?


本当に、世の中知らないことが多すぎる。。。。。。

そして、ちょっと知ると、興味あふれることも多すぎる。。。。。



以下、『やまと新聞』 HPより 

*********************************

やまと新聞って?  明治19年創刊?

やまと新聞社といってもあまり聞いたことがないと思います。
それも当然です。この機会にぜひ"やまと新聞社"を知っていただけると嬉しく思います。
やまと新聞社は保守系新聞社として明治19年創刊、一時は発行部数第一位となり皆さんご存知のサザエさんを連載していました。
しかし敗戦時にGHQは日本の歴史と精神を抹殺するために多くの書物に焚書を命じました(焚書とは書物を焼き払うなどして人々の目に触れないようにすることです)
当時日刊で「帝都日日新聞」という名称だった"やまと新聞"は皇室を敬い、美しい日本の伝統と歴史を伝えていくことを使命として報道していましたので、その焚書により活動を停止せざるを得ませんでした。
しかし保守報道の火を絶やすわけにはいかないと、数名の社員が活動範囲を国会内のみとして会社の経営は度外視で(無理ですね)細々と活動をしていました。
皆さんが知らないのも当然のことなのです。
その間マスコミはGHQの思うままに誘導されどんどん左傾化してしまいました。
そんな状況の中、やまと新聞もようやく昨年(平成21年)、活動を国会外に向かっても行うことが許され、このHPの開設や外部への取材、新聞の配布などを始めました。
スタッフも一新され若いスタッフで運営しています。
少ない人数ですが正しい歴史、すばらしい日本を報道し伝えていくことを目的に国会内にある唯一の保守系新聞として誇りを持ってやっていこうとう者ばかりが集まっています。
皆様よろしくお願いいたします。
(やまと新聞へ記事を投稿してみたい方どんどんご連絡ください。ちなみに年間購読は5500円です!よろしくお願いいたします)

***************************

私は以前 口蹄疫問題を大々的に取り上げた号外を 某所でいただき、読みました。

テレビや大手新聞社では取り上げていないことも多く、ネットで情報を集めていたとはいえ、
いろいろな事実に衝撃を受けたものです。

今、やまと新聞は少人数で運営されているようです。

毎日届く大手新聞社の朝刊のようなものではありませんが、
全く違った視点から切り込んだ記事も多いHPの記事も一見の価値ありです。


↓興味のある方、会員申し込みはこちら♪



Posted by ◆鈴木淳子◆ on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://junkosuzuki.blog52.fc2.com/tb.php/812-e82c1f01
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。